TOP > IT・テクノロジー > ITmedia > SIerからユー...

SIerからユーザー企業へ いよいよ始まった“IT人材の大移動”はDX推進の起爆剤となるか? (1/2) - ITmedia エンタープライズ

41コメント 登録日時:2019-03-13 09:23 | ITmediaキャッシュ

日本のITベンダーがリストラを余儀なくされている一方で、ユーザー企業がIT人材を抱え込むようになり、人材争奪戦が過熱しはじめたようです。この流れで、“2025年の崖”が迫りくる日本企業のDXは進展するのでしょうか? (1/2)...

Twitterのコメント(41)

やっと来ましたね。波が。
正直人材移動が始まってもDXなんて、進まないでしょ。今リストラにあってるのは、DXを推進できるような人たちではなく、行き詰まったSE上がりのおじさんたちだし、エンジニア評価においてはSIerの方がまだ柔軟な賃金体 /  いよいよ始まった“IT人材…”
やっと日本のIT業界も変わりだしたか。遅いけど。
ブログにも少し書きましたが、SIerは受託開発を、自転車操業で繰り返さないと採算が取れやいので、常に全力疾走してます。

サービスを運営してストックビジネスしている企業は、何もしなくても当面のお金は確保できるため企業に余力があります。
だからSIerは終わるとかそういう話じゃなく、これが事実であるという事 $
>そもそも日本では、IT人材の75%がSIerなどのITベンダーに所属しており、「ITベンダーがユーザー企業のシステム構築や運用を請け負う」という構図になっています。
「日本社会のIT化を支えてきた「SIerがユーザー企業の面倒を見る」という体制が変わりつつある」→なるほど。。
セキュリティ業界でも、最近セキュリティベンダからユーザに転職する人が多いですしね…
日本はITエンジニアの賃金が低いと言われているので、この流れで給料見直して欲しい。
"日本のITベンダーがリストラを余儀なくされている一方で、ユーザー企業がIT人材を抱え込むようになり、人材争奪戦が過熱しはじめたようです"
基盤の魅力もわからん奴はITのセンス無いよ(笑)
こんな景気のいい予想が当たると良いなぁ。
5年後が楽しみや
個人的な見解だけど、AWS,GCP,Azureが出てきたおかげでITコンサル×ユーザ企業のビジネス形態に大きく変わると思ってる
普通にユーザ系の方が労働環境いいからね:
自分たちの業務をわかってくれる
エンジニア
わかった上でシステムを作れば
業務にあったものが当然できる、
当然効率が上がるように作っている。
ユーザー企業が自分でエンジニアを抱えるそのほうが自分の企業にあったものは作りやすい
前提として大規模SIerからリストラされているのはIT人材ではないし、基幹系は恐らくCOBOLの話で一般化するのはどうかと思う。/
技術的なイノベーションの少ない基幹系の構築は魅力的ではない。
基幹系構築を習得するのは難易度が高く時間がかかる。

-
デジタル変革をDXって略称するらしいんだけど、
yasukoDXも今年はデジタル変革の年なのだろうか🤔🔥
興味ある。
一歩先に消滅する業界なのは間違いない気がする。
本当のIT化が日本でも起きているのかも。
全ての会社がオンラインサービス化する⁈
2年以上基幹系システムの修正とかしてたから、わかりみが深い
SI構造にいたくて年収アップを狙うなら、上へ行くしかないのでは。
色々な数字を意識しなくてはならなくなるけどね。
ただ、どんなビジネスでもそんなもんやろ。

フリーランスはSIからユーザ企業に鞍替えできればいいやろし。
それ以外は知らん。
アメリカではIT人材の72%がユーザー企業で働いているってほんと?
今まで、よく自分(自社)のネットワークを他人(他社)に任せられるよな… / エンタープライズ”
企業にもSIerにもよるけど意識に差がない企業にはいかんやろ、、という気持ち
ユーザー企業の企画側に行ってみたい気持ちはあるんだけど、単一企業の仕事だけやってるの飽きそうだなって思うんだけどどうなん
官民問わず社内SE職の求人が増えている理由が納得行く。
この記事で基幹系システムは難易度高い、移行できないってあるけど、完全にポジショントークだと思ってます。
来てるよ来てるよ。言った通りだよ。多分これからどんどん進むよ。
基幹系システムに人員が投入されず衰退してオーパーツになった世界線面白そう
すべてはユーザー企業の本気度と覚悟にかかっていると思う。1000万超の給料を払い、かつ適切なキャリアパスを作れるか。 -
いうほど大移動もしていないように見えるんだけどね。SIerの入口にすら入っていないだけかもしれないけど、大移動という言葉には転職ってイメージがあるのでなぁ。 / - ITmedi…”
日本のIT人材は75%がsier等のベンダーとして働いている

一方でアメリカは自社で開発を行なっている企業に勤めているのが72%

日本は4人に1人だけが自社開発してる企業に勤めていることになるのか

少ないなあ
日本の IT は欧米と比べても「IT企業」に人材が集まりすぎているという指摘はその通りなんだけど、事業会社側で IT人材をうまくホスティングできるイメージも今のところ全くないな。 /  いよいよ始まった“IT人材の大移動”はDX推進の起爆剤となるか…”
ついにSIerが淘汰される時代が訪れる?

フリーランスも間口が狭くなりそうですね

社内エンジニアの格差も生まれやすくなり、エンジニアになるハードルが上がるかもしれませんね
クラウド化の遅れが全ての元凶ではないか?簡単には構造は変えることはできないだろう。/
ポテンシャル低いから、うかうかしていられないんだけど、うかうかしたままなので、ドンドンジリ貧になっていきそうだー。
以上

記事本文: SIerからユーザー企業へ いよいよ始まった“IT人材の大移動”はDX推進の起爆剤となるか? (1/2) - ITmedia エンタープライズ

関連記事