TOP > IT・テクノロジー > 世界の銀行を狙う北朝鮮のハッキング集団、多額の不正送金に関与か 被害額は1億ドル以上 - ITmedia エンタープライズ

世界の銀行を狙う北朝鮮のハッキング集団、多額の不正送金に関与か 被害額は1億ドル以上 - ITmedia エンタープライズ

11コメント 2018-10-04 10:21 | ITmediaキャッシュ

FireEyeが「APT38」と命名した集団は、世界各国の銀行でネットワークに侵入し、多額の現金を不正送金しているという。...

ツイッターのコメント(11)

危ない危ない。 →
北朝鮮がSWIFT攻撃してるんですね。
「なお、このネットワークは5秒後に自動的に消滅する」ってか。
「APT38」と命名::
ふと思ったが、ネットワーク関連では日本は北朝鮮にも負けてるのでは?
ニュースのキモは「調査報告書を公表した」事。内容は以前から発表されている。
"APT38は2014年以来、少なくとも11カ国で16以上の組織を標的…巧妙な手口を使って被害者のネットワークに侵入し、平均で155日間潜伏。明るみに出た事件だけでも、11億ドルを金融機関から"
冗談抜きでロクデナシ国家だな。

> NEWS
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR