TOP > IT・テクノロジー > Intel暗号鍵に危険度「高」の脆弱性、ファームウェア更新で対処 - ITmedia エンタープライズ

Intel暗号鍵に危険度「高」の脆弱性、ファームウェア更新で対処 - ITmedia エンタープライズ

12コメント 登録日時:2018-09-14 10:12 | ITmediaキャッシュ

Intel MEの暗号鍵に関連する脆弱性が発見された。重要な情報の改ざんや流出の可能性が指摘されている。...

Twitterのコメント(12)

また、よくわからない記事の出し方をするなぁ… / “ エンタープライズ”
月刊 脆弱性をつくる(創刊号300円)
セキュリティアップデート
暗号鍵に危険度高の脆弱性ってそれはないよな世界だよなぁ…。一体何を信じれば良いと言う…(^^;
IntelのCPUの暗号鍵が判明、危険度「高」の脆弱性に。ファームウェア更新で対処可能。
脆弱性ばっかじゃねえかよお前んちぃ!何個脆弱性付ければ気が済むんだお前ホントに
NEWS
物理アクセス必須なら、まぁ…まぁまぁ…
見てる: エンタープライズ:
Intel ME/AMTの脆弱性「4種類の暗号鍵のうち、2種類を入手できる方法を発見したと報告」:
"Intel ME(Management Engine)でデータの保存に使われているMFSファイルのセキュリティの仕組みに脆弱性が見つかった。悪用されればMFSの状態を操作され、重要な情報を抜き取られる恐れ"
以上

記事本文: Intel暗号鍵に危険度「高」の脆弱性、ファームウェア更新で対処 - ITmedia エンタープライズ

関連記事