TOP > IT・テクノロジー > AIやIoTはこれから「幻滅期」 ガートナーのITトレンド分析 - ITmedia エンタープライズ

AIやIoTはこれから「幻滅期」 ガートナーのITトレンド分析 - ITmedia エンタープライズ

28コメント 登録日時:2016-10-05 13:34 | ITmediaキャッシュ

日本で技術が浸透するまでの過程を分析した「ハイプ・サイクル」の2016年版を発表した。...

Twitterのコメント(28)

ガートナーのパイプ•サイクルの黎明期の技術をまんべんなくおさえとけば大体OK
IBMワトソンを人工知能だって宣伝するマスコミが悪いんじゃろ。ディープラーニング全般を否定したら日本はダメになるがの。
まあハイプ・サイクル自体どうなんだと思うしITmediaはクソだが
ガートナー社の話はこんなふうに公表されるんや。思ってた以上に世間に広く使われるようになるには時間がかかるんやね。/
→ビッグデータってこれから幻滅期なんですか?
「逆にクラウドは、本格的な普及段階に突入」で納得。中小企業の会計やスキャナ保存はクラウドが基盤になりつつあると思っているので。/
技術要因の整理。→  -
ガートナーのITトレンド分析、日本で技術が浸透するまでの過程を分析した「ハイプ・サイクル」の2016年版を発表した。 [ITmedia:2016/10/05]
「黎明期にあたるキーワードでは、IoTセキュリティやコグニティブ(認知)技術を駆使したサービス、ヒューリスティックオートメーションなどを挙げている」|
/* あとで見る */ ⇒
クラウドは儲け時期
エンタ...(41):
“ エンタープライズ”
これからはヒューリスティックオートメイションの時代か…。
現在のテクノロジーの進化は、毎年使われている分かりやすい図で説明できるほどの、シンプルさでもスピード感でもないよ。/
ハイプサイクル、知らなかった。面白い。
「 ガートナーのITトレンド分析」
いつもそうなんだけど、周囲の幻滅にもめげずに、冬を耐え忍んだ会社が後で総取りするんですよね。
2016年版パイプサイクル!
「ニューメディア」や「WEB2.0」の様に消えてゆくんだろうな。AIはともかくIoTの定着は怪しい。lolは"laugh out loud"の略で(笑)という意味。(違
ユビキタス社会…とかあったね
幻滅期というのは現実的になるタイミング。ここからが本番とも言えるし、あらかた市場の枠組みが固まってしまったとも言える。 / “ エンタープライズ”
もう、そんなタイミング。
-
確かに。その位の相場感。 / (ITmedia)
次から次へと→
なるほど、幻滅期。トレンドではなく、ちゃんと技術を持ったところだけが生き残るってことで。
以上

記事本文: AIやIoTはこれから「幻滅期」 ガートナーのITトレンド分析 - ITmedia エンタープライズ

関連記事