テレワーク終了宣言? 経団連「出勤者7割減見直し」提言に潜む違和感の正体:喉元過ぎれば熱さを忘れる、でよいのか(1/3 ページ) - ITmedia ビジネスオンライン

経団連が出した提言が波紋を呼んでいる。コロナ対応を踏まえた、テレワークによる「出勤者数の7割削減」を見直すべきだという内容だが、経済界の「テレワーク終了宣言」と見えないこともない。 (1/3)

ツイッターのコメント(386)

ろくに機能すらしていない過去の遺物はさっさと退場してもろてええで?
日本の企業の
アホさ加減に

呆れてる

テレワークでも
十分仕事はできた
比較にならない感染力を持つオミクロン型が東アジアにも迫る。通勤を強いるのがお好きな経済界重鎮の楽観もこれまでだろう。
全面リモートにも移れる準備をしておかねば。
ウチの会社も来月から原則テレワークは認めない、顔を合わせて会議をする事に意義がある。
とか言い出した。
この記事はテレワークを安易に終了するのではなく、多面的な社会的メリットを認めて継続するのが望ましい、というもので、私も賛同。
経団連はテレワークが進みすぎると人流が減って従来型の経済が停滞することを恐れているのでは。その業界に気を遣っているのでは。
変異種が入ってきてるよ!
いま解除はやめとけ!
50%はテレワーク継続しておけ!
働き方を選べない会社が自然淘汰されていくだけ。
やれるところはやればいいし
無理やりやっても逆に効率悪くなるパターンあるんだよね
仕事した気になりたいだけでしょって感じ。
 
PR
PR