TOP > 政治・経済 > 技能実習生は今も「低賃金・重労働」の担い手なのか? 「夕張メロン問題」から考える:働き方の「今」を知る(1/5 ページ) - ITmedia ビジネスオンライン

技能実習生は今も「低賃金・重労働」の担い手なのか? 「夕張メロン問題」から考える:働き方の「今」を知る(1/5 ページ) - ITmedia ビジネスオンライン

10コメント 2021-06-10 05:31  ITmediaビジネス

夕張メロンの減産がニュースになり、その理由が「技能実習生不足」ということから大きな話題を呼んだ。「低賃金・重労働」を押し付けられ、過酷な事情を耳にすることも多い同制度だが、実情はどうなっているのか。 ...

ツイッターのコメント(10)

これは読まないとね。
---
夕張メロン初競り 2玉270万円、昨年の22倍超で落札
今治タオル(ボソッ
メロンのバイトが最低賃金の861円ってそりゃ人集まらんわな。→
「しかし、そういった実態は変わりつつあるようだ」
/
「外国人技能実習事業者の7割が労働基準関係法令に違反」なんだけど、じつは日本全体の違反率も7割弱という心温まる記事だった。>  「夕張メロン問題」から考える:働き方の「今」を知る - ITmedia ビジネスオンライン
サイコパス経営者こわいね
自分の子供や兄弟がそんなところで働いてたらどう思う?って話だよね

 「夕張メロン問題」から考える(要約)
平成30年に9000人以上失踪してるわけですが。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR