TOP > 政治・経済 > 日本のアニメは海外で大人気なのに、なぜ邦画やドラマはパッとしないのか:スピン経済の歩き方(1/6 ページ) - ITmedia ビジネスオンライン

日本のアニメは海外で大人気なのに、なぜ邦画やドラマはパッとしないのか:スピン経済の歩き方(1/6 ページ) - ITmedia ビジネスオンライン

135コメント 2021-05-05 08:26  ITmediaビジネス

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が米国でもヒットしている。このほかにも日本のアニメ・マンガは海外市場で勝負できているのに、なぜ邦画やドラマはパッとしないのか。その背景に、構造的な問題があって……。 (...

ツイッターのコメント(135)

ほんこれですわ〜

しかし!ドラマをBGMとして『ただ座ってデザートを食べている』のが楽しい禅の心を持つ俺には日本のドラマはバカの最高!

テレビにポップコーン投げまくり!
日本のアニメは海外で大人気なのに、なぜ邦画やドラマはパッとしないのか:スピン経済の歩き方 -
民放のプライムタイム帯ドラマは利権等もあり「観てられない」一方、テレ東の深夜ドラマは深夜アニメに近い制作委員会形式。制作側の目線が違う。
頑張らなくても儲かるのか
そらテレビ離れがトレンド入りしてまうわけだ。ダメだこりゃ...
役者さんや作品は素晴らしいのに
なんとも勿体ない
色々能書き垂れておられますが、まぁ確かに民放キー局がクズなのもありますが、デーブスペクター氏などは「俳優が下手すぎ」を一番の理由に挙げてましたね
言いたいこと言ってくれてる。ありがてぇ。民放キー局はクソ。もうEテレくらいしか観てないもんな…
日本は映画スターや映画役者を育てる気がないという箇所を見て日本で映画スターって誰だろうと考えたら、がんばりまっしょいの田中麗奈が最後の気がする。
うーむ、まぁその通りなんだろうなぁ。
放送局が制作と著作を持っちゃっているのでアンバンドルせよ、という全てのビジネスにも言えるロジック、と解釈:
企画が安直、、、
のに、リスキーな海外進出なんてめんどくさいことをわざわざやるメリットがないのだ。
民放がボロカス言われてて草
《「日本の映画業界は閉鎖的で積極的に海外で勝負するようなカルチャーがない」等いろいろ分析をされている。確かにそういう側面があることは否定しないが… 個人的には「民放キー局の罪が重い」という結論にならざるを得ないと思っている》。

…この記事には同感。
おもろい記事なので。
深夜帯ドラマとかが面白いのも
スポンサーとか事務所の縛りが緩いのかも。
映画を愛する全ての人に読んでもらいたい。
なるほど。制作体制の違いでここまで変わるものなんだ。
なるほど。「つまらないから」じゃなくて「つまらないものしかできない環境だから」か。
や、分かりやすい。
出版物も同じだと思うなぁ()
ぬるま湯でテレビおもんなくなった結果、子供がYouTubeしか見ないもんな。
アニメはアマプラ、ネットフリックスだし。
規制が強くなったとか関係ないよね。
海外のを演劇と例えるなら日本のは学芸会…って感じですかね。
色んな意味で“ちゃち”。
記事では色々蘊蓄語ってくれてるけど、仕上がった印象はソレ。
全否定はしないけど、喜んで見るのは身内だけ。
90~2000代は世界も注目した日本ドラマ黄金期だったがそれもダメにしたのは放送局ってわけか。確かに日本国内でマニア層から数字取れば稼ぎは安定だからね。
骨太な良い記事。まさに仰る通り。民放ドラマも面白いのはあるけどTV局の体質がネックとなって海外展開できていないように思う。忖度なしでドラマ制作できる環境を整えて欲しい。
なるほど。
日本の漫画、アニメが異様に強いのは、国内で社会的地位が低いからじゃなかろうか。地位が低いので、頭の良いお方たちやご老人たちが放置してくれて、自由にできる。
単に民放キー局を叩きたいだけの記事。残念。私はその民放キー局で海外番組販売とかフォーマット販売とか国際共同製作をやってきたけど、とりあえずこの記事を書いた人は、重村さんが言っていた昔の話なんかを今更持ち出さずに、今ちゃんと取材して書いてもらいたいね。
需要が日本国内と海外では違うからに決まってるやん。しかも海外に送り出す映画がアメリカかぶれだから猶更うけねーっての。そんなんハリウッドのビ…
毎年毎年、何本も誰か見てるのかわからない恋愛映画を製作しては“話題沸騰”とか自作自演している輩。
面白かった。/
映像自体が海外と比べると安っぽいというか、何か軽い。セットも安っぽい。演技もセリフ読んでるだけというか、台本自体のセリフ回しがリアリティない気がする。
なるほど納得。
単純に、もうアニメ以外は衰退してつまらないよ。
ラブソングラブストーリーよりも、もっと
骨のあるのが見たい!!スカスカだよ特撮いがい!!
俳優と女優が違うだけで内容をダイジェストにしたらほぼ全部同じやん?それで人気出ると思ってんの?あと、ただ単純につまらん・・・
全体的に地味。動きが無い、原作付きはいつも改悪。
概要としては良記事。
それぞれの構造を説明してて分かりやすいざます
(´・ω・`)
民放キー局と何かあったのかなってくらい辛辣な見解。まぁ競争すると無数の屍の上に優れた作品が結果として生き残るからね。
アニメは海外で大人気とあるが大人気なのは国内でも人気のある極々々々・・・僅かなものです。しかもそれはもともと人気のあるものをしっかり30分…
邦画とドラマは既得権益を持つ民放キー局が権利を持っているため海外市場に売り込もうという気もない。という話だけど、テレビの電波を寡占していて新規参入なしだから好き勝手出来るんだろうなあ。
電波利権で囲われたキー局が製作に大きく関与するから競争原理が働かないというのは頷ける。あと、どうしても広告効果に縛られるのでF1層F2層向けの無難なモノしか作れない。CM見ての消費をしない我らM2層M3層向けのコンテンツは作られない😂
「著作権が映画会社との契約においては、テレビ局にないため、アニメに関しては映画会社が積極的に海外などへのセールスに力を入れた。」
今まで持ってなかった視点だったのでとても勉強になった。
緩やかな導入でいいので、やはり電波オークションは必要
--
この記事凄く良かったね。個人的に感じていたドラマの問題点の原因が凄く明らかになった。
範囲を広げたら、ジャニーズなんかも海外進出や長い目で見た時の諸悪の根源だったのでは。
商業主義との関わりにおいて、実写は「演者の価値」が重視されすぎることが足枷と感じる。
人気役者の出演が予算(作品規模)と直結し、作品自体の価値がなおざりになる宿命にあると考える。。。
「民放キー局は国内で独占する電波を用いた広告ビジネスが主たる事業なので…誰のためにつくっているのかよく分からないようなドラマや映画が量産され」ようが、村にいるのだから何の問題もない。
アニメに対する誤解があって、海外で評価されてるようなタイプのアニメは持ち込み枠で、寧ろテレビ局に金払って放映してる形式だと思う。論旨に影響はないが。
それは違うと思うな。

アニメ製作陣は根っこがオタだから「良いモノづくり(俺の世界を見ろォォ!)」が本質で、結果的にそれが個性として評価されてる。いちいち世界とか意識してない。

ドラマとかは陽キャの限界ってことでしょ。妄想力でオタに勝てるわけ無いんだから。
キャスティングありき、ドラマの延長線のものが多く、強い意志を持った作品がなかなか日本でも陽の目を見ない状況

日本のアニメは海外で大人気なのに、なぜ邦画やドラマはパッとしないのか:スピン経済の歩き方(1/6 ページ) -
もっと見る (残り約85件)
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR