ブラックジョークでは済まない「ハロワ職員1万人雇い止め」問題 非正規雇用の「使い捨て」を解決するために求められるもの:不本意型の非正規雇用を減らすには(1/5 ページ) - ITmedia ビジネスオンライン

ハローワーク職員の「雇い止め可能性」が一部新聞で報道され、話題になった。一部では非正規雇用を単なる「調整弁」や「使い捨て」としてしまっているケースもあるが、今後はそうした不本意型の非正規雇用を減らして...

ツイッターのコメント(10)

行き過ぎた資本主義ってそういう事よ。
要領よく頑張れば報われる。
一億総中流社会の方が、幸せだと思うけどなー

 非正規雇用の「使い捨て」を解決するために求められるもの(要約)
あえて期間限定で働きたい?そんな割合どんだけいるの?誰だって働く以上正規雇用だからやれるんだよ。何故それが分からない?
コレは笑えん…( ゚д゚)求人の相談に乗ってた側が相談する側に…
それにしても1万人て…
行政改革で行政の効率化・合理化をしてきた結果、非正規公務委の割合は年々高まっています。

2005年に7人に1人だった非正規公務員は、2016年に4人に1人までに拡大しています。
その結果がハローワーク1万人雇い止めです。

いい加減に効率化・合理化の発想を捨てましょう。
リスクのある期間限定雇用は無期限よりも給与が高くてしかるべき。

 非正規雇用の「使い捨て」を解決するために求められるもの:不本意型の非正規雇用を減らすには(1/5 ページ) - ITmedia ビジネスオンライン
ブラックジョークでは済まない「ハロワ職員1万人雇い止め」
「無期限で雇用は期間限定というズレが生じている場合、不本意に期間限定で雇用される働き手の給与水準が無期雇用の働き手と比較して同等以下であれば、ズレを調整する負担やリスクを働き手だけに負わせることに…」
- ITmedia ビジネスオンライン
以上
 
PR
PR