TOP > 政治・経済 > SaaS企業の時価総額はなぜ高いのか?(1/5 ページ) - ITmedia ビジネスオンライン

SaaS企業の時価総額はなぜ高いのか?(1/5 ページ) - ITmedia ビジネスオンライン

16コメント 2021-01-26 05:28  ITmediaビジネス

この数年、SaaS企業は新興企業向け株式市場マザーズのIPOにおいて大きな存在感を見せています。新興市場のけん引役ともいえるほど躍進をしたSaaS企業ですが、果たしてこの勢いは、21年以降も続いていく...

ツイッターのコメント(16)

自社だけでなくて、SaaS業界全体にも目を向けないとな👀

先駆者から学べることってたくさんある💡
わかりやすく、かつ勉強になったのでシェアします!
実はこのSaaS企業たちが使ってるのは
Amazon Web Service
Microsoft
Google
だから結果的にVTIやeMAXIS等のS&P500連動インデックス投信の方が安定成長していくんですよね。
SaaS企業たちをインフラで支えてるのはAmazonやMicrosoftやGoogleだから結果的にVTIやeMAXIS等のS&P500連動インデックス投信の方が安定して成長していくという現実。
個人的には
・トラクションと財務の対応関係が明瞭
・プラットフォーム資産を貯めるまでの先行投資が重くなりすぎない
・データ他資産で事業多様化が見通しやすい
あたりかな

SaaS企業の時価総額はなぜ高いのか?(要約)
SaaS企業の時価総額が高い3つの理由

1. 将来の利益の予測のしやすさ
2. 成長率の高さ
3. 短期の利益創出より成長を優先出来る海外投資家の存在
ビジネスオンライン記事「SaaS企業の時価総額はなぜ高いのか?」で、UB Ventures代表 岩澤が今後のSaaS企業IPO動向についてコメントを致しております。

ぜひご覧ください!
「ARR100億円を突破するイメージがつくかどうか」が今後評価されるSaaS企業とのこと_φ(・_・

おそらく単一事業だけでは厳しい。
SaaSの時価総額に対する考察。
IPO企業の中でも次第に存在感を増すSaaS企業についての記事。

その歴史から、高い評価になりやすい理由について整理されており、今後のSaaS系IPOの参考になるかと思います。

SaaS企業の時価総額はなぜ高いのか?(1/5 ページ) - ビジネスオンライン
SaaSについて丁寧に解説されています。

いわゆるT2D3の一つ目のD(ARR20億円規模)で上場、いかにその後5年で40%成長を続けARR100億円を目指すかが日本の標準になるのかな。

残りのD2実現は追うべき目標だけど売上成長率のマザーズ平均16%を見ると中々異常な水準にも思える
「SaaS企業の時価総額はなぜ高いのか?」

ITmediaで記事を執筆しました。

前半では国内SaaS企業のIPO変遷、後半では時価総額の背景と今後のIPOの見通しについてUB Ventures代表の岩澤さんにコメントをもらっています。
配配メールは2007年誕生。ラクスの中ではベテラン組。
ビジネスオンライン
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR