TOP > 政治・経済 > このままでは第2の「珪藻土・アスベスト」事件が起きる ニトリやカインズは真相を解明できるか (1/6) - ITmedia ビジネスオンライン

このままでは第2の「珪藻土・アスベスト」事件が起きる ニトリやカインズは真相を解明できるか (1/6) - ITmedia ビジネスオンライン

12コメント 2021-01-14 05:05  ITmediaビジネス

2020年末、珪藻土バスマットなどにアスベスト(石綿)が混入していたとして大騒動になった。はたして、真相は解明されるのか。結局は、“うやむや”にされてしまう可能性もある。 (1/6)

ツイッターのコメント(12)

珪藻土バスマット怖っ。他のメーカーのも大丈夫なのか?
何十年も経ってアスベストの被害者が出なければいいんですが…。
お値段以上ではなかったな。
アスベストは中国、米国、タイ、ロシア、インド、北朝鮮などでは禁じられていない(2018年時点)
既に他の製品で色々なものの混入回収は行われている
第二ではなく徐々に大きくなった何十回目の事では?
メディアは中国製と書かずに報道
家にある珪藻土の製品、捨てた方がいいのかなあ😥。記事にあるように安易に安い人件費の他国製品を使わず、やっぱり国産に力をいれて欲しいね。マスクも同じ。

 ニトリやカインズは真相を解明できるか(要約)
品質保証と一番身近な安全保障のお話。とてもいい記事だったのでみなさんもどうぞ

 ニトリやカインズは真相を解明できるか(要約)
まぁ、ニトリだしわざとかな?と疑いたくなる🤨
国際的な課題として認識する必要がある。
現行のなかでは、十分に検品工程を行う以外にない
海外では禁止されてない国もあるのか >
結局ファッキンチャイナ案件なんかねこれも
長浜淳之介のトレンドアンテナ:
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR