TOP > 政治・経済 > 退職者が「辞めたけど良い会社」と感じる企業 2位はグーグル、1位は…… - ITmedia ビジネスオンライン

退職者が「辞めたけど良い会社」と感じる企業 2位はグーグル、1位は…… - ITmedia ビジネスオンライン

オープンワークが発表した「退職者が選ぶ『辞めたけど良い会社ランキング2020』」によると、1位はマッキンゼー・アンド・カンパニー。2位はグーグル、3位はP&Gだった。...

ツイッターのコメント(59)

日本のグーグルって、えっあの人が? 的な人が本国基準の好待遇なイメージだから良い会社だと思います。
9位に特許庁……
こんな情報を見つけたよ
これは、面白いデータですね。
なかなか入れない所が多そうですが、辞めたけど、人生の過程においてはよい会社だったと思えるような所に転職する事を目指したいですね
なぜ特許庁????
外資系やリクルートなどが並ぶ中で9位の特許庁は際立つな。やはり、外資系は卒業生のブランド価値高める意識が強いから、良い会社判定になりやすいのではないか。
女性が「別れたけど良い男」と感じる基準は?
"入社の目的が、その後の目標達成のための手段にすぎなかった"

コンサル時代はこんなイメージがありますね
今後の動向だと、ますますこういう感覚を持つ人が増えそうな気がしますね
俺の大嫌いなT○YOTA自動車が入ってないからこのランキングは信用できる
俺もそう思う/
特許庁高いんだ。知らなかった意外。
そうそうVOYAGE GROUPいい会社なんすよ
働いたことがある企業が混じってるけど、退職した後にも昔の勤務先の看板に恩恵があるかでは。仕事がとれるとか、同業他社の面接が楽勝とか、退職者ネットワークとか。
「働いていた時に圧倒的成長?」いやいや、ご冗談を。有名大出身者が母校を罵倒しない程度の意味ですよ。
9位の特許庁が異彩を放つ
リクルートは立て直していく段階でかなり頑張ったんだろうな。

いまだに汚職事件の印象があるアラフォー
弊社も11位に入ってました /  2位はグーグル、1位は……(要約)
記事読んでないけど、
やめた人の数が多いほど良いという票は多く集まるけど、どういう集計をとったんだろ?
特許庁の異質感。そんなに流動的なとこだっけ -
元審査官の方が審査官の仕事と環境をとても好いていて、一切の不満はなかったと力強く言っていたのを思い出した。(審査官以外への異動が多くて辞めたそう)

 2位はグーグル、1位は……(要約)
特許庁入ってるのすごいな
特許庁すごくない!?!? :
いや、大会社と比べてもしゃーないけど、前職はいい会社だったよ。
これはよく見ておくべき!

「転職に有利な会社のトップクラス」に就職すれば、後はだんだんレベルを下げながら何社も転職できるし、また、起業するにも「前職はここに居ました」というのはとても有利に働く。

業界で一番儲かっている会社を選ぶ、のも似たような考え方。
リクルートはめちゃくちゃわかる、ぼくはホールディングスじゃないけど
これは……今時珍しい「人を育てる会社」ってことかな?
「辞めたけど良い会社」ランキングにおいて名だたる外資系の中に特許庁が入ったのは、スマブラSP企業対抗ゲーム大会 in 東京お台場大江戸温泉物語に特許庁チームが出場したのと関連性がありそうだよね。外から見ても官庁らしからぬ自由闊達な雰囲気なので。
名だたる有名外資系企業に並んで私の前職(アクセンチュアじゃないほう)が17位に。これは役員のみなさんも喜んでるんじゃないかな。
そもそも全然入れる会社じゃなくて草
辞めた後でも入れるコミュニティや、人との繋がりの無有が、かなり肝だと思う
普通に就職するのが難しいところばかりやん…(ボソッ)
なら辞めるな。
個人的にはサンプルが少ない中でのランキングで、何とも言えない部分もあるなと思うが、どこが何位とかより、ここから読み解けるものに興味がある。様々なヒントがあるんじゃないかなぁ。
ランキング入りしてました。辞めたあともAJITOに遊びに来てくれる人が多いのは嬉しいことですね。
警視庁はどうしたー
足を向けて寝られないですね。
起業が前提だけど
居心地良い、環境良い、給与が良い!
この中で特許庁が一際目立って見えるな。
と、とっきょちょう?w
16位にランクイン。
外資系企業を除けば10位内に。
これは素直に嬉しい。
地方から成長した企業でありながらこんな風に評価してもらえることは今までの仲間達と先輩方の存在のお陰。本当に有り難い。
15年在籍したプロパー社員としても納得。
この切り口は今後とても大事。
やっぱり外資が多い。(何気に11位にユーザベースが)
こんなランキングが出てくるななんて、すっかり転職当たり前の時代になってきましたね。 /
この表にコメント数が併記されていると情報として興味深く見れると思ったのですが。ところで、特許庁が入っているのが目に止まりました。 /
物作りや資産を持たない会社が大半だね。
いわゆるコンサルや中間マージン系。

確かに年収は魅力的だけど、社会に本当に必要な会社か?と言われるとどうなんだろうなぁ。
マッキンゼーって辞めた人の武勇伝はよく聞くけどクライアント側からの良い評価を聞いた事がない
野村證券は辞めたけどよい会社だと思う。退職したときの社長、副社長がアレ過ぎたんだよな。金融庁がもうちょっと早くアレしてくれていれば辞めなかったかもしれないよ。
1位も2位も
トランプ大統領から
目をつけられてる企業なんだが

30位まで見てもホントとウソが
混じってるように見える

世間の目は大したことないようだ
ほぼ外資?と思ったけどキーエンスとか商社も入ってる
キーエンス…ボーナス4回だもんな…いいな……激務だろうけど……
元勤務先のグループは‥入ってなかった。。
ま、そんなもんだよね。
ゆいつ民間じゃない特許庁がいるのが気になる
地味に「特許庁」が入ってる。
 ↓
退職者が「辞めたけど良い会社」と感じる企業。
1位の会社の人と会話する時は心地よさを感じる。下らないマウントも見栄の張り合いもない。会話を通じて新たなアイデアや視点を一緒に見つけようという真摯な姿勢がある。そういう社内文化が根付いているわけだ。そうした会社をじっくり見つけることこそ本当の就活だと思う。
1位はどうでもよいけど、この手のランキング上位に毎回リクルートある気がするので、すごい。
・やめたけど良い会社ランキング
3位 P&G
2位 Google
1位 マッキンゼー
・30位までになると日系企業も入る
・コンサルティング会社が多い
・入る時から目的意識をもち仕事をし、それまたはそれ以上のモノを得て卒業したという人が多いということだろう
ずっといることを前提としていない会社だからこそ、在籍期間中に何か得ようと頑張って、それが退職後も良い印象になるんですかね /
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR