TOP > 政治・経済 > バイドゥ、アリババ、テンセント……「ITジャイアント」生み出した中国企業に学ぶ“超高速ビジネスの作り方” (1/3) - ITmedia ビジネスオンライン

バイドゥ、アリババ、テンセント……「ITジャイアント」生み出した中国企業に学ぶ“超高速ビジネスの作り方” (1/3) - ITmedia ビジネスオンライン

12コメント 2020-08-29 14:01  ITmediaビジネス

現代は、手を動かして試作品を作る「プロトタイプ」の考え方が奏功し、「まずは手を動かす」人や企業が勝利する時代だ。中国企業の新規事業立ち上げの根底にある「スピード感と軽さ」について新進気鋭の起業家が解説...

ツイッターのコメント(12)

bathがまだ、中国国内でも戦う相手が居る?
中国企業は『やりながら改善』のサイクルが上手いですね。リスク排除してから動き出す日系企業とは差がつくのも納得。

バイドゥ、アリババ、テンセント……「ITジャイアント」生み出した中国企業に学ぶ“超高速ビジネスの作り方”(要約)
近年、急速に一般からも注目を集めている中国の都市・深セン。中国のITジャイアントの一角であるテンセントが「未来都市」を建設する計画を明らかにしたが、その場こそが深センです。

世界のどこにもない、この深センの現在をお伝えします。
プロトタイプ型って簡単に言うけど、ほとんどの人はできないですよね。(僕も含め)

必須と言われても、日本の売りである安心・安全との親和性が高くない。

だからこそ、日本でこの動きをやれたら大きなビジネスチャンスを生みます。必死に頑張ります
まずやる、ですね。速さと軽さ、納得。
個人的にはオープンソースの考え方が好き。自身が開発したものをソース公開し、個人単位から色んな人がどんどん改良できる。必要以上に隠さず社会貢献できると思う。

バイドゥ、アリババ、テンセント「ITジャイアント」生み出した中国企業に学ぶ“超高速ビジネスの作り方”
法令遵守しないから超高速なだけ>
(1/3) - ITmedia ビジネスオンライン
確かにね…、もはやコンセプチュアルな辻褄や、検証を想定した企画、合意形成すらも過去の産物になる時代が、すぐに来そうな予感…^_^
書籍 の抜粋記事の連載が ITmediaビジネスONLiNEではじまりました。よろしくお願いします!
現代は、頭でっかちに計画を立てるよりも、手を動かして試作品を作る「プロトタイプ」の考え方が奏功し、「まずは手を動かす」人や企業が勝利する時代だ。
by @shao1555
エンティティリストに載りそうなところを、なぜ今挙げてくるのだろう

(1/3) - ITmedia ビジネスオンライン
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR