TOP > 政治・経済 > 「超満員」がなくなった時代に、横浜DeNAベイスターズ初代球団社長が考えるスポーツビジネスの“ニューノーマル” (1/4) - ITmedia ビジネスオンライン

「超満員」がなくなった時代に、横浜DeNAベイスターズ初代球団社長が考えるスポーツビジネスの“ニューノーマル” (1/4) - ITmedia ビジネスオンライン

コロナでなくなった「超満員」のスタジアム。これまでスタジアムを満員にすることで経営を成り立たせてきた向きもあるスポーツビジネスは、今後どうすればよいのか。さいたまブロンコスオーナー/横浜DeNAベイスターズ初代球団社長の池田純氏が語る。 (1/4)...

ツイッターのコメント(14)

柔軟に対応、決断できるって素晴らしい
池田純のBizスポーツ:
まさかブロンコスがITmediaに登場するときが来るとは・・・。
そして、キズナくんの行方が気になる・・・。
こういうのって多くの人が思っていたけど言えなかったできなかった選手への愛ある発言で、実行するってのがまた凄い…。
デュアルインカムは大切ですね。

同時に、社員やアルバイトにとって使い勝手のいいプラットフォームになることが、これからの会社の価値だと思います。
スポーツビジネスに興味があるので読んでみた記事だけど、全ての文脈が所謂一般的なビジネスマンにも該当した。

こんな考え方がスポーツでもビジネスの世界でも浸透して欲しい。

まだまだ世界は変えられる!
通勤時間は無駄というレベルではなく、リスクになっていると思う。
なるほど仕事してないからしらんけど、今後は逆線引がかなり重要になりそうね。
(抜粋)
最低限の観客数で経営が成り立つ緊急時の“保険”もつくっておくのがこれからの経営者があるべき姿
ダブルインカム前提になってるのね。機動力がすごい。
レジャーの多様化>
「超満員」がなくなった時代に、横浜DeNAベイスターズ初代球団社長が考えるスポーツビジネスの“ニューノーマル”(要約)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR