TOP > 政治・経済 > テレワークで剥がれた“化けの皮” 日本企業は過大な「ツケ」を払うときが来た (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

テレワークで剥がれた“化けの皮” 日本企業は過大な「ツケ」を払うときが来た (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

テレワークで表面化した、マネジメント、紙とハンコ、コミュニケーションなどに関するさまざまな課題。しかしそれは、果たしてテレワークだけが悪いのか? 筆者は日本企業がなおざりにしてきた「ツケ」が顕在化しただけだと喝破する。 (1/5)...

ツイッターのコメント(71)

わかる。管理できないからリモートは無理ですって言った奴がいて、その時、そんなに信頼ないなら最初から雇わなければヨクネ?と思ったことよ
"そう、うまく回っていないのはテレワークやオンライン化のせいではない。「その会社に元からあった問題が、テレワークをきっかけに顕在化した」だけなのだ。"
もともとのタスク管理や仕事の進め方、会議設計、上司のマネジメント能力、メンバー間の信頼関係、評価制度、労務管理などがアカン組織だということをテレワークが暴く」
これを「危機」と捉えられるかどうかよね。
 ↓
うまく回っていないのは「その会社に元からあった問題が、テレワークをきっかけに顕在化した」だけなのだ。
 ↓
うん。的を射た良い記事。
離職者が多いのはこういう所もある。
これはあるな~。

Redmine使ってタスク管理と時間管理をやっていたから問題なかったけど、Redmine使う以前の口頭やメールでのタスク振りの状態で在宅勤務になってたら死んでたと思う。
わかる でもそんなにはやく変わらないんだよなあ どうしてか|
「酒が人をアカンようにするのではなく、その人が元々アカン人だということを酒が暴く」

「もともとのタスク管理や仕事の進め方、会議設計、上司のマネジメント能力、メンバー間の信頼関係、評価制度、労務管理などがアカン組織だということをテレワークが暴く」
現場職とかのテレワークできない職種からまたしても優秀な人材が離れていく。きつい仕事ほど高給にしないと崩壊するで。
へ、弊社~~~~~~~
酒が人をダメにするのではなく、ダメな人を酒が暴く。がいいね。笑
監視されるのも決まった時間に会社にいるのが正義みたいなのも苦手だから僕はすごく前向きに捉えてる。
「化けの皮」っていう過去のやり方を否定する書き方したら、快く思う人少ないでしょ・・・・
こんな企業と社員の溝や対立をうむような記事はかかんほうがいいよ。これからのニュースタンダードだけでは解決できないこともある。新旧あわせて成り立つのだから。うんざり。
そもそも売上は経営者のセンスが天井で、運営がどこまでそれを再現できるかって話でしかないはずなのに肝心の経営者が売上の天井を知らないで報酬だけ貰ってるんだもの そりゃ回るモンも回らんて
剥がれるほどの皮もないので大丈夫。
前職では頑張りとかプロセス重視で評価する文化でした。正論を言えば「成果ではなく席で真面目に仕事しているかでしか評価できない管理者は失格」なのですが、成果で評価すると評価しようがない部下がいたのが悩みでした。マイナス評価付けると上司の指導力不足と言われるし…
なんだ弊社のことか(´ー`)
かなり本質。監視でも管理でもない領域へ。結局、時間でなくて成果なんだよね /
ようやく来た、という感覚が凄い。
実態は現状維持バイアス強くて格好だけ度まだまだ高いけど。
続ければ続けるほど結果は冷徹に出るので、もう暫く待つかな。
そんなことを言ったところで日本企業に老害がのさばる限りほとんど変わらない。そして今後も日本は経済的に没落し続ける|
なるほど🤔
ウイルスがゲームチェンジャーになったのかな。対応が遅れた会社は日本ではなんとかやれるかもしれないが、世界の変革からは取り残されてそう。
テレワークを実用的にするにはあまりに回線が足りないというのもわかった。テレワーク専用回線を整備しないと、スマホのネット回線と混線して大規模な通信障害を起こしたから結局不便でしかない。
ほんそれ記事。
リモートはメリット多いし、BCPの観点からも導入すべき。
こんな記事を見つけました。
全くその通りですね。テレワークが会社をダメにするのではなく元々ダメにする社員がいたということです。

逆転の発想で、、

そのダメな要因をあぶり出す最高の方法がテレワークかもしれませんね。

生意気言ってすみません。
ここ数ヶ月めっちゃこれ思う
「多様な働き方を選択できること」これができる企業がこれから生き残る企業。
これなんだろうなー。
>うまく回っていないのはテレワークやオンライン化のせいではない。「その会社に元からあった問題が、テレワークをきっかけに顕在化した」だけなのだ。
よく道具やツールのせいにする人が居ますが、原因は人や組織の場合が多いです。そんな問題を抱えた物が市場で受け入れられるわけないでしょw
テレワークってあれでしょ

ゲームしながらする仕事の事でしょ(適当)

なんちゃって
過大というか正当なツケですよ。
酒・女・ギャンブルが人をダメにするのではなく、元々のクズをこれらが暴いていた。
言いたいこと、これすべて→
剥がされちゃった
まさに…!
どれだけ要らない社員が居たかもよく分かる状態になった
テレワークによって見えてくる企業の本質とは…?
それな>「アカン組織だということをテレワークが暴く」
>「管理」ではなく「監視」をして安心したいだけではないのか
それが管理職の仕事やろ!
今まではとにかく「出来ない理由」を血眼になって探して押し付ける感があった。「出来るのに意地でもやらない組織」が炙り出されて、避けられて行くんだろうな…。
雇う側は
人件費削減や
従業員の
能力見分け
やすくなって

メリット多そう
働き方の「今」を知る:
まさにその通り🤣
「ムダ会議をわざわざオンライン化して継続」「サボってないかリモート監視」「チャット雑談禁止」…

根本的な課題を解決せず、便利そうなツールだけ導入してテレワークを始めておきながら、うまくいかないと「テレワークはウチに合わない!!」とか悪者扱いするんじゃねえよ。
来るといいなあ
努力します
すごく共感!在宅勤務やリモートに問題があるんじゃなくて、元々の会社の問題が浮き彫りになっただけ▼
で剥がれた“化けの皮” 日本企業は過大な「ツケ」を払うときが来た( ビジネスオンライン)
「本質的な課題に向き合わないまま、さまざまなツールだけを導入してテレワークを始めた企業が多いにもかかわず、「テレワークで生まれた課題」のように語られているものが多い」
日本企業は過大な「ツケ」を払うときが来た(ITmedia ビジネスオンライン)
「酒が人をアカンようにするのではなく、その人が元々アカン人だということを酒が暴く」

テレワークと一緒。
>テレワークが組織をアカンようにするのではなく、もともとのタスク管理や仕事の進め方、会議設計、上司のマネジメント能力、メンバー間の信頼関係、評価制度、労務管理などがアカン組織だということをテレワークが暴く

タイトルの煽り方は嫌いだが、ここだけはその通りだ!
"テレワークが組織をアカンようにするのではなく、もともとのタスク管理や仕事の進め方、会議設計、上司のマネジメント能力、メンバー間の信頼関係、評価制度、労務管理などがアカン組織だということをテレワークが暴く"
ハンコもそうですが、事務処理に原本(紙)が必要というのも何とかなりませんでしょうか。そのためだけに今月はどこかで出社しなきゃならないですよ。
あとで読む👀
この言葉、本質を突いていると思う。

> テレワークが組織をアカンようにするのではなく、もともとのタスク管理や仕事の進め方、会議設計、上司のマネジメント能力、メンバー間の信頼関係、評価制度、労務管理などがアカン組織だということをテレワークが暴く
“「プロセス」部分ばかりを気にするあまり、本来重視すべき仕事の「成果」の定義が曖昧で、測定も評価もできておらず、成果を出すことについて社員への動機付けや督励がないのではないことこそが、実は問題”
働き方の「今」を知る:
"うまく回っていないのはテレワークやオンライン化のせいではない。「その会社に元からあった問題が、テレワークをきっかけに顕在化した」だけなのだ"
行政や議会こそ
佐久市はいかに!
「情報共有のための会議」不要
メール配布で資料は事前共有
「決める」ことに集中
議題ごとに時間を区切って
誰が、いつまでに、何をやるか
を決定、報告責任も定め終了

 過大な「ツケ」を払うときが来た
今までのやり方を変えられるか:
至極真っ当な指摘
議題ごとに時間を区切って、「誰が」「いつまでに」「何をやるか」を明確に決定し、報告責任も定めた上で終了するのが会議。
以上
 

いま話題のニュース

PR