TOP > 政治・経済 > テレワークを阻む「ハンコ文化」は政府の“太鼓判”で消え去るのか? (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

テレワークを阻む「ハンコ文化」は政府の“太鼓判”で消え去るのか? (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

22コメント 登録日時:2020-05-20 05:31 | ITmediaビジネスキャッシュ

新型コロナの影響で導入が進むテレワークだが、それでも出社しないといけない環境を生み出しているのが「ハンコ」だ。もともと、無駄が多く生産性の低い「日本的」な労働慣行の代名詞でもあったハンコだが、従業員の感染リスクを減少し、生産性を高めるためにも官民でようやく「電子化」の機運が高まり始めている。 (1/5)...

ツイッターのコメント(22)

> 辞めろといわれれば辞めても構わない

おめーは辞めろと号令をかける側だろう何他人事みたいに言ってんだコイツ、って思いました
勤め先ではハンコを押して責任を痛み分けするような稟議書が山のようにある。

捺印用のハンコもめんどくさいけど、入社してすぐに訂正印押してなくてめちゃめちゃ指導されたな…

当時は「訂正印って何?」ってかんじでした。
これ公募で集まってプレゼンした人、絶対内心ブチ切れ取るやん
うちの会社も手書きサイン文化やハンコ文化バリバリです。今回を良い機会に変えていかねば!
テレワークを阻む「ハンコ文化」は政府の“太鼓判”で消え去るのか?(要約)
日本の役所、経済界に時代の変化に合わせて変わることができない老害がのさばっている限りそうはならないだろうな|
代表印、銀行印、角印。
社保書類に大量に代表印が必要なの謎だったけど、印鑑登録も謎。
ハンコはむしろ、署名文化よりテレワーク向きだと思うが。本人が書かなきゃならない署名と違って、了解の上で他人が押せるんだもの。
ハンコ自体の実用性は既にないけど、実用的でなくなったものはアートになっていくことが多いです。

ハンコもそろそろアートになっていくと、また新しい一面が見えてきそうです。
ああああ昔は訂正用の小さな小さな印鑑も作りましたねええ(昭和生まれ)。
働き方の「今」を知る::
これを文化と言うなら、悪しき文化以外の何物でもない|
良い機会ですから、無くても問題ない文化にしていきましょう。 / ビジネスオンライン)
小学生でも偽造できるもので承認しようとするのセキュリティ意識なさ過ぎって思うけど

装飾とか文化としてハンコは残って欲しいなって思ったりします

装飾だったら別にpngとかjpegでいいですし、秘密鍵を持たない表示できないとかもできそう。ハンコ大臣に頑張ってほしい
現IT担当大臣とハンコ議連がどう出るかによるんだろうな…。
働き方の「今」を知る:
そもそもハンコが「本人確認のためのセキュリティ」であるという本質を理解してれば、もっと早くに時代に合わせたセキュリティ手段を講じられたのではないだろうか。
なんのために判子が必要なのかを考えると、
エビデンスなわけで。

効率化や生産性でいくと、
消え去るでしょうね!

HR系のテックサービスも増えてきてるし!

はんこ屋さんとか厳しくなるだろうな。。。
最後の「必要なのは「合意」」部分は重要👍✨以下引用

ちなみに法的には、ハンコ自体に特別な法的効力があるわけではなく、原則として署名があれば足りるとされている。
お。脱ハンコの気運。>
どうでもいいけど、賃貸とかの契約時の「署名の上捺印」もおかしいよな署名だけでええやん
押印に代わる承認の意思表示を何にするかが問題。自筆署名もアナログという点では押印と同じだし。電子署名の様なシステムが社内の稟議書レベルで適用できるのか?
以上

記事本文: テレワークを阻む「ハンコ文化」は政府の“太鼓判”で消え去るのか? (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

いま話題の記事