TOP > 政治・経済 > やはり「24時間営業」はやめなければいけない、勘違いな理由 (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

やはり「24時間営業」はやめなければいけない、勘違いな理由 (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

59コメント 登録日時:2020-01-28 08:10 | ITmediaビジネスキャッシュ

「ガスト」「ジョナサン」などを運営するすかいらーくホールディングスが、2020年4月までに24時間営業を廃止すると発表した。さまざまなサービスで「24時間営業」は当たり前になっているが、歴史を振り返ると、実は……。 (1/5)...

ツイッターのコメント(59)

「低賃金」で「便利さ」を実現する担い手として外国人が注目されてるのが何とも救いがないなぁと思う昨今。>「『ガスト』『ジョナサン』などを運営するすかいらーくホールディ…」
そもそも、ただの格安業態は長期的にみて、経済成長への貢献率は高くないよね。時間の問題だけでは無く、全体コストも含め、設計の見直しが必要かな。
貧しさの象徴か...。
人を使って便利にするんじゃなくて、テクノロジーを使って便利にしたほうがいいよねって話
"ほとんどの日本人は、ファミレスやコンビニの24時間営業を「豊かさの象徴」と捉えている。"
とあるけど、これまでそんな風に考えたことが無かった
便利の奴隷とはよく言ったものだな。
「日本のコンビニやファミレスは安い価格で高い品質や高いサービスを提供すると外国人も大絶賛している!」なんて怒る人がいるのかというのが一番の疑問。 / -
はなから安くて高い品質じゃなくて、高いだけなのに、労働賃金上げて儲からないと思ったらそんな商売止めろよ、と思ったりもする。誰かの犠牲の上に立っているのだから。
まぁ低賃金だから成り立ってるだけだよね…。どちらにしても人件費は上げてった方がみんな幸せな気がするけれど。
> 始発までの時間つぶし、深夜の仕事や勉強など、現代人のライフスタイルになくてはならないファミレス

ここで違和感を感じた。そうだったのか・・? / ビジネスオンライン)
「ネットフリックスなどの動画配信サービスのような、テクノロジーが生み出す『便利さ』は社会を豊かにしていく。…会員数が爆発的に増えてもブラック労働は増えない。…しかし、コンビニやファミレスのような「便利さ」は…『低賃金労働者』が大量に必要になる」
-
「断っておくが「24時間営業」をするなと言っているわけではなくて、「奴隷」を使う便利さの追及をもうやめるべきだと」
奴隷バイトは田舎に行けばまだいる。
景気が悪かろうが、人がいなかろうが、前年オーバーの予算を組み前年オーバーの売上げと利益を得ようとすれば、どこかで息切れするよね。

外国人労働者を受け入れて、高齢者を受け入れて、どこまで突っ走るんだろう?
単純に24時間営業の便利さは、どこもかしこも便利な訳じゃないよ。
寧ろ、殆どの場所は深夜2時にやってなくても何にも困らないんだから。
ふと思ったが…
24時間営業で深夜働くって、生活スタイルが基本的には逆転する…まぁ昔はしてたわけだけど…
そうなるとその人達が動く時間に開いてる店が必要となる。
で、その人達がいなくなると…
Netflixだって、裏で深夜に働いてる人いると思うけどな。
Discover(Google)から
どこの日本人が24時間営業を豊かさの象徴と捉えてるって?データがあるなら数字で示せよ。働けば賃金は要るし、費用対効果がマイナスならそれはただの赤字だ。それでも営業してればただのボランティアやろ
やはり「24時間営業」はやめなければいけない、勘違いな理由(要約)
コンビニもファミレスも24時間営業を考え直し始めている今になって、24時間365日対応を始めようとしているウチのトップに誰か突っ込んで欲しいわ…
豊かさ=便利さでは無い。ね
なるほど、言われてみれば
アマゾンなどのインターネットショッピングも配達する人の犠牲の上に成り立っているので、こういうサービスも厳しくなっていくんですかね。
>
日本はほんとにデフレだね。安く物やサービスを売るために低賃金で人を雇う。それでも求められるものは高いからストレスも大きい。。
豊かさの象徴とか思ったこともなかったわ
最後まで読めば納得できる記事だがタイトルが良くない。24時間営業を否定している記事ではないのに、コメントでは24時間営業の批判ばかり。それは問題の解決になっていない。働き方改革でサービス時間を減らし、消費者の生活を不便、犠牲にしてはならない。
│ ITmediaオンライン



"「24時間営業」とは、日本経済が低空飛行を続けていくなかで生まれた「貧しさの象徴」なのだ"
頑張り頼りは期待を裏切るの事例の1つかもしれないな。
興味深く読了。『高給で利益がでる収益モデル』が確立したら、24時間営業の店舗も戻ってくるのかも?
全くその通りです。 低賃金が低賃金同士で苦しめあっている。
経営者と消費者の「便利」その奴隷が低賃金労働者。人口減少国で成り立つわけがないわな
なるほどなー。24時間営業は「貧しさの象徴」だと。低賃金の上に成り立つ仕組みだと。そうだよなー。夜開いてるお店があってもいいけど、だったら昼は休むべきよね。 ―
「選択と集中」も言われて久しい。
低賃金で24時間営業を維持するビジネススタイルはもう止めた方がいいね
ロイヤルホスト、やっぱ凄いな。
消費者の便利が進めば進むほど、「便利の奴隷」が増えていく
便利の奴隷かぁ・・・(´・ω・`)

(4/5) - ITmedia ビジネスオンライン
「低賃金労働」をベースとした「便利さ」
当たり前のことだが、深夜営業って割に合わないよね。
そのかわりネットフリックスは労働需要も産まないし、どっちかというと貧乏人の暇つぶしでしかないような→
これだよ!核心をついている。
便利さの対価が見合ってない理由は、単に安売りした事による自爆という事
便利の奴隷ねぇ。うまく言ったわな。24時間営業は、不況の象徴ということでした。
今の日本人寛容性ないし、不便を受け入れるなんて絶対しないから解決しないね。みんな限界越えて完全崩壊するしかないだろ。
なんで画像がパンケーキなんだろ?
こういう流れの中でどんどん増えてる24時間ジムってこれからどうなるのかな?
24時間営業は貧しさの象徴。面白い。
記事全体には同意。ただ「勘違いな理由」そんなこという人がいるの?という印象は拭えないなあ。
あと、せっかくしっかりとした論調なのに「ディスる」という表現があったことが残念
五輪期間に外国人が宿代わりに使う可能性を潰す狙いもまことしやかに。深夜で手薄な人員で外国人に騒がれて物壊されたりしたら大損害でしょ。24時間営業止めるのはありかと思う。
これはネット記事では珍しくちゃんとした内容。
昔みたいに若者がいるわけでもないしね。
確かにそうだと思う
効率化の反対なだけ
消費者は、いつでも、安く、品質の高い商品やサービスを利用することができるが、それを供給するための「低賃金労働者」が大量に必要になる。つまり、消費者の便利が進めば進むほど、「便利の奴隷」が増えていく現象が起きる
低賃金奴隷が報われる日は何時ぞや…
「早くて来世」なんだろな…
技術 対 低賃金の労働力は水道管にバケツリレーで対抗するようなもんよね。
東京に来てる友人と顔を合わせてゆっくり話せるのは深夜だけ。そんな私には痛手だけど、いやいやコレかなり特殊例だから!夜は暗くていいのだ☺️
やはり「24時間営業」はやめなければいけない、勘違いな理由(要約)
以上

記事本文: やはり「24時間営業」はやめなければいけない、勘違いな理由 (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

いま話題の記事