TOP > 政治・経済 > SNS担当者は「中の人」から「そばの人」へ? そのために知っておくべき「3つのM」とは (1/3) - ITmedia ビジネスオンライン

SNS担当者は「中の人」から「そばの人」へ? そのために知っておくべき「3つのM」とは (1/3) - ITmedia ビジネスオンライン

SNSは、今や必要不可欠な存在となっている。企業側も、マーケティング手法の一環として活用するのが当たり前の時代になってきた。消費者との新たな関係性を築ける一方で、いわゆる「中の人」がトラブルになったり反感を買ったりしてしまうケースも。電通メディアイノベーションラボ主任研究員を務め、SNSに詳しい天野彬氏は、これからの企業SNSは「中の人」よ...

ツイッターのコメント(25)

✔︎「Monitor(観察すること)」
✔︎「Mingle(交流すること)」
✔︎「Measure(測定すること)」

この中に『自分が言いたい事を言う』が入っていないのは、よく噛み締めた方がいい
そんなんで必要な考え方!
@y_b_s_y さすがです...!!
完全に釈迦に説法ですが、最近読んでおもしろかった記事です〜
 そのために知っておくべき「3つのM」とは
“Twitterは世の中の話題を知り、会話に加わるために「広場に出掛ける」感覚、Instagramはその人の趣味や世界観を知るために「家に遊びに行く」感覚、そしてFacebookは社交的でフォーマルな会話が飛び交う「知った人が参加するパーティー会場に出掛ける」感覚”

例えが秀逸。
「」… だと…!? これは、つまり… 妻有そば( @tsumarisoba )さまこそがその体現者‼️ えっ、違う⁉️😳
> (ITmedia)
企業SNS運営の方針は「3つのM」がキーワード

・Monitor 観察
・Mingle 交流
・Measure 測定
SNS運用担当が知っておくべき3つのM
SNSマーケティングの大原則はGIVEの実践

確かにGIVEを与え続けないと継続的に見てくれないよね。
だからユーザーが何を求めているかを観察して、提供する。その結果どういう反応があったのかを検証して、次に活かすを繰り返す。
それが担当者がやることなんだと思う。
お邪魔しますという感覚🙇‍♂️
そばの人って、しっくりきてる。「中の人」=SNS担当という意味のネットスラング的に使うけど

そもそも、自分は中でユーザーさんは外の人みたいなニュアンスに違和感があったことにきづいた。
うん。PHP研究所広報も「中の人」より「そばの人」でありたいです。どんなときもいますから。お邪魔にならないように、そこそこにね😊
いま、アタシがやってることに近い鴨。そばにいるよ|д゚)チラッ
「3つのMは、まず「Monitor(観察すること)」、そして「Mingle(交流すること)」、最後に「Measure(測定すること)」です。」

意識しながら投稿することは大事ですが、中小企業だと一人でウェブ担当していることが多くあると思うから、普段の業務プラス投稿はしんどい。
Monitor(観察すること)
Mingle(交流すること)
Measure(測定すること)
特に『交流』はSNSの強みを活かした手法なので大事にしたい。

企業SNS運営の方針は3つのMがキーワード
Monitor(観察すること)
Mingle(交流すること)
Measure(測定すること)
そばの人とのこと。

SNSをこれから始める企業様にとってわかりやすいですわ
天野さん(@akira_amano )の
『SNS変遷史-「いいね!」でつながる社会のゆくえ』
は本当におススメの一冊です。
3つのMは、「Monitor」「Mingle」そして、、

程よい距離感で楽しくためになる交流ができるといいですよね(・∀・)
・Twitterは世の中の話題を知り、会話に加わるために「広場に出掛ける」感覚
・Instagramはその人の趣味や世界観を知るために「家に遊びに行く」感覚
・Facebookは社交的でフォーマルな会話が飛び交う「知った人が参加するパーティー会場に出掛ける」感覚

なるほど
基本的だけど分かりやすくて良記事だった こういうのは基本が大事よねぇ -
SNSのわかりやすい特長まとめ記事

・Twitterは世の中の話題を知り会話に加わるために「広場に出掛ける」
・Instagramはその人の趣味や世界観を知るために「家に遊びに行く」
・Facebookは社交的でフォーマルな会話が飛び交う「知った人が参加するパーティー会場に出掛ける」
以上
 

いま話題のニュース

PR