TOP > 政治・経済 > ホリエモンが「東大卒ブランド」を捨てた理由――私はこうして起業家人生をスタートさせた (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

ホリエモンが「東大卒ブランド」を捨てた理由――私はこうして起業家人生をスタートさせた (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

本当にそれは必要ですか? 経営者としての「ホリエモン流」人生哲学。ビジネスにまつわる「捨てる」ことの意義を、3回に分けて紹介していく。前編は東大を中退し起業家人生をいかにスタートさせたのかをお届けする。 (1/5)...

ツイッターのコメント(14)

これからの時代学歴は必要でしょうか?
仮に必要だったとして、卒業は必要でしょうか?
まだ学生の人は今改めて考えみても良いかもしれませんね。
子供が大人になったような人だ(もちろん良い意味でね)。
ホリエモンが意外とスピリチュアルというか哲学的なこと言ってて驚いた。自己啓発的な人かと思ってたら意外と日本人的な流れに任せる運命論者。

この人がトップになったら日本もワンチャンあるかも。このくらい胆力があってドラスティックじゃないと遅れは取り戻せない
「捨てる」という行為は意外と難しいことなのですよね.私もまだ色々と捨てないと.
「水が低きに流れるように、自然に身を任せる」って、俺の前職の元社長(超堅物で業界の重鎮)と同じこと言ってる意外
卒業しておけばよかったと悔しくなるときがあるよと知人に言われたこともある

アドバイスとしては受け止めるが起業以降、一度たりとも後悔はなかった

そして数年後の1999年には、馬主になる夢をかなえられた

人の意見など聞かないものだと心から思った

@takapon_jp
Discover(Google)から
捨てることに対するためらいのなさや、「自分のなかの流れ」について、すごく共感。実はオン・ザ・エッヂの頃に仕事ですれ違ったり、同い年だったりして勝手に身近に感じている。
東大生からしたら、ホリエモンに東大の名前を語られる事自体嫌な人もおるやろうな。
嫌々働いている人より楽しいと思うことを一生懸命やってる人の方が輝いてるし、人もお金も集まるよね。

余計なものは脱ぎ捨てて生きていく方がこれからは大切になる。

@takapon_jp
堀江貴文の『捨て本』【前編】::
(5/5) - ITmedia ビジネスオンライン
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR