TOP > 政治・経済 > 「ホウレンソウ」は、もう古い? 結果を出すチームの習慣「ザッソウ」とは (1/4) - ITmedia ビジネスオンライン

「ホウレンソウ」は、もう古い? 結果を出すチームの習慣「ザッソウ」とは (1/4) - ITmedia ビジネスオンライン

「会話する時間もなくて、チームがギスギスしてきた」「成果ばかり気になって、助け合いができなくなった」「アイデアが出なくなり、新しいことに挑戦していない」――。こんな時こそ「ザッソウ」の出番! (1/4)...

ツイッターのコメント(75)

Working out loudってザッソウ(雑談+相談)に通じるかもと思ったり
若手はリモート環境だと質問しずらいらしい。
隣にいれば聞けるけど、わざわざ聞くのはと思うらしい。
魂で気軽に聞いてこれるようにしてみるか。
は上下のコミュニケーションも変えるべきだ。
(3/4) - ITmedia ビジネスオンライン

うちの父もそうだが「くだらない話は聞きたくない。本当に重要な相談なら聞いてやる」なんてやつに重要な相談なんかしねえよバーカみたいなところはある。
前職場はこれでした!
繁忙期は昼休憩も取れない状態。
責任者とは溝が広がるばかりで同僚は皆会話を避けるように。
同僚同士でも不調和音が。
責任者や会社への不信感も退職した理由の1つですねぇ
@blashee ホウレンソウが昭和っぽいねw
こういう何気ない繋がりが大切ですね。#雑談
確かにこれわからんでもないね(´ω`)
ホウレンソウではなくザッソウ!
たしかに🤔
これは非常に分かる。何が報告・相談すべき事項であるかって、非ルーティン的な仕事だと自明じゃなかったりする。雑談の、大半がどうでもいい話の中に、価値があると話者は認識していない情報が混じっていたりする。 / “ 結果を出すチーム…”
働き方改革でリモートワークでOK、出社する必要無いとかあるけど、ザッソウが出来なければパフォーマンスは下がる一方。
別に飲み会じゃなくてもこれやっとけばええねん、と私は思う
でもフロアのそこかしこで雑談されたらうるさいし。
これを実践してるチームにも、良く思わないチームにも所属したことあります。職種の違いはあれど、納得の記事。
いいね、「ザッソウ」。

雑談と相談を分けないから「ザッソウ」 /
単に正しい効率化が出来ていなかったというだけの話。結果を出すのに不要なものを取り除こうとした所、必要なもの(今回の場合はザッソウ)まで取り除いてしまったというだけの事。システムとか製造の現場ではよくある事でこういう場面でカイゼンとかいう話になる。
雑談+相談、雑に相談でザッソウ…、知らなかった。でもいいかもしれない。というか、僕がよく社員とコーヒー行ったりしてやってるのってこれか。
私は雑談と相談はかなり重要視してるけど(そもそも雑談できない相手に相談なんぞしない)この辺本当に難しいと思うわ。もう雑談なんてできる雰囲気ではなくなってしまった組織にいる。
雑談とか1on1の重要性はよく目にするし認識していたけど、ザッソウという言葉は認識していなかった。

(1/4) - ITmedia ビジネスオンライン
「ホウレンソウはもう古い?結果を出すチームの習慣はザッソウ」なんかキャッチーだなと思って読んでみたら...
「独りよがりで考えるのをやめて思い切ってメンバーに相談してみた」「雑談と相談の大事さに気が付いた」と書いてある。ですよねー
「結果」は、どんな方法を使っても出ない時は出ないものです。実は「普通に・自然に」がとても重要なのではないでしょうか。言いたいことが「普通に」言える。話したい時に「自然に」話しかけられる。そんな組織なら、自ずと「結果」にも繋がっていくのではないかと思います。
雑談力が高い人は色々なことに興味を持てる人ですよね
色々なことに興味を持つから雑談の引き出しも多いし、色々な人にも興味を持つから色々なメンバーと話ができ、ネットワークも広がる
これからのビジネスマンに必須なスキルな気がします
確かに!
面白い!!
おはようございます☀

効率化ばかり突き詰めて、疲れちゃったという方にいい記事かも!

❇️雑談❇️

なんでもない会話から、アイデアが湧いたり相手の考え方がわかったりしますよね😊
そういえば、私も内容を整理してから持ってきて、と言われたことが何回かあります。
私は人の話がまとまってなくても、一緒に問題や重要な点がクリアになるようにサポートするつもりで相談にのってます。突き返されると、結構辛いのは私も経験してるので
本当これ。
雑談しやすい受け手の空気作りも大切ね!
前はタバコミュニケーションで雑談してたけど、それがなくなって、ランチミーティングに。もっとライトな感じで雑談できる雰囲気が必要やね
雑談+相談。 /
心理的安全性にもつながりますよね。ここ数年痛感していることです。雑談しやすい環境と同時に、集中する環境も整備することも大切だと思っています。インフラ整備はコストがかかるなぁ。
良くわかります

報告は大体自分に少し都合の良いように書き換えるからなー
相談ハードルを下げるための雑談。
効率化という言葉はいろいろなことを排除してしまったけど、大切なことが見つかってきたのかもしれない。 /
から


心地よい、魅力的な雑談がひととひとをつなぐことを私も日々実感しています
なるほど、ザッソウ。
P3の相談と雑談の図解がとてもわかりやすい。1on1が浸透してきているけど、大きなテーブルで仕事をしているメンバーが数人を巻き込んでちょっとの雑談が出来る雰囲気、空気感もチームを強くすると思いました。
雑談と相談でザッソウ
別に報告と連絡が排除されたわけではない。

チームの大きさにもよりますが、部下に合わせたマネジメントは必要ですよね。私は無駄のないマイクロマネジメントされるのは苦手です。
仕事でも何でもホウレンソウ(報告・連絡・相談)が大事だが、長時間労働削減や生産性向上を求めていく上で大事になってくるのはザッソウ(雑談・相談)という考え。賛成◎面白い記事。
ザッソウってはじめて聞いた。
確かに雰囲気の良いチームは雑談、
相談多いかも。
最近社内でみんなそれぞれ1on1しててめちゃ良きなので、これは本当にそう!月1で皆と1on1したい…🥺✨

おおお✨✨✨と思ってChatWorkで共有したけど、こんな夜に送ってto付けてないから大丈夫と思うけどもし万が一通知鳴ってたらすみません…という気持ち‥😭大丈夫だよねね
なるほどー、そのザッか
たしかに普通にこのほうが色々円滑に進みそう /
ザッソウも遅すぎでしょ。
ソッコウで良くない?

即決→行動
雑談+相談=「ザッソウ」

雑談と相談の明確な境界線はない。

雑談のできる環境こそ、気軽に相談できる環境となる。
雑談と相談でザッソウ
これはやられた感じがする
ホウレンソウが古いっていうのは15年前から本に書いてあった気がします。記事にもありますが「雑に相談」が大事で、リーダーはそれが出来る雰囲気作りをしなければなりません。
納得。雑談の延長での相談て結構あるかも。
「生産性」「効率化」って
必要な時間までも奪ってしまいがちだよな…

「雑な相談」が出来る関係性を
多く作れるかって、今後のキーになると思う。
最近の流行はホウ・レン・ソウ、
ではなくザッソウのようです。
これ分かる。雑談禁止にすると雰囲気悪くなる。雑談できる間柄大事よ。 /
HATASHIAIはザッソウしかない!
船井財団「グレートカンパニーアワード」にてユニークビジネスモデル賞を受賞。会社経営においても、全社員リモートワーク、本社オフィスの撤廃、管理のない会社経営などさまざまな先進的な取り組みを実践。2018年には「...
八宝菜というのはチンゲン菜の仲間の野菜なんだろうなと思っていた子供時代。 /
もっと見る (残り約25件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR