TOP > 政治・経済 > セブンティーンアイスが大躍進 34年で激変した自販機の“設置戦略” (1/6) - ITmedia ビジネスオンライン

セブンティーンアイスが大躍進 34年で激変した自販機の“設置戦略” (1/6) - ITmedia ビジネスオンライン

121コメント 登録日時:2019-05-24 05:50 | ITmediaビジネスキャッシュ

自動販売機で売られているセブンティーンアイス。自販機の設置台数が過去最高を更新している。成長を可能にしたのは時代の変化にあわせた“設置戦略”だ。 (1/6)...

Twitterのコメント(121)

例の自販機で売ってるアイスに、こんなにも戦略が組まれていたとは。
プールから出たら、子供たちがいっぱい!このアイス食べてた。→
応援してる! →
以前はよく食べてたな、時代の変化に対応しているんですね/
江崎グリコ「セブンティーンアイス」が大躍進。
最初はボウリング場などのレジャー施設が中心だったが、売店でアイスを扱えない駅や、学生満足度を上げたい大学等にも設置されるようになってきているとのこと。場所によって品揃え変えているのが面白い。
西武線だとホーム内に普通に見かける。最近はアニメ作品のプリントがしてあったり。自分は買った事がないけど売れているんだな。
17アイスが最も売れる場所は東京の「アクアパーク品川」という水族館だが、2位と3位はそれぞれ姫路城と大阪城だ。また、関西地方で最も売り上げの高い自販機は関西国際空港駅内にある。
こんなに頑張ってたなんて…すごいや。
確かに子供の頃はグレープばっか食べてたわ。今はチョコミント一択です。
息子のスイミングスクールや、公営プールに行くと見かける 。

泳いだあとは格別に美味しいんですよねー。
前の職場にあったので夏場はよく買いました>
近所に自販機あったので暑い時期には時々利用してたけど、この春になくなってた。たまに食べたくなるな。
最近17アイスを駅で買ってしまうな〜と思っていたら、完全にメーカーの戦略にはまっていた🍦

>知られざる進化の歴史
食べたくなった、勉強に買ってみよ
勉強に。
時代に合わせたマーケティングで成功
マーケティングの教科書のような印象をうけた /
(5/6) - ITmedia ビジネスオンライン
公園で食べたのは美味しかったわー!
設置場所重要は、基本だけど、だからこそ見落とすんだろね
自販機でしか買えないという特別感もあるとは思うが、下手なコンビニ売りのアイスよりも手堅く、はずれないという安心感はあると思う。チーズケーキ系のアイスはスーパー系では全然みないので、その辺りも強い。 /  34年で激変した自販機の“…”
あれグリコだったのかずっと「セブンティーン」って会社だと思ってたよ… /
へぇー!設置台数が過去最高なんや。たしかに駅でよく見るかも。 /
価格違うのシランカッタ
記事の内容は興味深いのだが文章が滑っていくようで読みづらい。同じ音の文末表現が続きすぎているからかな。
<自販機の価格を決めるのは設置先だ。江崎グリコの推奨売価に基づくが、場所によって同じ商品が50円~60円の売価差で売られていることもある>

あれはそういう風に決めていたんだ。
セブンティーンアイスはチョコミントが美味しい(近年チョコミントはブームになりましたが)。 /
何にもない駅で、これがあってホッとしたこと何度かあった。馬鹿にされようが叩かれようがチョコミントは譲れない。 /
いても行っている献血ルームに設置されてます。献血後にひとつ無料で貰えます。夏の楽しみのひとつです…🍦
今日は東京でも今年初の真夏日になったようですね。
暑い日にはアイスが食べたくなるもの・・

そんな今日は、昨年度設置台数が過去最高を記録した、アイスクリーム自販機の”設置戦略”について。
設置場所や季節によって変化するニーズに合わせて商品投入しているそうです。
値段や種類って設置先が決めてたのか -
@matilda_senpai 場所によって値段が違うらしいですよ。
設置場所によってアイスの配置や価格が違うって知らなかった。風味の戦略とかも、すごい細かいマーケティング。
「17アイスのフレーバーは全22種類」そんなものだったのか…!もっと何十種類もあるように感じていたけど、それは新製品と入れ替わっていたからなのか…。近所のイオンでは31アイスと併存しているので強い。住み分け。 /  34年で激変した自…”
自販機販売に限定することで、土地に縛られないビジネスモデルが出来上がる。コレおもしろい!
スイミングの帰り買ってたわ。 /
そういう仕組みだったのか。なるほど。 /
種類が多くて選ぶ楽しさがあるよね。介護施設や病院はどうだろうか。既に置いてあるかもしれないね。
ホント大躍進だわ^^
おいしいよね。
ほほう(タチバナっつら
設置場所を変えて時代の変化に対応
最初はショーケース販売だったんですねー
知らなかったなぁ……
面白い。が、業績が頭打ちになってから、再び伸びてからの戦略の差分が知りたい。無料設置モデルとかは最初からのような気もするし…
アクアパークのあれ反則だろ買いたくなるわ思ったら1番売れてた。やっぱ海水近いから食べたくなるのかねー。
日本で一番売れるの、 @maxellJP さんの品川なんですね~
早速つぶつぶレモン食べた
▶スゲー迷惑だから片っ端から撤去していただきたい😩
自販機の前を通る度にイチイチ子供が『アイス!アイス!』ってウルサイ😤
おいしいよね
テニスの後なんかついつい食べてしまう。。。
セブンティーンアイス、昔から好きなので、地下鉄の駅で待ってるとたまに買っちゃうwww

酒飲んだ後終電待ってるときとか、美味しいんだよなぁ。
昔はアイススケート場の近くにあったのよく買ってたけど、そこが潰れてほどなくなくなったなぁ。
最近食べてないけどスティックの3つ穴の感覚は舌がまだ覚えている。 /
最近食べてないけど、 って美味しいのよね〜🍦😋
売上の上位に姫路城、大阪城、関西空港が入っているそうです。ただいずれの場所も観光地なので外国の方も良く利用されているのかなぁ。
(´-`).。oO(ココ1〜2年で急激に増えたような気がするけど記事の内容は大した事が書いてなくて残念。「急に」増えた要因を知りたいのに。
幼少期通ってたスイミングスクールと高専在学時にはお世話になった。
(5/6) - ITmedia ビジネスオンライン
たまに買いますよ😁

場所によって販売する値段が違ったり、販売するまでの過程など勉強になります。
どこにでもあって、高校生の頃とかはよく買って食べてたなぁ /
ここポイントですね。

----------
17アイスは、コンビニや量販店で販売されているアイスと違い、お客が食べる具体的なシーンを想像しやすい
----------

想像できるからマーケティングしやすくなると。設置戦略はもちろん、ターゲットを考えた商品開発・改良がすばらしいです
セブンティーンアイス、美味しいよねー。急に暑くなると売り切れ続出してて、買うもん無いの。自販機のある駅のホームで途方に暮れたことある。
久しぶりに食いてえな。ボーリングとかビリヤードにあるやつつい買ってまう。
(ITmedia)

うちの近所のスイミングスクールにも、この自販機があります

子どもさんにはオアシスでしょうが…
ダイエット目的で通う大人には、目の毒😅
これね、この前のスイミングのときも2歳ちゃんに買わされたよ。上の方は高価格帯なので抱っこでも見えないように (;^_^A
昔からあるんだよな。私も同じプールの帰りに17アイスだったので、アカン!とは言えず、今日はお財布ないの...で何回か凌いでる。
スイミングスクールに通ってた頃
毎回終わりに親に買って貰ってた。
どうしよう、おっさんなのにあると買っちゃってるわ…→ "17歳の女性がメインターゲット" - -
献血ルームに置いてある。。
そういえば子供の頃、夏休みの市民プールに泳ぎに行ったあとは、いつもセブンティーンアイスを買って食べていた思い出。なつかしい……。

あと、姫路城と大阪城が売上の2位3位というのにびっくり。ほえー。
駅にあるので時々買ってる😃

あの自販機に、こんな歴史、こんな秘密、こんな工夫があるとは。
すごく面白く参考になる記事。
よく見かける自販機の 地味で丁寧なリサーチとアップデートを繰り返してきた 氷菓ならぬ成果ってことね :P |
ターゲット層は17歳女性ってマジか……。買ってる人みるのぼくも含めて疲れたおっさんばっかりだけどなー。駅だからか。そりゃそうか。
なるほどなー。昔よく買ってて17アイスの棒を歯で曲げるのが好きだった。
商品にこだわり抜いた末の成果なのだな。「あーソコにあるよね」と認知されてる自販機って、随分と減った気がする /
(4/6) - ITmedia ビジネスオンライン 姫路と大阪は関西ではない…?
「17アイスが最も売れる場所は東京の「アクアパーク品川」という水族館だが、2位と3位はそれぞれ姫路城と大阪城だ。」
確かに暑い時や疲れてる時に駅のホームでこの自販機見かけると買いたくなる
こういうの読んでるとまじでうち滅びるしかないと思う
自分セブンティーンの時はゲーセン寄り道してよく食ってた。
最近じゃ学校にも設置されてるって事を知りますた
息子も好きになってきたので、あとで読んでみます
子供の頃の休日。
父親と山鹿温泉に行って温泉上がりに食うセブンティーンアイス。
当時からチョコ系ばっかり食ってたなw

あの旨さたるや(>ω<)
市場の変化に合わせて、メインチャネルの自販機の設置を変えていった。

ボーリング場 (85年の設置第一号) やホームセンター、家電量販店
→ 公園、温浴施設、スポーツ施設、レジャースポット
→ 高校、専門学校、大学、駅。観光地 (外国人)

設置場所で商品も変えている。
バニラ味が好き過ぎて毎回買ってまう。
セブンティーンアイスはあるとホッとして買ってしまうので、これからもがんばって欲しい
上野東京ラインのグリーン車に乗る時にアイス自販機があったらついつい買ってしまうんよね。
応援してる❤(〃ω〃)www
17歳ターゲットは初めて知った。メインターゲットでないが自分も好きでよく買う。他のビジネスにも応用出来そう。
これを機にセブチをCMキャラクターにすると良い♡
面白い記事でした。これからの時期向けの散歩コースにあるので、久しぶりに食べよかな。個人的にはコーンタイプのが好きです
確かに場所によって値段違うんだよなぁ、
行きつけゲーセンは価格安いけど、
奥日光湯元温泉の足湯の隣にあるのは高いんだよな(笑)
うちの生協食堂にもある。
17アイスはサニックスワールドユースで海外からの学生たちにも大人気でした。みんなスタンドで美味しそうに食べてた😆
上田城跡公園の芝生広場脇の自販機から最中が無くなったのは、客層が若年化したと判断されたからかな?
大好き。アイス好きな私にピッタリでお店と違いすぐ親にねだれるのがよかった。大人になってからもよく買う。そろそろ娘もデビューさせよう。設置場所で値段が違うのね〜
すぐ溶けるので買わなくなったなぁ。
生まれて初めてチョコミントアイス食べたのって17アイスだった気がする。そのせいでチョコミント好きになってしまった。
こういうの大事やと思う。
「開発者たちは実際にスーパー銭湯でお湯に漬かった後、自販機でアイスを購入して味を確かめる。」
17アイスが最も売れる場所は東京の「アクアパーク品川」という水族館だが、2位と3位はそれぞれ姫路城と大阪城だ。
温泉旅館にあるイメージ…そして、子どもが寝た後に旦那とこっそり食べる楽しみ(笑)
子どもの頃よく食べた。ミントが好きだったな。メーカーの工夫が見れて面白い記事でした。
結構食べます!
名古屋遠征の帰りの乗換時に毎度必ずついつい買ってる。
もっと設置増えてくれたら嬉しいなー
自分はいつもと違うときにご褒美感覚で買ったりするな。
17アイスが最も売れる場所は東京の「アクアパーク品川」という水族館だが、2位と3位はそれぞれ姫路城と大阪城だ。また、関西地方で最も売り上げの高い自販機は関西国際空港駅内にある。

→私の日本語の読解力がないのかな?
うちのお子達もこれが好きなんだよねぇ。めざとく発見して購入を迫られる…www
おもしろいなー
広告ほぼしないけど、マーケティングの4Pの中で「プレイス(チャネル)」を重視してるセブンティーンアイス。

ブランド名は知られてないけど駅やプールの「アイス自販機」と言われると頭に浮かぶ。設置台数が過去最高を更新中らしく絶好調。アイス食べたい
「マーケティング担当者は「水で遊んだ後に食べるアイスはおいしいと感じる人が多い」説明する。」
>自販機は無償で設置
>電気代は設置先
>売り上げは江崎グリコと設置先で分け合う
>設置場所によってアイスの種類と価格が違う

アイス会社がおく自販機、面白いビジネスモデル。

> 34年で激変した自販機の設置戦略 ITmedia
確かに以前は見ない場所で見るようになっているなぁ
東京に越してきて、すごく気がついたこと。
乗換え駅に自動販売機があって、仕事で遅くなった時に「今日は頑張ったから〜😋」って買っちゃう…まんまと戦略に…w
学校や駅、お城などの観光地やプールなど、誰のどんな時のお困りごとをアイスを通じて解決するのか?がそれぞれわかりやすく、かつその変化が非常に多くて面白く参考になりました。
美味しいですよね。
子どもたちも大好きです。
公園とかでねだられる。
スイミングスクール帰りにグレープシャーベットを買うのが好きだったなあ。 /
ターゲットが17歳だから、セブンティーンとは知らなかった。

自販機を見ると子供はいつも食べたいなぁとつぶやきます。無視してますけど
以上

記事本文: セブンティーンアイスが大躍進 34年で激変した自販機の“設置戦略” (1/6) - ITmedia ビジネスオンライン

関連記事