TOP > 政治・経済 > ITmediaビジネス > トヨタ ハイブリ...

トヨタ ハイブリッド特許公開の真実 (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

21コメント 登録日時:2019-04-15 08:00 | ITmediaビジネスキャッシュ

トヨタは、得意とするハイブリッド(HV)技術の特許(2万3740件)を無償で提供する。しかし、なぜ大事な特許を無償公開するのか? トヨタの狙いと、そしてどうしてトヨタが変わらなければいけなかったかと解説する。 (1/5)...

Twitterのコメント(21)

トヨタの特許公開についての記事。HV/PHVで今後20年はCO2に取り組むしかない自動車業界の現実を素直に取材しており好感が持てる。

Vehicle ElectrificationとElectric Vehicleの違いは重要です。市場はElectruficationであって、Electricではないということです。...
この記事読んで、燃料電池車のコストも無いしアメリカにおけるEVの販売台数も無い。。。現状はどうなっているのか全くわからない、こんな記事意味あるのかな??
ガラケーとスマホの話に置き換えると、iPhoneが日本に来た当初、アップル信者に行き渡った後は売れなくなり、補助金を増してタダ同然で配ってようやく火が付いた事を鑑みると、EVはまだまだ補助金が足りないだけって事になりますな。
(4/5) 「日本ではあまり知られていないトヨタの危機があった」 - ITmedia ビジネスオンライン
やっぱりプロフェッショナルサービスを用意していて納得。/// 特許を単純に公開するだけではなく、有償とはいうものの、それをクルマにフィッティングさせるノウハウも開示するという。
2010年。北米でプリウスが大規模リコールを引き起こし、トヨタに対する公聴会が開かれた。
対応が後手にまわって印象を悪くしたトヨタは、公聴会で何をどう説明しても「ウソをついている」と言われ、一切信用されないという恐怖を味わった。
競争の仕方自体が変わってきたということか?
地球温暖化……。

……真犯人は、畜産業だという……🤔
@SkylinerR154 ハイブリット特許公開の裏側は?
毎週毎週勉強になるなぁ
そうなんだ --
さすがちょっと褒めすぎと思う。
が、ヨーロッパやアメリカのルールチェンジャーぶりを先に見越してのものだと言うのは確か。
EUは偉そうな事言う前に石炭火力とディーゼル何とかしなはれ。
トヨタの特許公開に関する分かりやすい記事ですが、一番琴線に触れたのはここ!

プリウス大規模リコールの時「一人の米国人女性エンジニアが「私が証言する」と自ら申し出て、証言台に立った(中略)彼女の熱弁によってトヨタは救われた」

この映画にできそうな胸熱展開…!
そうあって欲しいとは思うんだけどね
トヨタ系の調達ってそうじゃないんだよね
思っていたことを全て書いていてくれた記事
しかし一部メーカーのEV信者は、トヨタはもう終わりだと騒ぎ立てている
池田直渡さんの文章、好きなんだなぁ。
もっと先を見ていると思うぞ。確かに説明している理由も無いわけでは無いだろうが。
//
以上

記事本文: トヨタ ハイブリッド特許公開の真実 (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

関連記事