TOP > 政治・経済 > ITmediaビジネス > 「佃製作所はやっ...

「佃製作所はやっぱりブラック企業」と感じてしまう、3つの理由 (1/6) - ITmedia ビジネスオンライン

189コメント 登録日時:2019-01-08 08:41 | ITmediaビジネスキャッシュ

ドラマ「下町ロケット」の特別編が放映され、14.0%という高視聴率を叩き出した。多くの人がこのドラマを見て胸が熱くなったかもしれないが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。ドラマの内容を考えると、「日本の未来に不安を感じる」という。どういう意味かというと……。 (1/6)...

Twitterのコメント(189)

たしかに。。思いあたるところあり。。。
ブラックだよね。次は労基に指導を受けてホワイトになるまでを物語にしたらいい。
フィクションに一々ケチつける仕事なんて嫌ね〜
エンタメとしては正しいけど感化される愚衆は嫌いだよ!って文脈きらいじゃないよ
ドラマなんだから、フィクションなんだから、どうでもいいじゃん。

下町ロケットに影響されてブラック企業が増えたらどうするって騒ぐのって、アニメやバラエティの影響が子どもに〜って騒ぐのと同じレベ...
だから下町ロケット見ないんだよな。
オデッセイ(火星の人)と真逆の対応なんだもん。
ドラマなんだし、面白いんだし、それでいぃじゃん
家族が観ている横で指摘したら嫌な顔された視点(^_^;)
私も、佃製作所のブラックさ加減はずっと気になってた(笑)
どっかで見たような光景ですね
一つ目の手口はワタミが有名。コンビニのフランチャイズも要注意。→
「所詮はフィクションのドラマ」だと認識している人のほうが多いと思います。
ただ無気力な上司や定時に帰る上層部がいる会社よりもこの佃製作所で働くほうがずっと自分のためになると思う。
スピン経済の歩き方「佃製作所はやっぱりブラック企業」
「フィクションにツッコんでも…」と思いつつ、俺も同じ印象を持ったなぁ。平成最後になんて昭和的なコンテンツなんだろう、と。そもそも1で「純国産製品」に拘る始点から時代錯誤してたか。

「佃製作所はやっぱりブラック企業」と感じてしまう、3つの理由(ITmedia)
笑えるけど、フィクションの力って侮ってはいけないので、やっぱり笑えない。
たしかに、ドラマ終盤では変わるけど、みんな残業しているのに定時で帰る社員を問題社員扱いしていたもんねぇ……。
確かによく考えると佃製作所って相当ブラックだよなw
内容薄すぎ製造業の取材してから書いてくれな?
元朝日新聞記者さんよwww
同調圧力と根性論は同意。
必ず答えはあるはずだ!とよく言っていたが、現実はそうはいかない。
夢については、強要せずに語るだけなら問題ないかと。
そう言えば、最近、どこかの社長さんが夢がどうだと言いながらお金をばら撒いてたっけ。
「下町ロケット」自体は面白く作ってあり役者も演技もよいので見入ってしまうのだが、やはりブラック企業としか思えないしああいうのを称揚するなよと本当に思う

「佃製作所はやっぱりブラック企業」と感じてしまう3つの理由(
初戦はものづくりの経験のないライターやから現場の事なんて何も知らんわな。それなら大手製造もブラックやん(笑)
夢が無い企業よりも有るほうがいいなぁ・・・。
やっぱり記事になってたか、これ見てると就業時間が気になってしゃあない
合う合わないはハッキリするだろうが軽部が定時上がり出来る環境もあるし福利厚生は結構しっかりしてて、極ブラックではない。給料次第。
やっぱり…。
これだな!
下町ロケットにあると思った違和感、やはり感じてる人いましたね
佃社長で
自分の意思で
正当な対価で / ビジネスオンライン)
その通りだと思う❗️私は毎回録画するくらいのファンだけど、あれはドラマだから面白いのであって、実際には絶対に働きたくない😢
ブラックジャック創作秘話とかでも同じこと感じた。泥臭いって言えば聞こえいいけどさ。
日本のとか書いてるけど、米ドラ見てても
似た様なもんだぜ、SUTSでレイチェルは、休みもらえないし。NCISもER休み無しだ。
まぁフィクションだから…
うちの旦那の様に酒飲みながら半沢直樹とか下町ロケットみてちょっと留飲下げて毎日どうにか仕事頑張ってるって人が殆どじゃない?
確かに違和感を覚えていたが、エンターテイメントの視点でドラマを観てしまっていた。
ドラマとして面白いのは認めるけど、あんな働き方を実際にはしたくないし、しちゃいかんと思う。
中学生の作文みたいな文章だな。
なかなか面白い記事
「作品だから面白いし成功は約束されているが、これを現実に落とし込むのは非常に危険だ」って端的に言ってる
まぁドラマだから.
この記事には同意できんな。
いちいちご尤も何だが、記事で言うようなホワイトに徹した仕事っていずれAIだの機械だのに置き換えられて行く仕事なんだろうなとは思う。>
下町ロケットを見て真似しようなんて、戦隊ごっこしてる幼児と同じメンタリティって事ですよ。
この程度でブラック言われるのか
佃製作所はガッカイみたいで気持ち悪いぞ!
製造業のいい所が抽出されたドラマではあるけど、見方によっては悪い所の抽出でもあるよね。わたしは見ててたまに辛くなる(ブチチ
良記事だと思いますの。
「やりがい搾取」「同調圧力」「精神至上主義」が、ブラック企業3ヶ条。
否定しておいて、結局同じこと外国人労働者向けに提案しているw/
せめて給料払いが良いところを見せて欲しいよね。
台風来てるけど稲刈り行け😂
思ってたことをズバッと言ってて笑った😂
あと両親が言ってたけど、雨降ってんのに稲刈りなんてしないぞwww朝露でも稲刈りやらんのにwww
ということで下町ロケットの会社は
ブラック企業だという分析があるそうだ



まあドラマなんで本当に存在していたら
ブラック企業的運営はしないが
まぁ... 冷静に考えれば、そうですやね、正月から正座して見てましたけどw /
基本企業ものは嫌いだから見なかったが、やっぱりこんなものだったのか。
ドラマにマジレスは野暮って気もするけど気持ちはわかる。軽部さんには最後まで定時帰りを貫いて欲しかったよ(笑)
こういうドラマ見てお馬鹿な経営者・管理者が真似して痛い目見る所までがワンセットだとは思うw
確かに佃製作所はブラック企業w
農作業は確かにおかしいなあw完全に業務じゃないよねw
同意。仕事を金稼ぎとするか自己実現の手段とするかによっても多少変わるけど、ブラックだよなぁ。お、今日はノー残業デー。はよ帰りたいけど会社の窮地を救うためがんばろう。=>
そうそう、みんなこれを見てるのが不思議でしょうがないの。
なんかわかるわぁ、と思った。
番宣見てて、本編を見るに至ってないのはそういうニオイを感じてたからなのかも。
納得した上で録り溜め見てみよう。

(5/6) - ITmedia ビジネスオンライン
日本の人材低迷を感じる。
社会的責任とモチベーションがない人には響かないドラマだと思う。
読むと ハッ! と思うあたり私はかなり社畜なんだと実感
池井戸作品、大好きなんだけど、確かに指摘のとおり残業してまでいいものを産み出すところが美化されて描写されているのが気になっていた。
ベンチャーで働くという事は自分の時間を「投資する」って事、失敗したら(日本では)リターンはありません。……海外ならその失敗経験を買われる可能性がありますが。 / 「佃製作所はやっぱり...
下町ロケットは僕も大好き。
だが、ブラック企業だと感じてしまうことは間違いないw

わかりやすくその理由が書いてあって思わず納得。

人と人の繋がりは素敵なんだけどね😅
アニメ、ドラマ、フィクション作品は現実と比較してはいけない。架空の世界だから面白いんでしょ。真面目に取り上げる記者はカネしか見てないのか?
私の下町ロケットへの違和感を説明してくれてる…。
( ̄◇ ̄;)なんでもブラック

日本軍

アベガー

なんでそうなるの?

日本文化がそんなに嫌いなの?
ドラマだから美談やし、おもろかったけど、確かに現実やったらとんでもないブラック企業やなw
全体的に"わかる"記事なんだけど最終的に政権批判で〆られててなんだかなあ
いろんな見解があるなぁ
A Iが進む業界だし気にしなくていいと思う。逆にA I化が進んだ時に反対派はこれが人間のライフワークやねんって例のドラマとして語りつがれそう。
基本ブラック、やりがい搾取、精神論はその通りとして、
突っ込んでる人知らないんだけど、事情があって毎日定時退社の人、ある日コロッと「よし、残業だぁ!」ってなった時が、一番違和感。
定時退社の理由あるのに、いきなり残業したら、そっちの方どうなっちゃうのよ
これは完全に同意。定時帰りが悪っていう価値観を刷り込まれる。ドラマは好きだけど。
(5/6) - ITmedia ビジネスオンライン
決して、朝礼で訓示してからの、よし!残業だ!!ではないので、都合のよい解釈には違和感。
『2019年の"キレはじめ"』の下りがあり、窪田臭をかぎ分けるのは容易。記事構成も典型的な"窪田型"である。窪田検定3級。
これは少し感じていた。ドラマとしては面白かったけど
労働基準監督署が訪れることに!佃製作所最大のピンチ!的に是非。
この方毎回ヤフコメ反射反応的なコメを自分で書いて予防線張るの好きね。
興ざめ よそでやれ
あれだよ、プロジェクトX
内容は面白く見てたけど、現実に則して考えたら、「同調圧力」とかブラック的な要素もありましたね(^^;
俺もそう思ってました。いまど大企業が帝国重工みたいなことしたら大問題になっちゃうし。
あくまでもフィクションだってことだよね。
製造業は子供の送り迎えがなければ定時帰宅してはいけないの?とは感じた。50代のおじさんたちは喜ぶんだろうなぁ。
画面や精神性に感じる「おじさんの夢感」がキツくて見るのを辞めた。
日本人の働き方について考える
気合いと根性で何とかしようとするのは最低の方法だとそろそろ気付いても良くないか?
原作を読んでからドラマを見ると色々違うものが見えてくるよ。ドラマはかなり大事な所を省略して強引に仕上げてる。
労働観については至極その通り。
私は、ドラマを見ていないので、何か言える立場ではないけど、面白い。いつもこのドラマの話題で盛り上がっていた同僚、上司にこの記事を見せたい。感想も聞きたい。(ムリか?)
結局誰も「ブラック風味だけど大きな目的のもと、皆が一丸となる物語」が好きなんだろう。他人事であれば鼻ほじりながら眺めてられるけど
僕もこのドラマ観ましたが、同じ事を感じました。池井戸潤さん作品のドラマは同じような感じのものが多い気がします。
ドラマ見ながらブラックやパワーとかつこんで見るのも楽しい。当事者次第だが
経理部長として働いてきた人が実家の農家継いだ際、天災後に自己資金が無くて500万円融資を受けなければならない位の給与水準な佃製作所。
フィクションって知ってますか?
次のテーマは、佃vs労働基準監督署か?!
そんなこと百も承知だし、原作者があえてそういう企業を書いた訳だし、視聴率も高いし、何を批判してるのか?楽しく観てる視聴者を批判してるの? /
誰が見たってブラック企業間違いなしだよ。→
ドラマと現実を比較してアホらしい。ドラマとは仮想現実であり、夢であり、理想な世界。故にドラマや映画を観て励まされ元気になることが出来る。あまりに現実的で、夢の無い、暗い記事で呆れてしまう。
(2/6) - ITmedia ビジネスオンライン
これは俺も思った。作品としてはとても面白いけど、現場の環境がリアルで長時間労働を推奨してるみたいに見えなくもない
面白いドラマでしたね。

本日とある農家を訪れ購入間もないトラクターを拝見し、下町ロケットに会話が及んだので、
無人トラクターって現実にあるのか訊いたところ、目の前のトラクターに別ユニットを装着したら自動運転できるとのこと、

いやあ、びっくりしましたね。w
本これすぎて面白かった
「だが、現実の中小企業で、佃航平のような「根拠なき精神論」を振りかざしてもロクなことにはならない。」
いやホントに。('A`)
モデルが昔の会社だから/
定時で帰る社員を応援してた
用事を済ませてから夜中に戻ってきているシーンは悲しかった~(T_T)
そんなやり方で成功する筈無いのに意図的にオールドスタイルを強調してジジイ世代に媚びた番組だな~と思っていました。
旧来の日本型組織とかムラ社会ってこういう側面ありますよね。
最近の企業でもZ○Z○とかこんな雰囲気を感じた。
組織の構成員全体が対等の立場で方向性を共有出来ている間は強力な推進力になると思うけど少しでも方向性がずれると排除や同調圧力になる。
(3)とにかく気合いで乗り切る精神至上主義
…確かにそうなんだよね、日本人って。
このドラマでもやっとした理由が分かった。
外野から見てる分にはいいけどここで働くのは合う人以外難しいね
下町ロケットは実際に俺も見てて面白いなぁと思ったけど、夢とかやりがい抜きにしたらただのブラックだと思った
ライターの見方が異様に浅い…。
社長の熱意に社員がほだされたら何でもブラックになってしまうのかね。それじゃ会社組織なんて成り立たない。
ブラック企業を擁護するつもりは全くないけどこのライターは現場をまるで知らない人じゃないのか/
これだよ、このドラマ怖いなぁ、、って。
「佃製作所はやっぱりブラック企業」と感じてしまう

「来年あたりから日本国内で「ブラック企業VS. 外国人労働者」というトラブルが一気に増えていく」
[中国やベトナムからやって来た労働者に、佃航平はいったいどんな精神論を振りかざすのか。」
これからは人間が働かなくてロボットが働いてくれるよ。AIを活用し配膳すればぁ~下町ロケットは現在の町工場の設定ではないと思うけど?
「よーし残業だぁ!」で大爆笑しました←←←
佃製作所はブラックか?
私にはホワイトっす。だって働くの好きだし。なんでがむしゃらに働くことが悪のように揶揄されるんだろう?むしろ決まった時間座ってろのほうが苦痛だ。金も良い、毎日定退、休み自由自在→ノイローゼ手前になったおれ。www
見たことないけど。w
右向け左!な窪田乙w
それでも一つだけ言っておきたいことは。

夢中になれる、やり甲斐を感じられる仕事に出会った時、人は寝食を忘れそれに取り組みたくなる。

今にしても貴重な経験



- Y!N
そう、言われたら確かにそうかもね(笑
すげーわかる
これ思った。私がドラマ見れなかった理由のひとつ。
同じ考えの奴が居るとは
エンタメだから楽しんで見てたけど、現実に佃製作所があったら絶対に嫌だなぁとは思う
>ディスってる訳じゃないらしい。日本の労働環境をうれいているのね。
自分が下町ロケットに感じてた "気持ち悪さ"はこれだったのかもしれない
後は給料よ。開発部の給料が高いんだったら文句は言わない。でも安いんだったら鞍替えしても文句言われる筋合いはないと思う。
同感。会社の仕事ごときで熱くなるなよ……
旗から見たらブラックだけど、社員が情熱を持って働ける職場である点が純粋なブラックとは異なって、今どき恵まれた職場だとも思う。
現実に「頑張ればなんとかなる、今時の若者は気合が足りない」みたいな人って多い。
成果に応じた報酬が前提になってないのが現実世界の問題だと思う
エンターテインメントとしてはとても面白かったけど、こういう見方もあるのね。
コメントにあった
それならジョブズはキングオブブラックリーダーだというやつ
そうだよ?知らないの?としか思わんが
あえて逆説的な問題提起をしていて面白い。
下町ロケットは日本人にウケそうな物語なのは、こういう理由なのかもしれない。
ドラマは所詮作り話だし、銀行マンが書いた小説なのに銀行絡みの話題が無いのは何故なんだろう。知らない世界の方が描きやすい?→
記事、最後までよんでない。ドラマと途中で挫折。守秘義務とかコンプラもズタズタなんだもん。Pマークとってないでしょ?的なのも。|
番組の最後に「このような企業はフィクションです」って注釈入れておけばいい
相変わらずこんな路線でドラマやってるのか! 見る方も見る方だということね。 仕事はもっとクールにやりたいものだ…と常々思っている。
ちょっと笑ってしまった^_^
理想と現実の世界ギャップ
そいや確かに〜!笑👍
-
思っていたことがピッタリ当てはまる
実際これはフィクションである(現実でやると破綻する)と明確に認識している人は視聴者の何パーセントだろうか
現実に置き換えればもっともな指摘
| 原作はどうなのか読んでみたいな。
今回シリーズを見る気にならなかった理由がほぼ書かれていてスッキリ。精神論と根性を語る社長の暑苦しさとか 前回から何も変わってないもんね。/
政権が言うには、外国人労働者に来てもらわないと日本が滅びるらしい。いずれ劇中の「佃製作所」にも外国人技術者がわんさかやって来る
今回は軽部キャラで多少バランスを取ろうとしたようにも見えたが、あれも最後の方はなぁ。ドラマとしては熱くて好きだけど。/
こういう「水を差す」言論は貴重。気がついたらついうっかり洗脳されてました。気をつけねば。
全く同じこと考えてた。あとあのドラマ非正規出てこないよね。要は労働の美しいところだけで盛り上がってる所に違和感があるのよ。
金儲けと変わりがある下町ロケットの企業経営の方がまだいいですよ。医者は精神論でブラック業務を否定される。診ないと訴えられる。
この社長では、永遠に中小企業だろう、なぜなら技術だけで戦略が無い、技術はあるが経営不振の会社とは、提携ではなく買収すべきである。
まぁ僕も同じこと思ったけどw
中小企業会社員は佃製作所みたいな会社はありえないと思いながら、大企業の会社員は財前部長みたいな部長なんていないと、翌日月曜日は現実に戻されるのだw
「日本に来る前の外国人労働者に見せて日本の(悪しき)労働文化を知ってもらえばトラブルが減るのではないか」に草www
やっぱり同様に考える人がいて安心した
あれは客観的に言われるブラック企業だからモデルにされたら金のために働いている人からしたら困るね
熱さにpay
以下抜粋⬇️
佃煮の工場の話かと思ったらテレビ番組の話だった
このドラマは「仕事は給料じゃない!やりがいだ!」「いいものを作れば必ず売れる!」の時点でダメだったわー。
これはあくまでドラマですから。でもこういうフィクションにここまで言うってのは日本は平和なんだね(*´꒳`*)
演劇における『ガラスの仮面』、教育における『3年B組金八先生』みたいなもので。若者が将来地獄を見るようなドラマ。
これと同じ事を思って見なくなったわ
私も実はこの記事にある「悪しき労働文化」を感じたけど同時にそれを言ってはいけないんだろうなとも感じた。自分自身の中にある日本的な同調圧力。
佃製作所はガッカイと同じ。
定時で帰ろうとする軽部を咎めるシーンは正直どうかと僕も思った。

社長が夢やら熱意やらを全面に出して従業員を鼓舞するのは悪い事じゃない。この記事は何が悪いのか具体的な理由を示していない。

「佃製作所はやっぱりブラック企業」と感じてしまう
黙れ朝鮮。怠け者に成功は無い。
安ケン出てたから見てたけど、全然つまんなかった理由が全て書かれているw
これはいい指摘。笑
下町ロケットの件。見たことないですが(´ε`;)ウーン…:
この記事は叩かれるだろう。しかし私は全面的に支持する。この手のドラマは多かれ少なかれブラック企業を容認する。家族全員大絶賛で観ている下町ロケットを、私は一度も観たことがないし、おそらくこれからも観ることはない。
ドラマは見たことないけど、そんな内容なのだろうと想像していた。
現代の正論だが、そしたらドラマや小説としては成り立たないやな。

- ITmedia ビジネスオンライン
俺なら働けないな。お前の夢には協力するが、達成した時のインセンティブを提示しろ。と言ってしまう。
極論過ぎるけど、日本の文化のマズさはわかる。
世の革新的な製品の多くが他所からムダだ、馬鹿だ、宗教だ、と思われる企業努力の結果から産まれてるのも事実。最初から約束された地での成果って意外と少ないよ。昭和の本田技研とか夢の塊じゃん、最初からホワイト企業めざした会社では決して無い
ドラマ自体の出来は良かったけどコレはちょっと思ったw⇨
日本はドラマからしてブラック企業礼賛。

なんでそういうドラマがうけるかというと、結局日本人がそういう働き方や思想が好きだからなんだよなぁ
良記事。ズバリ言ってくれた。
よくぞ言った!下町ロケットはブラック企業を美化してるだけだ!
俺はその気がしたから全く観なかった。
わからないではないが、お金と余暇を幸せの指標とするかどうかはその人次第という部分もあるかと思う。
>
ドラマ観てませんが、こんな意見もあるんだね。

ビジネスオンライン:
「佃製作所はやっぱりブラック企業」と感じてしまう、3つの理由
ブラックだブラックだと言ってる人らにとっちゃ、ブラックなんだろな。嫌なら自分らの思ってるような会社にいきゃいいわけだし。まぁほぼないがな。
以上

記事本文: 「佃製作所はやっぱりブラック企業」と感じてしまう、3つの理由 (1/6) - ITmedia ビジネスオンライン

関連記事