TOP > 政治・経済 > ITmediaビジネス > 「24時間戦えま...

「24時間戦えますか?」から30年 平成の日本から“ブラック企業”は減ったのか (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

110コメント 登録日時:2018-12-30 05:57 | ITmediaビジネスキャッシュ

平成初期に「リゲイン」のキャッチフレーズ「24時間戦えますか?」が流行してから、約30年がたった。だが現在も、長時間労働が常態化している“ブラック企業”に苦しめられる労働者が後を絶たない。この30年間で、日本企業の労働環境は本当に改善されたのか。“ブラック企業アナリスト”こと新田龍さんに意見を聞いた。 (1/5)...

Twitterのコメント(110)

学校の先生たちも戦うべきだよな。 /
残業減らした後、「早く終わらせろ!」「工夫しろ!」と恫喝して現場に丸投げするスタイルにシフトするブラック企業。
ワタミ、ここまで改善されてたのか。劇的変化。

(4/5) - ITmedia ビジネスオンライン
「大手金融機関が持つ“ホワイト”なイメージが覆された」というのは全くもって勘違い。銀行はかなりブラックでしょ。
順調にブラック企業が減ってきてるから、ブラック企業対策活動家が困ってるんでしょうかね。

>
アベノミクス戦後最長の好景気! 中流階層崩壊、非正規雇用拡大で日々の糊口が最優先に・・・
"過去30年間で、劣悪な労働環境の企業は減っていると思います。また、規模や知名度の大小は問わず、働き手の多様な価値観やライフスタイルにうまくフィットして価値を創出できる会社が生き残り、そうでない会社は働き手に選ばれなくなっているとも感じています。"
ちゃんと読んだ。ワタミの働き方が改善されてるというのが驚き。
「本業がもうかっておらず、食いつなぐために産業医をやっている医師もいる」これなー… »
そんな急にはねぇー。
ブラックじゃないと仕事じゃねぇー。と思うんかな?

24時間戦えますか?」から30年
オリンパス。上司の不正に気付いた社員が、社内のコンプラ窓口に相談したところ、担当者が上司本人に相談を漏洩。産業医もグルで社員を不当解雇に追い込む……ヤバすぎでしょ
24時間戦えますか?ってCM、まだ平成だったんですか?昭和だとばかり思っていた。平成元年はバブルが終わった年だからね
「24時間戦えますか」のころは、少なくとも24時間戦ったらその分の残業代はもらえてた
今は何時間戦おうが残業代なにそれ状態だけどなw→
「残業ありきのビジネスモデルは捨てるべき」は響くなぁ。
制作会社は特に残業ゼロは難しいけど、「難しい」で思考停止になるのもいけない。けど現実は、なかなか現状を変えられない。突き詰めると、この業種やめるしかないような気がしてくる。
「負の連鎖を断ち切るためにも、残業をしない前提で成果を生む仕組みを考え出すことが、真の「働き方改革」」
平成を振り返る記事で、冒頭にも「平成初期」と書かれてるが、記事中の「18年」「15年」は西暦の2桁表記なのが紛らわしかったでゴザル。
ちょっとブラックだろうが、すごいブラックだろうが被害者には関係なく辛い・・・
(2/5) - ITmedia ビジネスオンライン
全部実名だけど、7-11だけは出せなかったらしい。 / ビジネスオンライン”
>大手金融機関が持つ“ホワイト”なイメージ
??????
30年前は働けば働くほど充実してたんだな。と、思うとうらやましい
電通がセプテーニ・ホールディングスと資本業務提携したのはこの文脈なんですよね? 電通のデジタル系オペレーションで無茶な時間帯を外出しできるように。
広告主企業こそが、ブラック企業製造業である実態は改善されてないのか。広告主企業は、広告主様気取りをやめて、本当いろいろ考え直したほうがいいよ。 /  平成の日本から“ブラック企業”は減ったのか…”
スルガ銀は「ビルから飛び降りろ!」と。ところで、「殺すぞ」などと宣った某メガベンチャー子会社社長は常務取締役昇進したそうで、おめでとうございます。
@nittaryo
平成を代表するブラック企業と言えばやはり今は亡き4723グッドウィルだなぁ
平成を掲げた小渕総理の人材派遣業緩和から小泉総理が更に緩和し、
雇用の在り方を大きく変え、雇用や消費が悪い意味で固定化されデフレ不況を招いた象徴的な企業
(´・ω・`)y━・~~
見てる:
「整理すると、過去30年間で、劣悪な労働環境の企業は減っていると思います。また、規模や知名度の大小は問わず、働き手の多様な価値観やライフスタイルにうまくフィットして価値を創出できる会社が生き残り、そうでない会社は働き手に選ばれなくなっているとも感じています」
残業ありきのビジネスモデルは捨てるべき。
名前が出せない某コンビニ、でもノルマ・強制買取・自爆営業は一社だけだろうか。そんなもんがある時点でビジネスモデルが崩壊しとる訳だが。 / …”
「残業ありきのビジネスモデルは捨てるべき」
具体的な会社名あって為になる
ロスネジェネ時代で変えないと。→ (4/5) - ITmedia ビジネスオンライン
ここに上がっているのは別格なブラックであり、上がっていないところがブラックでないとは限らん。新田さんがセブンも上げたのに掲載されなかった
> 残業ありきのビジネスモデルは捨てるべき
残業ありきのスケジューリングする人けっこういるんだよね。。。
ちょっとでも想定外のことが起...
就活で考えるべきことはこういうことだと思う。
最近、就活の不安がたまらないので、こういう記事に敏感です笑
(3/5) - ITmedia ビジネスオンライン

働き方改革が中小企業から始まった理由について
「残業はソリューションではありません」
それな of the world

しかし確かに労働に関する諸々の話って意外と最近なんだよね。
会社に入社したのが2016年だから、既にその機運高まってる頃合いだったし、違和感なかった。
「平成を代表するブラック企業を挙げてほしい」というご依頼を頂き、さんざん迷って10社ほど実名出し。昨今はすぐ名誉毀損で訴えられるので、リスクを取って頂いた編集部には感謝しかない。
しかし1社、名前を挙げたのに掲載されなかった絶対的タブー企業がある。その名はセブ
正論!「経営者が覚悟を決め、正しい方法で利益を生み出せるビジネスモデルを構築し直すべきです」│
ブラック企業は減っているのではない。バレない方法が上手くなっただけ。賢くブラック労働を労働者に押し付けてるだけ。法の抜け道を...
"お客様は神様"の昭和の時代は終わった。

お客様も選ばれる時代

そして、ホールからリテールへと

大手企業も対応が変わってきているのは、企業セミ...
ブラックは体質だから、不景気になればバカな社長などいなくなるし減るだろな。 /
24時間戦えますか?→いいえ
逆に増えてんじゃない?
有名企業にブラックは多い。訴訟が有っても示談成立で表に出ない これも問題で有る
ブラック企業は不滅
逃げる方法は正社員→短時間パートに鞍替えだろ
そして、正社員登用も蹴って断ること
教員の現場も働き方改革って言ってるけど、まだまだ言ってるだけ。「早く帰って」って言われても業務量変わらないのに早く帰れるわけがない。
もっと根本的なとこ改革しないと変わるわけないけど、結局公務員だから民間に比べると腰が重たいんだよね。
ワタミが(昔のワタミと比べて)ホワイト化しつつあるって聞いてマジかーってなった
「24時間戦えますか?」って今思うとおそろしいキャッチコピーですね…確かに寝ないで戦うために怪しいドリンクをみんなで飲んでたことがあったなぁ。でもブラック体質といわれていた企業もだんだん変わってきたのでそういう情報がもっと増えてくれればいいな。
24時間も戦えるわけないだろ!!(*`ω´*)
現在は1年以内に辞める人はゼロ・・・人材不足が深刻に、行くとこまで行ってやっと人をちゃんと雇う大切さを理解し始めてるのかな?
確実に増えた。
従業員は使い捨てが決められたので今後もっと増える。
特に高齢者従業員は狙われる。
ビジネスモデルの再構築ってのは、弊事務所の経営陣にも聞かせたい。
. 私は、この記事を読んで、何で文章の中に、英語らしいものを書き込んでいるのでしょうか?意味のわからない??日本語に記載できないの???勉強してほしいですね。
(3/5) - ITmedia ビジネスオンライン
残業しないで、どうやって稼ぐのだ??
そういえば時代変わったなぁ。
たしかに平成のはじまり 僕らがちょうどメジャーデビューする頃の時代、テレビからは♪24時間戦えますか?とCMが流れていたのよ。
社員を食いつぶす企業は、どんどん淘汰されていったらいいよ。

ワタミさんはホワイトになったらしいけど、過去にしてきたことを忘れてはいけない。屍の上でのホワイト化なのを伝えるべきと思う。
そのかわり「ブラック企業で働いている奴が悪い」という自己責任論が増えました。 /
"経営者が覚悟を決め、正しい方法で利益を生み出せるビジネスモデルを構築し直すべきです"

理想だけど、そういう本当の意味で頭の良い経営者、日本には殆どいないんだよな。
隠れブラックはもうどうにもならん。
減るわけないやん(笑)。むしろグレーゾーンで違法すれすれが大手ふってまかり通ってるし。
夜に依頼して翌日完成って電通のクライアント頭おかし過ぎだろwどこの会社だよ
労災隠しは犯罪やで。犯罪大国日本
サラリーマン時代に思ってたのですが、残業した方が得なんですよ、結局。だから根本的に残業したら損になるような給与体系にすればいい...
昔は、人より多く働き成果を出すことで見返りが保証。
今は、不正行為の指示を平気で出す幹部が増え、企業のガバナンスは劣化しました。
>ビルから飛び降りろ!
>モンテローザはパクリと残業をやめるべき

痛快
最近はゆとり世代が〜みたいなことが多かったが、管理職世代もなかなかやばい人たちという認識しかない。

考えの違いは仕方ないが、人材をなんだと思っているのか

24時間戦えますか?から30年
産業医と組まれるとどうしようもないじゃん。
初めて自分で買ったCDがリゲインのCMソングだった気がする…黄色と黒は勇気のしるし→「残業ありきのビジネスモデルは捨てるべき」24時間戦えますか?から30年
「ブラック企業から脱却した例は、サイボウズ。優良な既存顧客との関係性を深めたりし、働きやすい人気企業となっています。」

その結果,使い勝手,稼働率ともに悪いサイボウズを押しつけられて我々は困っているのだが.
元々の仕事が24時間戦う仕事だったからなぁ。
こういうの読むと自分が生きてるのが不思議な気がする
"人材"から"人財"へ。

人を"材"として考えてる限り、企業による従業員に対する搾取は変わらない。
このフレーズ懐かしい
俺の勤務先はまさに「残業ありき」で仕事させてくるからな。そいつらの意識が変わらん限り、あかんわ┐('~`;)┌
「産業医は上司と裏で手を組んでおり、受診した社員に「重度のうつ病だから退職すべき」などと誇張した診断を下し、合法的に会社から追い出そうとし」「オリンパスは社員から訴えられ、敗訴」
ある意味うちの会社は、ある部署がブラックです。部下が帰ろうとすると、俺より先に帰るのか?と言われるそうです。
黄色と黒は勇気のしるし
24時間戦えますか
ビジネスマンビジネスマン
ジャパニーズビジネスマン
減ってない気がする。賃金安いし働けば働くほど賃金が増えるわけじゃないし…
世のサラリーマンさんに告ぐ。
一生懸命に仕事するのは素晴らしい事だけど、会社は社員の事をそれほど強く思ってはいないわ。
がむしゃらに働いても給料上げてくれる訳じゃ無いから。
だから24時間戦えますか?のバブリーなアレは愚言よ。
規定の時間しっかりやればいいの。
残業ありきのビジネモデルからの脱却。人がやる事を減らしつつも、その人も減っていく、その両方の対策をしっかりやっていかないとダメなんだろうな。 /
人は時間とともに変化出来るし、忘れていける。それが強みでもあり、愚かさでもある。150年前には幕末・明治維新があり、75年前には大平洋戦争ど真ん中...
働き方改革。ハードワーカーにとっては困る。 /
とんでもないキャッチフレーズだな笑
今、労基には物凄い数の相談数があるらしく、普通に相談しても動かない。
自分で色々な証拠データを揃えて初めて、少しだけ優先順位が上がるそうだ。
相談窓口も社会で働いた事の無いような若いアルバイト。動くより話を聞いてあげるがメイン。
レミ絵が言ってた24時間戦えますか?感ってリゲインのキャッチフレーズだったのか!
教師も相当にブラックだ。
記事のなかで、実名でブラック企業が公開されていますね。
でも、ブラック企業にとっても、そこで働く社員にとっても、このように実態...
日本人の労働やサービス、余暇に対する価値観をもっと変えないとブラック企業を作る土壌は無くならないかな_φ(・_・
気になる記事発見!(;一_一)
本当かな?
働き方改革が叫ばれる今、
自分の納得できるワークライフバランス
が保てる働き方ができるように、と願います。
それをお手伝いできたらな。
労働時間の実態など、表面化される数値でわかるはずがない!
サラリーマンは、表に出ない、出せない数値に苦しめられているのだから。
本来「24時間戦える訳無い」という批判のCMだった筈が「24時間戦える、戦おう」のイメージでとらえられ、今も引きずっている
月~金の週5勤務で毎日12時間労働、毎週土曜日の休日出勤も12時間で残業休日出勤合わせて100時間越えが当たり前な俺の働く工場…。
ネットが発達してどんどん明るみになっていってるんだと思うが
あの時代より、今の方が質が高い。
24時間戦わなくても、あの時代に比べれば24時間以上の戦いをしている。
自慢じゃないが俺ちゃんの会社もスーパーブラックだ。
モンテローザはパクリと残業をやめるべき
政府はもっと取り締まれよ!
経営者は正しいビジネスモデルを構築せよ
以上

記事本文: 「24時間戦えますか?」から30年 平成の日本から“ブラック企業”は減ったのか (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

関連記事