TOP > 政治・経済 > ビジネスパーソンの6割は仕事中「休憩できていない」 働き方改革の弊害? - ITmedia ビジネスオンライン

ビジネスパーソンの6割は仕事中「休憩できていない」 働き方改革の弊害? - ITmedia ビジネスオンライン

21コメント 登録日時:2018-12-14 14:42 | ITmediaビジネスキャッシュ

職場で休憩できている? 江崎グリコは12月14日、仕事中の休憩に関する調査結果を発表。仕事の合間に「休憩できていない」と感じる人は60.1%いた。...

ツイッターのコメント(21)

( ๑`・ω・´)ノ  おおおおっはようごじゃます!

休憩を取りながら、今日もぼちぼちやっていきましょ😊ちなみにぼくは5~10分寝る休憩を取ります!
トイレに行くが過半数超え
仕事の間に休憩がある事は当たり前であるが、何故か休憩を与えてやっているという空気感の職場が多い。権利としてあるが、何故か軽...
休息の取り方ってたぶん本当はけっこう重要なんだと思うんですけど、なかなか優先順位高くならないんですよね。ポモドーロテクニックとかもあるけど、かなり職種や環境に左右されるし。
働き方改革の弊害?(要約) - ITmedia ビジネスオンライン
残業しないためには休憩しない
休息が必要かどうかって、人それぞれタイミングって違うと思うんだよな。

これを製造業とかはみんな同じタイミングで取らなきゃいけ...
どの企業も仕事の8割は誰でもできるような内容だろう。いずれ自動化、効率化が進み、手持ち無沙汰な時間が増えるのでは。 /
勤務時間という概念が、みんなを縛っているように見えてならない。
仕事できない人が言いそうな台詞感ある /
普通に時事チェックするのにSNSチェックしないの?少なからず、周りのみんなは、Yahooニュースはチェックしてるよ。 /
休まらんよね
頭から仕事が離れないんだよねー
たとえば、パノプティコン型の監視の仕組みをつくる必要はないと思います(古くは、マクレガーのX理論、Y理論のマネジメントのようなものだと思いますが)。

⚫︎ビジネス:グーグル、ナイキ推奨...
働き方改革?訳の解らない大臣、働き方改悪の間違い?
みんなもっと休んでいこ( ˘ω˘ )
3割は「ランチに出られない」:
水分とったりトイレ行ったりは生命維持に必要な行動であって休憩じゃあないぞ 好きなときに飲めばいいしトイレも行けばいい 感覚ズレてない?大丈夫?
会社やその中で所属している組織の平均年齢によって、休憩に対する考え方や取り組み方に差がありそうですね。

肌感的に、本当に休憩が取りにくい職場って少数派のように感じています。

脳...
働き方改革関係あるのかな?昔からじゃない?/
最近は休憩の合間に仕事してる感じだからなぁ・・・。
以上

記事本文: ビジネスパーソンの6割は仕事中「休憩できていない」 働き方改革の弊害? - ITmedia ビジネスオンライン

いま話題の記事