TOP > 政治・経済 > すし屋「久兵衛」VS. ホテルオークラ 泥仕合の背後に“下剋上”への脅えと焦り (1/7) - ITmedia ビジネスオンライン

すし屋「久兵衛」VS. ホテルオークラ 泥仕合の背後に“下剋上”への脅えと焦り (1/7) - ITmedia ビジネスオンライン

高級すし店「銀座 久兵衛」がホテルオークラともめている。背景にあるのは高級すし店とホテル業界の競争激化による地位低下だ。転落しようとしている両者が抱く焦りとは。 (1/7)...

ツイッターのコメント(58)

2018年の記事だが、安倍晋三が連呼する意図が見えてくるような気がする。
@RyuichiYoneyama 雑談~Hニューオータニ寿司は久兵衛は有名。ルームサービス寿司も久兵衛の職人が握るため、長年職人を派遣していました。しかしホテルニューオータニと久兵衛はもめ事が。ホテル側も首相の名で招いた客には忖度は仕方がないかな?嘘つきと責められないと思が。
@asazom ニューオータニの改装絡みで 訴訟になってたかと .....
オークラと久兵衛といえば、過去にこういう話題がありまして。
はオークラ新館で営業しつつも、場所の不満で訴訟をチラつかせ、その後もめています。商売を有利に進めるための作戦です

>久兵衛は1964年の同店開業以来、メインエリアで営業してきたが、建て替え中の新ホテルでは別棟にあるアーケード街の片隅を指定されたとし
オークラが経営が厳しいとすれば、そこへ政府からの大型調達が入れば、そりゃ総理に大盤振る舞いするかもな
「近年、高級すし店の新鋭が続々と台頭しており、江戸前ずしの最高峰とされてきた久兵衛の地位が揺らいでいるからだ」

久兵衛も安穏としてられないんだなぁ
@pare_pore あそこ使いやすかったですが、建て替え後の新館はどうなんでしょうかね。こういう話もありましたし...
ほうほう。
最初からのれん分けでFC化(フランチャイズ)していれば良かったかも。
職人によって質の差が大きい鮨は、大箱だと握り手を指定しにくい場合があるので、大箱=美味しくないリスクは非常に高いと感じる。久兵衛は何回か行ったけど、すごい美味いという記憶はない。
久兵衛こんなんなってたのか
あの一舟1600円の雲丹は今も語り草
ビジネスホテルにしか縁がない俺には関係ない雲の上の話だったw / “ ビジネスオンライン”
これ読むとオークラの厚意が九兵衛に伝わらなかった感あるけど実際はどうなのかな…。
> 大手企業や官庁が不況により高級料亭では接待できなくなり、すし屋を利用するようになった。

元議員秘書への顧客インタビューで、同じようなことを聞いた。加えて、今は世間の目が厳しいから高級料亭は躊躇するらしい。
(7/7) - ITmedia ビジネスオンライン
いっそのこと、久兵衛は回転寿司でも始めたらいいんじゃないかと思います。 →
久兵衛銀座本店、フレンドリーな接客で好きだけどな~。東京で寿司を食べなくなって久しいから最近は知らんけど。笑
初代はウニやイクラの軍艦巻を考案 和食を充実させることで、外資にない特徴を出せるため、従来のような久兵衛の看板に頼るような腰が引けた態度でなく、全部直営で責任を持って運営したいのだ。
鮨さいとうは一度は行っておきたいな。店内で写真を撮るなどという野暮で下品なことは絶対にしないけど。
この先行ける機会があるのかわからんけど高級寿司店の興亡についてやけに詳しくなれる記事だった
読み物として面白い記事
ドラマ化希望
面白い。今の高級鮨業界の実情が分かりやすくまとめられてます。良記事。/
この記事をみると「九兵衛」って全然「高級寿司店」ではなくて「ランチなら4千円で食える、ちょっといいネタの出る中級店」じゃないかな。価格を手が届く範囲にしているということは、当然コストにも反映するから、5万円払えるひとからみれば高級店じゃないよね。
何より久兵衛が中国資本に買収されて、今田親子は雇われの立場になったことを書いて下さいよ。→
ふーん、そういう経緯だったのね。これからどう変わっていくのか見守りたい。寿司業界もこれからどうなっていくのだろう。
>鮨かねさか、鮨あらい、すし家一柳は18年のミシュラン1つ星獲得店だ。かつて1つ星を取っていたが今は星が消失した久兵衛よりうまいと評価されている

なんのこっちゃない、革新を忘れたベテランが追い抜かれただけ

まあ、そこで腕を磨かず裁判する辺りは実に日本の会社的
単に2者間での話ではなく、双方を
取り巻く環境が整理できたので、
良くわかりました。
両方とも、自分は行くことがない
からね。。。
銀座久兵衛。結構記念日に行ったんだよな。少し悲しいね。
【ITmediaビジネス】 鮨かねさかの金坂真次氏は、久兵衛で10年間修業した後、2000年に独立。シンガポールのラッフルズホテルとセントレジス、マカオに支店を持つ国際派。久兵衛は海外支店がなく遅れ
すしでも接待されてあげるよ 大手企業や官庁が不況により高級料亭では接待できなくなり、すし屋を利用するようになったから
ホテルでの売上が数億と言われてるから、それは痛いよね。裁判でもしなきゃ!
久兵衛は昔はうまかったな。今は食えたもんじゃないが。
割と世間の人にはどうでもよさそうなトピック(失礼)なのに、めっちゃリサーチしててちゃんと書かれてる良記事。ライターの人スゴイ。高級すしとか縁もゆかりもない僕だけど勉強になりました。
おもしろいね~
久兵衛さん、
おたくの常連さんたちのおかげで
庶民は貧しいんだよ
心機一転 回転寿司やれば?
みんな喜ぶよ(^_^)/~~
現実世界の寿司バトルだ…
オークラもなぁ、知名度とか格は凄いけど、書いてる通り内実はそんなに余裕ある訳じゃ無いのよね
なかなかに面白い話だが星の基準が食べログの下りのところはないかなぁ。
でも、それ以外はガチンコ話っぽくていいかと。
どちらのブランドも落ちたイメージになる・・・
泥仕合の背後に“下剋上”への脅えと焦り(ITmedia ビジネスオンライン)
鮨食べたい
各店が代表を出して寿司対決で決着をつけることになった
というところまでは読んだ。
将太の寿司 ホテルオークラ編
東京のホテルと高級寿司店の現状を概観する意図はいいとしても「~ではないか」という憶測が
ちと多すぎやしないかこの記事。
朝夕ついて2万パワーでお釣りがほしい。
回転ずしか地元の寿司屋で十分な私には別世界。
値段が高ければ=「高級」と呼ばせる戦略にだまされてはいけない。
高級寿司→ ただの高額寿司
高級車 → 高額車
こう言い換えると世の中違って見えてくる。
中々分かりやすい
記事でした。

とりあえず
お寿司食べたい。
自分たちが気軽に利用できない高級なんてどうでもいいしむしろ潰れろ、と思ってる人は多いと思う。
見てる: “ 泥仕合の背後に“下剋上”への脅えと焦り”。恥ずかしながら久兵衛に行ったことがないのでなんとも…。ホテルオークラよりもニューオータニの地下迷宮を何とかして欲しい。
条件が不満なら退店すれば良いだけの話
ビジネス世界では日常茶飯事
前職の同僚が、ここの寿司を振舞われたことをほこりに語ってたな。
泥仕合の背後に“下剋上”への脅えと焦り(ITmedia ビジネスオンライン)
おカネ持ちの世界ならではの話だなぁ。>>
立地でしか飲食店を語れない、語らない。
なんだ?土地食うのか?
「双方共、「雲の上にある超高級な存在」という世間が抱くイメージと異なり、没落する一歩手前の崖っぷちまで来ている」みんな必死。 /
九の字が間違っている。
“ウニやイクラを、軍艦巻という新しいスタイルで提供”
こりゃあれだろ、山岡 士郎に頼むしか無い気がするw
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR