TOP > IT・テクノロジー > 「睡眠時間が長い社員」に報酬 福利厚生で健康経営・生産性向上へ - ITmedia ビジネスオンライン

「睡眠時間が長い社員」に報酬 福利厚生で健康経営・生産性向上へ - ITmedia ビジネスオンライン

35コメント 登録日時:2018-10-09 20:07 | ITmediaビジネスキャッシュ

ブライダル企業のCRAZYが、「睡眠をしっかり取る社員」に報酬を与える福利厚生制度を始める。一定の頻度で1日6時間以上の睡眠を取った社員に対し、社食などで使えるポイントを付与する。社員の健康促進と組織の生産性向上を図る狙い。...

ツイッターのコメント(35)

ユニークな制度で、面白そう
睡眠の深さを考慮したらいいと思う。もうここ一年以上、浅い睡眠で辛い。たぶん布団とマットレスのせい。
睡眠時間まで監視される時代に。。。(゚д゚; )
おいらには無理だなぁw
" "
どうか知らんけど、どうせ業務量(退社できる時間)は変わらないのだろ?つまり、今までの平日の貴重な自分の時間すらも仕事の質向上のために捧げろ、と言うに等しいわけだ。
この制度がないと寝れないやつが寝るようになったところで、目的の生産性向上には繋がらないと思う。
本当にクレージーだ。もちろんほめてません。> 『ブライダル企業のCRAZY』
量なのね…

睡眠時間が長い社員」に報酬 ()
夜勤の日以外はよゆー
面白い取り組み。睡眠は生産性を産む。→
6時間以上か。

達成率5割くらい。。
睡眠時間まで管理されるのはマジで勘弁してください
名は体を表すを地で行く話。
社員を監視する行為、管理社会を容認。
これもブラック企業。
個人差のある通勤時間や業務量は反映されるんですかね?
会社でしっかり働くために寝てください、というのはいかがなものか。社員が趣味に費やす時間を奪うことになるのでは。
やりたいことはわかるけど、個人差のある体質に依るものに報酬を絡めるのは不公平な気がする。
必要最低限の睡眠時間を確保するような取り組みとしては評価できるが、睡眠時間の長さが必ずしもパフォーマンスと比例するわけではない。いかに質の高い睡眠をとらせるか。
これいいなあ/
自分の睡眠や健康管理を会社に任せるというのが日本的ですね。チケット制とかにして社員の自主性を大事にしてもよいのでは?
しゅごい…
毎日いっぱい寝れたら幸せなんだけどなぁ
こういうのより会議とかじゃなくて、自分の裁量で仕事できる勤務時間中に眠くなったら30分くらい気絶していいっていう制度にした方が生産性上がると思う!
生活習慣まで会社に管理されるのはあまり良い気分ではないけど、画期的な制度ではある。
ん?CVS形式って何?CSVの事?
独自形式なら、データを提出として書くだけでいいと思うんで、CSVの事だよね?ね?
「一定の頻度で1日6時間以上の睡眠を取った社員に対し、日数に応じて特典を付与する福利厚生制度「睡眠報酬制度」を始める。社員の健康促進と組織の生産性向上を図る狙いがある。」

否定はしないけど、そういうところに会社が口を出してくるところが日本らしくてなんとも😑
都内のブライダル企業CRAZYが実施:アプリで計測
これもう国がやって欲しい…
素晴らしいシステム!

仕事がしっかりできる体勢を持ててる人に報酬を与えることで働くモチベーションが上がる。

仕事を酷使させて、...
健康が第一だし、日本国民すべてにこの制度を取り入れるべきだよ。
ただ、なかなか寝付けない人は悲しい結末に…
ファシズムw→
以上

記事本文: 「睡眠時間が長い社員」に報酬 福利厚生で健康経営・生産性向上へ - ITmedia ビジネスオンライン

いま話題の記事