TOP > IT・テクノロジー > 「地方の障害者雇用」を創出するリクルートのテレワーク (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

「地方の障害者雇用」を創出するリクルートのテレワーク (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

12コメント 2018-09-19 10:44  ITmediaビジネス

「障害者雇用の水増し」は自治体や裁判所などにも拡大している。望むべき姿は、障害のある人が、障害のない人と同じように普通に働ける環境を作ることだ。その理想に向けて取り組むリクルートの子会社を取材した。 ...

ツイッターのコメント(12)

リクルートの特例子会社リクルートオフィスサポートについて詳しく解説した記事。2016年10月から北海道に住む人を対象にテレワークを始めたという話が本題。

情報量豊富な良記事。
\テレワークで地方の障がい者雇用を創出/
障がい者雇用を促進する「特例子会社」のリクルートオフィスサポートは、地方に住む障がいのある方8名がテレワークで勤務中。この在宅雇用の取り組みは、平成30年度「障害者雇用職場改善好事例」優秀賞を受賞しました。
オフィスでないと出来ない仕事は減ってきているので、在宅でも集中して仕事が出来るシステムが出来れば通勤が難しい人も就業できますね。│働き方改革で「地方格差」なくせ:
まず前提として素晴らしい取り組み。勉強になります。実際にされている仕事の内容や評価制度がさらに興味あります。 / ビジネスオンライン)
働き方改革で「地方格差」なくせ:「地方の障害者雇用」を創出するリクルートのテレワーク(要約) -
本社機能の地方移転ももっと進めよう。>
好事例であるとともに、こういった事例が「ごく当たり前」になる世の中を早く実現しないと、日本の就業人口問題は解決できないと思います。

働き方改革で「地方格差」なくせ:「地方の障害者雇用」を創出するリクルートのテレワーク(要約) -
たしかに、テレワークは障害者雇用にも大きな影響を与えますね。すごい時代です。 / ビジネスオンライン)
弊社の障がい者雇用の取り組みをITmediaビジネスONLiNE様で掲載いただいております。弊社にはテレワークを活用して完全在宅就労で働いている社員が多くいます。その活躍ぶりをぜひご覧ください。
”地方の在宅雇用を進めた背景には、首都圏で起こっていた「障害者採用の競争激化」を理由に挙げる。” /
働き方改革で「地方格差」なくせ:
リクルートオフィスサポート

・在宅雇用を始めてわずか2年で41人を採用。うち18人が身体障害者、23人が精神障害者

・「Skypeやチャットを使って会話をするいまの距離感がちょうど良くて、以前よりも対人関係に自信が持てるようになりました」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR