TOP > IT・テクノロジー > 熱中症の被害者が出ても、夏の甲子園が絶対になくならない事情 (1/7) - ITmedia ビジネスオンライン

熱中症の被害者が出ても、夏の甲子園が絶対になくならない事情 (1/7) - ITmedia ビジネスオンライン

夏の甲子園が始まったが、ネット上では水を差すような意見が飛び交っている。多発する熱中症被害を受けて、「涼しい秋の開催」「ドーム球場の開催を検討すべき」といった声が出ているが、筆者の窪田氏は「夏の甲子園」がなくなることは絶対にないという。どういう意味かというと……。 (1/7)...

ツイッターのコメント(175)

IOCが、
札幌でマラソンしてまで東京五輪を強行するのも、高野連が
猛暑の中、甲子園を強行するのも
同じだ! 
#東京五輪 #高校野球 
#甲子園 #野球#マラソン#利権
利権だからや 奴らは利権を手放さないし国民にとってはサーカスなんだよ
いまさらという感じがしないでもない記事。関西の大震災の後でも開催したくらい。それも巨大な経済効果を考えてのことに他ならない。「甲子園」だけは、不思議と「経済効果」の話をみなしない。→ -
「1975年から2011年の37年間で部活動の死亡事故は139件あって、そこで最も子どもが死んでいるのが野球部」(記事より)…これがちゃんと報道されていれば夏の甲子園はもはや開催不能。しかしマスコミは全部美談にして伝えたという。大本営発表を悔いたメディアのすることか?
運動部しごき自慢おじさんはそろそろ絶滅してもいいと思うのですが、かなりしぶとく生き残ってますよね。それでも時間の問題だとは思いますが。とにかく一刻も早くいなくなってほしいです
この記事は面白い。甲子園をドラマ仕立てにしてそこから甘い汁を吸う朝日新聞。高校生が熱中症で死んでも感動ドラマにすり替える、か。
1975年から2011年の37年間で部活動の死亡事故は139件あって、そこで最も子どもが死んでいるのが野球部 ってすごいなおい・・・
“西東京大会決勝で154球を投げた日大鶴ケ丘の投手が試合後、脱水症状を伴う熱中症を発症して救急搬送された「事件」だ。報道によれば、この投手は3回戦も熱中症で途中降板し、決勝戦では全身の痛みを訴え、歩行も困難になったという”
マウンド上で死人が出ても改善はなさそうだな。
(ニュースで絶対に流れない)大阪桐蔭優勝の 大会の裏で起きてたこと
「で倒れた生徒続出」
どんなに犠牲者が、最悪死者が出ても夏の甲子園は続行

東京五輪は海外から「殺人オリンピック」なんて揶揄されているが、この構図は夏の甲子園にもまんま当てはまる
感動ってなんなんだろうね。
辛く理不尽な経験を「あの経験があったから」と美談にすることに違和感と嫌悪感を感じて自分の中で解決できなかった。今は「あの経験は無駄で、何も益にならなかった。でも長い人生の中でそういう経験があったっていい」って思っている。だからこの記事は本当に納得できる。
こういう記事はもっと読まれるべきだと思う
「運動部しごき自慢おじさん」クソな人種だな・・・
世界を支配するフィクサー"Riken"と"KitikuKeneki"
いや〜そうだろうね。周り見てもそうだもん。甲子園絶対主義ばかり。
今でもこんな状態で日本は大丈夫なんでしょうかね:
@okayamawarboy 1)面白い記事です。

新聞TVはスポーツイベントを主催しない方がいいです。部数・視聴率の向上による金儲けと、競技者・観客の安全を両天秤にかけたら、どちらを選択するか明白です。夏の甲子園は、精神論・翼賛報道・裏金の授受に与える影響が甚大です。
甲子園を守る構造は強固。変わるにしても少しずつだろう
特定の新聞社を批判するつもりはありませんが・・・。
この中にある「新潟の私立高の、亡くなったマネージャーと選手にまつわる感動話と、その側面にある真実」のように「本質を無視して、表面的に仕立て上げられたり、操作された記事」が非常に多いことは知ってほしい。
シゴキの被害者拡大再生産はマジで害悪。
あと運動部のシゴキは個人的には運動嫌いを増やすだけだと思う。今は体動かすの好きで自転車乗るけど、昔は運動大嫌いだったわ。

(5/7) - ITmedia ビジネスオンライン
賛否両論あるけど、自分が現役の時は、水も飲めず、休みもなかったが熱中症になる選手も居なかった😅
結局のところ「金は命より重い」ってことなんだよな>>

「1975年から2011年の37年間で部活動の死亡事故は139件あって、そこで最も子どもが死んでいるのが野球部」昭和的な根性論の最後の牙城なんだな。 / “ …”
朝日新聞が作り出す感動ポルノで殺される高校生か、記事を読んだら吐きそうになるくらい嫌悪感が湧き出てくる。
一番部活の死者を出してるのは野球部
>主催社の朝日新聞社、生中継するNHKをはじめ多くのメディアにとって「夏の甲子園」は単なる高校生の野球大会ではない。「感動のドラマ」でカネを生み出す巨大利権なのだ。ゆえに、そのドラマの価値を下げるような開催時期や舞台設定の変更は断じて認められないのである
わかりやすい為政者のおかげで
いろんなオトナの事情も
みんなが理解しやすい環境になってきたから
この記事も割とおすすめ?w
わかる。すごくわかる。
「いやあ、高校野球って本当にいいものですね」で片付けるような事件ではない。当然、複数のメディアがこれを取り上げたが、いつもなら真っ先に大騒ぎしそうな人たちがだんまりを決め込んだ。
 『朝日新聞』である。
いつ頃からか、高校野球に興味が薄れたのは朝日や毎日を含めた同調圧力に違和感を覚えたから。やめてもいいのに。
「朝日新聞」への忖度を悲しく思います。
「感動」よりも高校生の命を第一に!

この国の「リベラル」を信じたい。

(6/7) - ITmedia ビジネスオンライン
野球だけ叩かれてインターハイは全く叩かれない不思議。あっちは炎天下で長距離走もやってるぞ
真夏のオリンピックマラソンもなくらない事情と重なる。/
今の日本、トップが変わらない限り落ちていく
理屈をこじつけすぎるんだよなぁ
こんなふうに整理したことはなかったのですが、私が高校野球に好意を持てない理由はこの辺りにあるような気がします。
(2/7) - ITmedia ビジネスオンライン
体育の日が、1964年の東京オリンピックの開会式の日が由来ってことももっと根拠にして欲しい
原発問題が引き合いに出されてるけど、原発と高校野球では必要性やら規模やらが、違いすぎるような。
スピン経済の歩き方:熱中症の被害者が出ても、夏の甲子園が絶対になくならない事情(要約) -
若者の犠牲を感動ドラマに仕立て上げるって特攻隊と同じでは
そういう生態系があるのはわかるし、そういう輩がある一定数以下にならないと、今後灼熱でも野外甲子園で行うだろうね。 |
多くの人が言いたいことをきれいにまとめてくれている。│
高校球児は悪くないが、その取り巻きに感動ポルノを作って搾取するクソジジイ共が多すぎる
高校生を熱中症で殺してでも
えらいひとたちに
お金儲けさせてあげよう!

スピン経済の歩き方:熱中症の被害者が出ても、夏の甲子園が絶対になくならない事情(要約) -
-

苦しんでる他人を見て楽しむ老人が主な視聴者だからしゃーない
ITmedia:

「1975年から2011年の37年間で部活動の死亡事故は139件あって、そこで最も子どもが死んでいるのが野球部」甲子園利権のために子どもたちが犠牲になる美しい国。
もっと見る (残り約125件)
 

いま話題のニュース

PR