TOP > IT・テクノロジー > ITmediaビジネス > 明治、マーガリン...

明治、マーガリンの成分見直し 市場回復へトランス脂肪酸削減 (1/2) - ITmedia ビジネスオンライン

21コメント 登録日時:2018-02-08 22:23 | ITmediaビジネスキャッシュ

明治が3月から、家庭用マーガリンを大幅リニューアル。「トランス脂肪酸」を多く含む原材料を全商品で不使用とする。消費者の不安感を解消し、市場を活性化する狙い。 (1/2)...

Twitterのコメント(21)

所詮バターの代替品であり、悪評に打ち勝つほどの文化的な厚みがなかったということだろう。 / “ ビジネスオンライン”
トランス脂肪酸が体に悪いって話、結局どうなんだろうね? 俺はあんまり気にしてないけど。
アメリカに行くと機内食でもホテルでも、マーガリンではなくバターが出てくる。日本は対応が遅すぎる。ダイエットの為にも、健康な油は必須。
(続)その後 追跡。
パームになるらしい・・・やっぱ駄目じゃん。
『日本人のトランス脂肪酸の平均摂取量は、米国の約8分の1に相当する0.7グラム/日。』アメリカ人摂取しすぎだろww
心配ならバターを買えばいいと思うの。
一方青森県ではイギリストースト(マーガリンとグラニュー糖を山型パンで挟んだの)は変わらず売れていた
トランスがあるならシス脂肪酸もあるよな?どんな物性なんだろ
「部分水素添加油脂」を不使用とし、トランス脂肪酸の含有率を10グラム当たり0.1グラムに抑える。

トランス脂肪酸というより味、そして動物性でないことの方が大きい。
明治 マーガリンの成分見直し 市場回復へトランス脂 肪酸削減

大手がやっと対策に乗り出した。
嬉しい!トランス脂肪酸削減グッドニュース!

消費者の不安解消へ:
やっぱり消費者が声を上げないとだめなのね。
トランス脂肪酸削減


やっと😯
トランス脂肪酸やアルミニウムなど、、実際には健康への影響はほぼないが企業が対応しているものは沢山ある。一方で味については好みもあるが対応前の方が美味しいと言われることもある。消費者利益とは何? / “明治、マーガリンの成分見直し…”
明治、「悪評」マーガリン成分見直し
マーガリンください
天然の液体油脂を水素架橋して固体にしたマーガリンはゴキちゃんも食べないとか!なのでマーガリン表示があったらパス!
『トランス脂肪酸の摂取が要因となって消費者が死亡した例はない。日本人の食生活スタイルでは、病気などが起こるリスクもほぼない』

ほぼない ほぼない?
…むしろ日本語の意味するところが気になったわ
私は食べませんが。
消費者の不安解消へ: 市場回復へトランス脂肪酸削減(要約) - ITmedia ビジネスオンライン
トランス脂肪酸減らしてもパーム油使ってるんじゃ、あんまり意味ないよな。
以上

記事本文: 明治、マーガリンの成分見直し 市場回復へトランス脂肪酸削減 (1/2) - ITmedia ビジネスオンライン

関連記事