TOP > エンタメ > 【CEDEC 2016】『FF15』開発の裏側...スクエニ独自の技術が作り出すリアルな世界 | インサイド

【CEDEC 2016】『FF15』開発の裏側...スクエニ独自の技術が作り出すリアルな世界 | インサイド

17コメント 2016-09-05 11:45  インサイド

パシフィコ横浜で開催されたゲーム開発者向けカンファレンスCEDEC 2016。最終日となる8月26日に、『Final Fantasy XV』のキャラクターや広大な世界の構築にどのような技術が使われてい...

ツイッターのコメント(17)

PSO2も数年前のゲームだから5000~7000ポリゴンは仕方ないのか。最近のになるとFF15などは10万ポリゴンくらいらしい。(それでもヌノンちゃんはそれを超えている……)
写真撮影の際特にノクトを美人に撮るのが難しく、キャラも場面によっては変顔になってしまうのに困ってたんですけどFF15はモデルが7段階あって多分拡大率によっては光源処理がうまくうかないモデルがあるんだろうなぁと気づきました(˘ω˘)
うん・・・わからぬ!w
いわゆるゲームでのハイポリモデルが現代の基準だと10万ポリゴンかな。
FF15のキャラやThe Orderやニーア オートマタのキャラたちが大体そのくらい。このクラスだと作るのに普通に数ヶ月かかる。
ストーリー云々はあるんだけど、こういう作り込みはほんと凄いんだよなぁ。 / “ | インサイド”
FF15のキャラクターがどの程度のポリゴン数で作られてるか知りたかった。ここら辺目標にして制作頑張ってみよう(´・ω・)
これいい記事だ
過去のCEDECの記事を探して引っ張り出して来た( ˘ω˘ )
緊急告知|12/10オーキャンにFFXV リード3Dキャラクターアーティスト「黒坂一隆」来校!先生の紹介記事はこちら
見てる:
LODを関数って表現するの初めて見たわ
スクエニの技術はやっぱ凄いよな。『FF15』が楽しみやわ!
ふと思い出したのだが、映画FF15が微妙だったのはヒロインの言動が電波じみてた所によるものが大きかったなぁと(;´∀`)
後で読む
2016】『FF15』開発の裏側…スクエニ独自の技術が作り出すリアルな世界 なまぽカエルが新着記事を発見・シェアしました
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR