TOP > 科学・学問 > 新型コロナウイルスに感染し回復したネコは無症状にもかかわらず 長期間、肺に炎症ダメージが残り、また一定期間は再感染しない|東京大学医科学研究所

新型コロナウイルスに感染し回復したネコは無症状にもかかわらず 長期間、肺に炎症ダメージが残り、また一定期間は再感染しない|東京大学医科学研究所

ツイッターのコメント(18)

だから弱って死ぬだろうね
フレさんが、近くを通った動物病院に貼ってあったとのことで、ペタリしとく
ネコには治癒後も長期に亘って肺へのダメージが残るという発表があった。河岡教授はリバース・ジェネティクス法を開発したウイルス学者として世界的に著名な人…
- yahooでは概要で切り落とされていた情報の元リソースです。重症化の場合は人間と同程度のダメージが見られたそうです
コロナウイルスが起こす猫の病気で最恐のFIPよりはマシだけど。

・無症状でも肺の炎症による長期的なダメージ
・免疫獲得あり少なくとも4週間継続
・ヒトでも感染による炎症が長期的に続くかも

人間もナメたらあかんね。
インフルエンザウィルス研究第一人者の先生の研究だった
概要
◻️コロナに感染させた猫の呼吸器を調査
・無症状にも関わらず4週間肺に炎症が確認された
・一回感染していまえばしばらくは再感染することは無さそう
・人の場合も同じかもね
もう一群のネコ(図下半分)は、感染ネコとの同居により接触感染し、4 – 5日間にわたり鼻洗浄液中にウイルスを排出した。
何となく調べたけど飼い猫におけるコロナウイルス感染の注意点を調べるための研究っぽい
Yahooニュースだけだと人に対しての動物実験っぽく捉えてる人が多かったけど違いそう
東京大学医科学研究所のプレスリリース。ネコもダメージがあるんだな。
イヌはどうなんだろう?
これか……
人は皆無症状感染してるかもだから、もう外で猫さわらない! 猫間で感染広がると大変。レスキューもしにくくなる。
新型コロナウイルスに感染し回復したネコは無症状でも長期間、肺に炎症ダメージ残り、また一定期間再感染しない|東京大学医科学研究所
に感染し回復したネコは無症状にもかかわらず
新型コロナウイルスに感染し回復した猫は無症状にもかかわらず、長期間、肺にダメージが残り、また一定期間は再感染しない
無症状でも肺に長期間ダメージが残る。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR