TOP > その他のニュース > 個人主義社会の少子化対策は、母親が儲かるようにすべきだが、できないので日本の衰退待ったなし

個人主義社会の少子化対策は、母親が儲かるようにすべきだが、できないので日本の衰退待ったなし

16コメント 登録日時:2017-11-07 13:05 | ハフィントン・ポストキャッシュ

女性が子どもを産みたくならない限り、人口が増加に転じることなどあり得ない。...

ツイッターのコメント(16)

おもしろい。
ツッコミ所は多々あるも、「母を大切にしない国はじきに滅ぶ」との一文には大賛成。
これは政府のみならず、国民も注意すべき事ではないだろうか??
子どもが生まれた時の感動が少ない男性や感動を忘れたじじばばの心ない言葉や制度の不備が少子化の原因じゃないかなぁ?
ほんとに。働き手がいないから女性活用、もいいが、ほんと少子化対策にドーンと金とか制度使わないと現役世代が夢なく疲労してくよ.
「母を大切にしない国はじきに滅ぶ」。母を大切にする国になって欲しいと私たちも願っております。
妊活をした私だから思うけどこの国は子供を作らない、子供が幸せにならない方向で制度が固まってる。正直もう国を立て直すのは遅いと思う。
すべての母親が余裕で子供を育てるしあわせを感じられたら全ては変わるよね。。
「母を大切にしない国はじきに滅ぶ」
面白い発想で、まったくその通りだな。
個人主義社会の少子化対策は、母親が儲かるようにすべきだが、全くやろうとしないので日本は衰退するだろう。
うーん…そうなんだよな…子育てってとにかく大変!ってイメージだけ先行して幸せ〜なイメージはないんだよな、それぞれにあるはずなのに
すごいな、こどもに対する内容がない
夫婦ではなく母親が儲かるように?間違ってるとは言わないが拗らせすぎでは?
産みたい時に結婚出来ず
独身で老化してしまい
時すでに遅く
ボーゼンとしている
団塊の世代の子供
出産や子育てに携わる女性の立場や収入や権利を強化しない限り、国の衰退は不可避である。
現に子どもはずっと保育園や幼稚園であるわけでもなく、先は続く。
収入が保証されてれば、急いで預けて働くってしなくていいもん。
(ハフィントンポスト) ちょっと前に、大人用オムツの売り上げ高が新生児用オムツの売り上げ高を越えたということを知ってファーwwwとなった…
以上

記事本文: 個人主義社会の少子化対策は、母親が儲かるようにすべきだが、できないので日本の衰退待ったなし

いま話題の記事