TOP > その他のニュース > ドイツ・社会保障制度の効用

ドイツ・社会保障制度の効用

ユーロ危機にもかかわらず、ドイツ経済はすこぶる好調である。だがその一方で、ドイツは、お年寄りや失業者など社会の弱者に対し、社会保障制度によってしっかり手を差し伸べている。バイエルン州の湖畔でくつろぐ、お年寄りたち。(筆者撮影)連邦労働省が今年8月初めに発表した統計によると、昨年ドイツは、年金や医療費、失業給付金などの社会保障サービスのために、8500億ユーロ(119兆円・1ユーロ=140円換算)を......

ツイッターのコメント(18)

ドイツの社会保障。
ドイツはいい国だなぁ。
日本と大違い。
先程の健康ゴールド免許の件に関しては、こちらも読んで考えてみたいところである。
ドイツ人のskype友達が、ドイツでは頑張りものが馬鹿を見るって言ってたのはこういう理由だった。
ドイツ 毎月の手取り所得が1万ユーロ(140万円)を超える富裕層では、実に毎月8470ユーロ(118万5800円)もの税金や社会保険料を払っている。低所得層の11倍の負担である。   コレが記事w  @yuyu3930
日本は…
# HuffPostJapanより
今はうまくいってるけど、将来的にどうなんだろ?羨ましい話しではあるが。経済移民なんか受け入れられないんじゃないの?
ドイツの社会保障支出は、GDPを上回るスピードで増えているにもかかわらず、政府が富裕層への課税を強化することによって、所得格差の軽減に力を入れているという話し。→/
# HuffPostJapanより
日本では「社会保障制度を削減したので、ドイツ経済はうまくいっている」と誤解している人がいる。実際には、社会保障制度の行き過ぎた部分を是正し、市民の自己負担を増やした・・・ん?なんて?
ドイツが高福祉社会であり続けられる理由とは|ドイツ・社会保障制度の効用 熊谷徹 在独ジャーナリスト(元NHKワシントン特派員)
富裕層への課税を強化することによって、所得格差の軽減に力を入れているのだ。ドイツが、自由放任主義をとる米国と、最も大きく異なる点である

# HuffPostJapanより
日本では難しいかー

ドイツ・社会保障制度の効用
「ドイツ政府はこのように富裕層への課税を強化することによって、所得格差の軽減に力を入れている」
| 熊谷徹 月40万と月140万で手取りほぼ一緒か…
以上
 
本文を読む:ドイツ・社会保障制度の効用

いま話題のニュース

PR