TOP > その他のニュース > 日本の就活がどんだけオワコンなのかがわかる、日本とドイツの就活事情の違い5つ

日本の就活がどんだけオワコンなのかがわかる、日本とドイツの就活事情の違い5つ

146コメント 登録日時:2016-02-11 13:32 | ハフィントン・ポストキャッシュ

またまたTatsumaru Timesに寄稿記事をいただきました。今回はドイツで大学生をしている、スーパー毒舌ブロガーの雨宮さんによる投稿です。ドイツの就活事情についてわかりやすく書いてもらいました。元記事はこちらからお読みいただけます。刮目せよ! これが「個性が死ぬ」就活だ日本の就活で一番大切なことは、「目立たない」こと。まず、目立ってはいけない。変に注目されてはいけない。就活ではとにかく、個性.....

Twitterのコメント(146)

@amamiya9901 氏の昔の記事だが。
無能な自分は、実力主義だとどこも就職できないし、フルタイムのインターンなんて面倒でやってられん。
企業が弁当出してくれるとか優しいやん。
(続)
リクルートスーツの人見てると気分悪くなるよね…トータル日本恥ずかしい。
#
この記事は日本の就活を考える上で大いに参考になるのでは。
すごーい!あれだけ批判があるのにも関わらず日本は就職システムを変えられないフレンズなんだねー!
日本企業の無能人事共と就活セミナー(笑)で飯食ってる雑魚は目糞かっぽじってよく読んどけ
ふつう常識的に、そうだよね・・と言いたいところだが、そう言えない日本の国。
はて、これだけ不合理の上に乗ってるとなると、学校の勉強って何なのさ~?
❏日本とドイツの就活事情の違い5つ
オワコンというより、始まってもない。日本の人材への意識の異常さは、戦前・戦中を戦後に引き継いで、今に至ってると、私は思ってる。  ・・
別にドイツのやり方がすべて正しいとは言いません。でも問題は日本の就活システムが変わらない限り優秀な人材がいなくなるということです。たとえ10個の資格を持っていても、茶髪で面接に行ったら落とされるのが日本の就活ですから。(本文より)
茶髪で面接に行ったら落とされるのが日本の就活ですから。「就活メイク講座」とか果てしなくどうでもいいですねぇ。 -
就活って国によってだいぶ違うんだな #
#
日本が"先30年は変わらない。"なら、日本でみんなと一緒にお気楽に生きてた方が楽よね、優秀じゃない人は。
学歴で給料違う(出世できる程度も違う)の全世界で当たり前。全然違う物を簡単に優劣つけられるって若いっていいなと思うw-
このタイミングで取り上げるのも今更だが、中身のほうはもっと今更。
それで企業は留学経験やグローバル的キャラな人材を求めるちぐはぐ。
日本と韓国くらいね、この異様な習慣は。世界から劣っていく訳だ。
@HuffPostJapan: 日本の就活にがっかりしませんか?ドイツの就活事情の違い5つ
Ausbildung clearしてないと、
ブルーカラーしか選択肢がないなんて、日本じゃありえない!
おもしろい ///∇///
日本の就活はオワコンって記事を書いたわけですが、そこで「没個性」に対するリアクションがちらほら見受けられましたので、わたしの意見を。
ですって
有能で志が高くてやりたいことが決まってる人はヨーロッパ行きなさい
激しく同意。ドイツの就活がすごいんじゃなくて米国とか元々そうだし、日本の就活だけがオワコンだ。こんなこと続けてるとアジア諸国からも馬鹿にされるようになる。⇒
就活中の時、デザインの制作会社の説明会では、「スーツで来るとは何事だ」みたいな注意をされて、リクルートスーツで来た人たちは居心地悪そうだった…→
このドイツ式ってまさにベルトコンベア型の就職大学でキャリアチェンジが不可の融通効かな過ぎ感が…。まあ、独は職人主義だからね。〉
ヨーロッパに移住するかはさておき、就活してる人は知っててほしーな、日本の就活のこと
自由な業界にいたからこういう実感がないw 日本でもWeb系は楽しいよ!
就活なんてまだあったのか
違いは事実やけどえらい極端な言い方やなぁ。こういう「日本=ネガティブ、海外=ポジティブ」な記事ってなんだかね。/日本とドイツの就活事情の違い5つ
抜粋→ 最近は優秀な人たちはあえてベンチャーへ行ったり、起業しちゃってますね。(中略)でもそれって、国家の損失ですよ。これからばりばり働いて日本支えていく世代が、企業に失望してるんですから。 / “日本の就活がどんだけオワコンな…”
最近はITベンチャーへの長期インターンも増えています.日本もこっちの方向に変わる"予感”はします.実際にそうなるかは分かりませんけどね~.
日本の大学生、就活ギリギリまで遊んでばかりだからなあ。
いい加減日本は労働を変えていかないと優秀な人は海外行くし、無能はフリーターやニートってみち選ぶしでますます窮地に追いやられる
# HuffPostJapanより
先のある人はいいなぁ。若くないけどヨーロッパには行きたい。
# HuffPostJapanより
「最近は優秀な人たちはあえてベンチャーへ行ったり、起業しちゃってますね。やりたいことやれるから。でもそれって、国家の損失ですよ。」いやいや
ドイツのは、かなり割り切った制度だが、日本も事実上正規と非正規の身分制度になってるからねえ。
日本もおかしいがだからドイツと誉めそやせる制度かなぁと。
そこまで書くかって感じもするけど少なくとも就活って無駄がおおいよね

自分は地方の大学だったから、大学横の建物に各企業がきてくれたから楽な方だったとは思うけど、東京の人は大変そうだったし… ?
いま成田空港は中国人で溢れかえってます。
ドイツがいいかは別として、日本の就活は確かに終ってる
@iwakamiyasumi「目立たない没個性」で「個性をアピール」してください 、の日本【日本の就活がどんだけオワコンなのかがわかる、日本とドイツの就活事情の違い5つ】これぞ実力主義!ドイツの就活はこうだ! (両角達平氏)
こういう片面的記事読んで浮かれてドイツ行く前に、筒井淳也氏『仕事と家族』読んでおいた方がいいよ。日本と同じく、ドイツが少子化で苦しんでいるのが分かるから。/
別の国のシステムと比較するのは良いことだと思う。日本の就活が良い悪いは別として、
ドイツのはまどろっこしさがないよね
実力主義。ドイツの就活システム:
20代のうちに知りたかった!
こうして日本とドイツの就活事情を比べると、
特徴がとても分かりやすいですね!
参考にどうぞ。
ほんとだよ。いじめだよ。
# HuffPostJapanより
、、、、、

うんうん。な所と、
んー。な所と。
(自分が知識も経験もまだまだ。笑)

# HuffPostJapanより
確かに終わってる。だがしかし自分が海外で就職できるかと言われるとそれもまた…。 # HuffPostJapanより
まあ判りきったことなんだけど、誰も変えようとしない。企業のオッサン達の「都合」があるからね。>
日本は、どう今後変わるかが課題だね!
ブロガレクルーの書いた記事。こんな記事かけるクルーがいるのを誇りに思うな。超良記事です。日本の就活オワコン正解。
国際比較って大事
就活におけるリクルートスーツ批判とかあるけれど、リクルートスーツを着たら死んでしまう程度の個性であればないのと一緒かと。|
これ読んで欧州行こう!って人より日本で良かったって思う人のほうが多い気がします。
ドイツは国がオワコンやん。
それはどうでもいいけど、日本の就活も悪くないよ。
海外はやっぱこんな感じなのか。
こういう日本下げ、海外上げの人は海外でも馴染めなかったからわざわざ日本語でそんな記事書いてるんやろな。▼ ?
俺の知る限りだと首都圏のベンチャーやスタートアップ、若い企業ではかなり様子が変わってきてるみたい。少数派なんだろうけど。>
ドイツ面接一回なんや
日本を飛び出して米国で活躍している知り合いはいるんだけど、欧州ってそんなに開かれた社会だっけという疑問はあるな / “ | 両角達平”
ホントこの通り。
子どもには、日本で就活させたく無いくらい、日本のシステムキライ。
ドイツのもなかなか大変そうだけど、興味深い。
就活システムを責めてもねぇ。なぜこんなことになってるかを考えると、労働慣行全体に問題があることに気付く。
この間のドイツ系企業説明会でも聞いた話だけど,これ日本向けの求人でも同じやり方だから学生は実質的に二者択一になる。
すごい面白い記事だった〜😮
就活の違いとか聞いてあるけど、確かにそうだよな〜って思った💭

HuffPostJapan
日本の就活で一番大切なことは、「目立たない」こと。まず、目立ってはいけない。変に注目されてはいけない。就活ではとにかく、個性を押し込めることが大切です。
日本の企業は使える(=会社にとって使い易い、御しやすい)人材を優先するもんねぇー。
ドイツ式のもなかなか大変やな。実力主義。/
さてどこから手を付けるか? ☆
個性的な人材が必要と理解しながら、これまで通り没個性的な人材を採用する日本企業の矛盾
めっちゃ面白い!日本の就活のおかしさは、今更言うまでもないけど、改めてネタになる面白さだと思った。/
今読んでる川モデルに似たようなこと書いてあったな
「日本の会社に「天才」は必要ないんです。「そこそこやれる目立たない凡人」が上司に気に入られる秘訣」
//
共感出来る。
ポンコツの俺がいうことでもないけど(笑)
でも問題は、日本の就活システムが変わらない限り、優秀な人材がいなくなる、ということです。だって面倒くさいもの。
ヨーロッパがいいのかどうかはわからんが、日本の就活は終わってると私も本当に思う
結局こういうのの結果が表沙汰になってるだけなんだよなぁ
型にハマって周りと合わせて生きるのが本当に正しいのか

# HuffPostJapanより
面白い、ヨーロッパ良いね!

# HuffPostJapanより
スタートアップとかはこんな感じだと思うんだけどな
ドイツ式が全部良いかはさておいて、日本の就活は究極に無駄だと私も思う。新卒一括採用がすべてをダメにしていると思う。
優秀な人は欧州に行こう、俺ら鈍亀が日本に残って日本を滅ぼしに掛かるんだ………
少なくても日本がスタンダードだと思っている限りは無理だろうな /
なんか…めちゃくちゃ考えさせられた。文化的なものもあるとはいえこれじゃ日本はダメになる。
なんてことだって感じ
# HuffPostJapanより
他の先進国の企業はいかに優秀な人を雇うかしのぎを削っている。日本企業はこの愚かな雇用慣習を続けていると将来どうなるか考えたほうがいい。/日本の就活がどんだけオワコンなのかがわかる
釣り方の上手なタイトルの付け方だと感心しました.独米の違いとしては,アメリカは面接が一回限りでないことがある点かな?
設計思想が違うだけで、日本の就活はかなり洗練されてると思う。まあ僕はそれに賛成しているわけではないけど。
日本の大切な人材を失いたくなければ、企業も変革を求められるのかー
日本って治安がいいってことだけで、もう何にもいい事ないな
既卒だけど、スイスでは筆記→人事面接→上司の上司面接→直接の上司面接 だったな... → @HuffPostJapan
ピケティが言ってたなー こんなこと 海外かー
これを見ると、ホントに日本の就活ってアホだと思うわ。綺麗な写真を撮る教室行くとか仕事と全く関係ないし。こんな者に付き合わされる学生かわいそう。。
おわこん。|
ドイツには言わずと知れたシーメンスやメルセデス・ベンツなどの大手企業がいろいろありますからね。日本の就活ってやっぱ変だよ。ビジネス化してるしダメだこりゃw
コレは確かにそう思う。
以前にも呟いたけど、外国語喋れりゃ人材は皆海外へ逃げるぞと。

# HuffPostJapanより
就活がオワコン=多くの受動的な学生、凡庸な教師、怠惰な大学運営、企業文化が協業した成果。ポジティブにいえば文化の違い
刮目して欲しい。本当に。、
# HuffPostJapanより
日本とドイツの就活の違いについて

この記事いいな。
日本のダメだと筆者が思うところは指摘しつつ
「だからこう変えろ」
とは言っていない。
「意欲あるならこういう方法がある」
と、提案しているのがすごく好感が持てる。
>日本の就活システムが変わらない限り、優秀な人材がいなくなる

↑ここからの毒舌好きw私の日本の印象は、全てにおいて後手後手。行動が遅い。
大学=真理の探究をする所。在学中からのインターンが就職へのソフトランディングになるのは合理的で良いと思う。
日本の就活は、ムラ社会が生んだ通過儀礼。
企業も、所詮ムラ社会。トラブルメーカーを注意深く排除する為の物。
あれ?しゅーやくんやん。/ HuffPostJapan
就活生は一目でわかる没個性(・・;)
ドイツで就活してみませんか?!→ HuffPostJapan
| 両角達平: またまた Tatsumaru Times に寄稿記事をいただきました。今回はドイツで大学生をしている、スーパー毒舌ブロガーの雨...
仕方ないよね。どうせ日本だし。(^ν^)
チェック /
# HuffPostJapanより。でも日本企業は優秀なんじゃない?
実力のない者にとっては厳しすぎる環境かもしれないけど、本来はこうあるべきだと思う

# HuffPostJapanより
こういうサイトとか見て今年度になってからは日本嫌いが二次関数、三次関数的に日本嫌いが加速している。
ヨーロッパはジャグラーも多いし良いかも。
実力で評価してくれないもの。たとえ10個の資格を持っていても、茶髪で面接に行ったら落とされるのが日本の就活ですから。「就活メイク講座」とか果てしなくどうでもいいですねぇ。こういう講座で金儲けできるんだから、日本って本当に終わってます
。人と違うと生きづらい日本。日本が求めているのはロボットなのだろうか。
どれだけ日本が遅れているかが分かります。
日本やったら新人が自分の考えや発言したらほとんど先輩に抑えられるもんねたしかに
これ見ると今に合ってないような日本の就職感じ
日本の就活は絶望的なくらいオワコンだった、日本企業もオワコン、日本よいい加減気づけって感じだね
-

これは考えさせられる。
某会社はグループディスカッションで一言も喋らない人から採用されるという噂を聞いたことがあります。
それでグローバルに活躍できる人材を募集していますと広告を出してるんだよなぁ。
読んだ。 /  #
で、入る先がVWとかドイツ銀なのwww?
切れ味鋭いけれど、就活について考えされられる内容かも。
----------
# HuffPostJapanより
「人と違う」こ今の若い人も嫌いでしょう?
就活だけでない。売れる雑誌や選挙活動も / “ | 両角達平”
日本はリクルート系の会社がたくさん蔓延るへんな国だよね
合意形成を経るプロセスとしては、日本式も価値があるんだけど。早い変化には、個の力とスピードが必要だから向かない。。。
日本の就活では、目立つとダメとのこと。そんなこと言ってたら、優秀な人材は外に逃げて行く。インテグラルは、そんなこと言いませんので、どこかで修行してからお出で下さい。 / 日本の就活がどんだけオワコンなの...
私のように目に見える業務に直結しない学科出身でも、インターン経験でokなんかな。
# HuffPostJapanより
典型的なソレで笑う
システムも文化も違うから一概に良いとは言えないけど、結構共感できる内容。
こういう馬鹿な就活をしてるから日本はどんどんダメ企業になるんだよ(`・ω・´)
- ハフィントンポスト
就職なのか?就社なのか?
/ _ハフィントンポスト日本版
果たして一体「協調性」って何なんだろう、と思ってしまう。/
これが正しければドイツのやり方もちょっとやりすぎだとは思うけど、少なくとも日本よりはマシに見えるなあ。
: またまたTatsumaru Timesに寄稿記事をいただきました。今回はドイツで大学生をしている、スーパー毒舌ブロガーの雨宮さんによる投稿で...
以上

記事本文: 日本の就活がどんだけオワコンなのかがわかる、日本とドイツの就活事情の違い5つ

関連記事