TOP > その他のニュース > グーグル、インテル、フェイスブック... 最先端企業が「心のトレーニング」を始めた理由

グーグル、インテル、フェイスブック... 最先端企業が「心のトレーニング」を始めた理由

■心の筋力と柔軟性を鍛える頭に血が上る、胸がムカムカする、腸(はらわた)が煮えくり返る、キュンとくる、ジーンとなる、こみ上げるものがある・・・。こういった言葉が示すとおり、人間は感情の動き(情動)を何らかの生理的反応としてキャッチしている。前回のブログでは、そんな情動と言語的思考(理性の働き)の間にあるタイムラグ(情動のほうが先に生じる)が、失言や意思決定の誤りにつながることにふれた。とりわ...

ツイッターのコメント(41)

1日5分「真剣な呼吸」のススメ
少し前の記事ですが!ためになると思うので是非!
心のトリガーをコントロール
私も毎日のように、1日5分やってるヾ(o・ω・)ノ
筋力不足や身体の硬さはスポーツで具合が悪いのと同じで、状況に対する注意不足、反応の硬直化は仕事のパフォーマンスを下げる>
もっと大々的にやろう。(≧∇≦)
本日、J-wave TOKYO MORNING RADIOで取り上げたブログはこちら /
- ハフィントンポスト
こんなのやってるんだ。初めて知った。
たしかに、「つまらないこと」や「どうでもいいこと」が気にならなくなる。 >
昨年からよく耳にするようになった「マインドフルネス」について。>>
いい試み。結果知りたい。対症療法としても予防としても効果あり。|
1日5分からならできそうだなぁ。ゴールデンウィークから始めることを検討中。 /
記事によると

「継続的な訓練を行っている人(禅僧など)の扁桃体(情動をつくる中枢機能)は、不必要に活性化しないことがわかっている」

らしい。

私はまだまだ修行が足りないようです(^_^;)
デスクワーカーこそ必要。
「今ここ」の広まり*
5/21開催のおうちエンカフェでも午前中「マインドフルネス・エンカウンター」やりますよ。 -
呼吸法はいつの時代も共通 → | MiLI
ネガティブな情動は発想を狭める...か。
/
グローバル企業での心のトレーニング
いいかもね / “ | MiLI”
マインドフルワークは科学的瞑想であり「今この瞬間に完全な注意を向けた状態」のこと。
こういった感じで瞑想を取り込むのが最先端の働き方だと思う.>>>
メンタル管理はとても大事ですね。 /
気になってる分野!
この記事おもしろかった
この話はおもしろいよ!
マインドフルネスとは、「今この瞬間に完全な注意を向けた状態」のこと。
今大事なことに集中する
中国(儒教)化する資本主義…。
…学生のみんなに読んで欲しい。特に,反射的に行動したり,Twitterに書き込んでいる心あたりのある方。
人間の意識の覚醒が平準化された パフォーマンス向上
早速、試してみようっと:
ここにいるのに「いない」ことってあるんですよね。これはかなり難しいトレーニングだけど、大事ですね。/
いい発想だし、こういうことで人間は進化していけるのではないか。
現代社会において、マインドフルワークが必要な人は結構多いような気がする。
今の連続がフットサルだ |
以上
 

いま話題のニュース

PR