TOP > その他のニュース > 一橋大学ロースクールでのアウティング転落事件~原告代理人弁護士に聞く、問題の全容

一橋大学ロースクールでのアウティング転落事件~原告代理人弁護士に聞く、問題の全容

16コメント 登録日時:2016-08-09 16:34 | ハフィントン・ポストキャッシュ

2016年8月5日の第一回口頭弁論にともない、原告と弁護士による記者会見が開かれた一橋大学ロースクールにおけるアウティングが引き起こした転落事件。LETIBEE LIFEでは、ゲイ当事者である原告代理人弁護士・南和行氏へのインタビューも交え、この事件の概要と、私たちが考えるべきことをレポートする。事件の概要を振り返る2015年9月に発生した転落事件で亡くなったA君(享年25歳)は、愛知県出身。彼は...

Twitterのコメント(16)

一橋大学ロースクールでのアウティング転落事件〜同性愛者がなぜそれを隠して生きていかざるを得ないのか。ヘテロセクシュアルではないことに対する差別や偏見がいっぱいあること。だからアウティングが凶器になるということ。 #
今年一番ショッキングなニュースはこれだった。6月のオーランド銃乱射事件を含め、この夏は精神が摩耗し切ってた。
こちらの方が読後、モヤモヤが晴れました。
Z君はなにも悪いことはしていない。いい加減にしろ。
キモいおっさんが女に告白したらセクハラで訴えらえるけど、ゲイだったら逆とは!逆差別だ。
# HuffPostJapanより
転落死に抗不安薬が影響していた可能性も出てきた。
大事な問題をふくんでいると考える。
自殺は意味ないからやめて。そんな考えじゃゲイに偏見ない社会でも恋愛うまくいかないと思う。、、、 #
個別の実情は不詳ながら、これは一般に大学に、学生・院生の(教職員と無関係な)私的交際の中で起こり得るトラブルに対しても対処義務を負わせる主張なのかな?⇒
パブリックフォーラムとしての裁判ががが。

"裁判というのは世間の標準的な価値観に対する問いかけです"
@HuffPostJapan
Boy meets Girlな恋愛と違ってA君の告白には、当然、自分がゲイであるということのカミングアウトも含まれていた
ホモに配慮する必要はあるが、そうでない人に配慮する必要はない。そうとしか思えない。ホモがホモでない人を傷つけるのも良くない事だ。
「模擬裁判」にはどうしても出たいというのをためらわずに止めるべき状況だったのかが肝か。結果論レベルならそりゃ止めるべき、だけど。 / “ | Let…”
拝読初発の感想。一橋大学のハラスメント相談室なるものの機能不全。枠組みだけで内実伴わないことが露呈。理解する力を試されているヘテロ側。一橋大学に限らず法曹界全体の襟をただす、社会に広くマイノリティへの理解を促す事件。 ?
以上

記事本文: 一橋大学ロースクールでのアウティング転落事件~原告代理人弁護士に聞く、問題の全容

関連記事