TOP > その他のニュース > 勤務医の過重労働:酷使される勤務医の実態と、その解消策

勤務医の過重労働:酷使される勤務医の実態と、その解消策

近年、ブラック企業が大きな問題となっています。ブラック企業は、1991年のバブル崩壊以降、コスト削減を至上命題として末端従業員に劣悪な労働環境での勤務を強いる企業のことを指します。 実は、医療業界にも...

ツイッターのコメント(46)

この国の医療制度は医師の奴隷労働の下に成り立っています!(女性勤務医は50歳前まで、男性医師に至ってはほぼ全年代で過労死認定基準に達してて笑えない)

【勤務医の過重労働:酷使される勤務医の実態と、その解消策】
@HuffPostJapan 若手医師の現状の残業時間が年2000時間に達してる現状も批判してください。(45×4×12=2160時間)
医師労働時間国際比較。すごい差ですね。
@naosocio 医師不足(特に勤務医とか、産婦人科とかの一部診療科)が拍車をかけてますね。
男性医師は労働時間も長いですが、当直して32時間以上連続勤務になることも多いです。
看護師みたいに日勤と夜勤を分担できるのが理想でしょうが、
人的・金銭的余裕がない状態が続いてます。
ヨーロッパの医師の労働時間はおしなべて週40-50時間台ってところか
@masayomasayo 一応、この記事から引用しましたとだけ伝えておきます。(この著者の主義主張に賛同しているというわけでありません。ただ、データとして都合が良かったので使用しただけです。)
5年も前に今の現状は予想されていてしかもその通りに進行している、、、
医療制度崩壊やなこれは、、、
過重労働が前提の業界事情が今回の東京医大入試騒動の背景だと分かる良記事。
過労死レベルの労働が働き方のスタンダードだと理由が出産、育児、介護、病気など何であれ一時離脱する者は敬遠される事に繋がる。
@click_burn ちなみに例えば、このような「あなたの意見」と異なる意見もありますよ。これについてばどのようにお考えになりますか。僕は大筋でこの意見には賛同ですね。
高度専門職のお医者様養成コストもかかるはず、志ある方にながくおしごとしていただきたい。
「AsIsの一人当たりの勤務時間」からシミュレーションを始めるのに違和感。ずるずると戦況が悪化する日本的発想というか。本来、将来の医療行為に対する総需要から医師の必要数を算出してFit-Gapを見るべきなのでは。
医師の過重労働も今回の件の本質的な課題ですね。
@diethylether74 文字通り1人で2人分、働くのキツいよね……。(20代男性は週80時間労働)
過労死しちゃうよおじさん
「医者の給料にメスを入れるべきだよね。既に待遇は十分過ぎる」

って数日前のツイートが攻撃を食らっていたが、たぶん勤務医の働き方の実態を知らないんだろうなぁ、と。
医者を目指す人でも、入学前に

医師国家試験は過去問集が6000ページ超
医師になってからは週80時間労働


とか経験したら考え直すのかもしれない。
>>こういうのを読むと、しゅじいにどこまで求めていいのかという気もしてくるけど…(>_<)
医師じゃなくてもできることは他の人ができる仕組み作っていったらええのにね。言うのは簡単だけど。いずれ自分も真剣に考えないといけないトピック。
医学部の定員を増やしても、その効果は短期的はでません。また、増員しても楽な科に集中したら、きつい外科や救急は変わらないです。医師の雑用軽減のほうが現実的です。/勤務医の過重労働 #
この長い記事いつ書かはったんかなあ、当直中かなあ。
#
諸外国と比較し、適正な医師数への増員は必要でしょうが、莫大な医療費に合意しないのであれば過重労働は必至。話は進みませんね…。
過重労働については度々ネット上でも記事は挙げられています。2013年の記事。/ | 湯地晃一郎
今年1月に自殺した女性医師の超過勤務、最長で251時間。以下の記事から何も解決されてない。患者さんに知ってほしい。ほに限らず、日本人の無関心が事態を悪化させている。
@PredatorRat    2006年時点の調査結果みたいですが、男性は60歳ぐらいまで週60時間以上の労働が普通みたいですね。給料下がってもいいから休み欲しくなりそうな
70−95過ぎでも現役(±過重労働)続行しないと高齢化社会の需要をまかないきれない。医師に老後なんて贅沢なものは存在しないってことか…。:
「勤務医の過重労働:酷使される勤務医の実態と、その解消策」湯地晃一郎 から。 今後も医師数は増加するが、主として高齢医師と、女性医師が増加していく。
必読。凄まじいブラックぶり。
うえー…そうじゃないとこ探そう
9件のコメント
以前からある医師過重労働問題。その深刻さぶりが再確認出来る記事。医師増員だけでは解決無理。ではどうする?<
勤務医の自死や過労死が顕在化している過重労働時間はそのままに、国は医学部定員を決定。今後の高齢化社会に医師数は絶対的に不足。看護師も定員不足、過重労働等により、離職率は約10%。持続可能な医療制度の構築を。
→(2013年05月31日)
「日本の高水準医療は、医師の過重労働という犠牲の上に成立している砂上の楼閣」で、「勤務医過重労働の解消策とは」「継続可能な医療制度の構築について、国民的な議論を行うべき」か…じゃあ誰がこれを提案するのか…
.  うなずける部分はあるのでツイート。一生懸命なドクター、看護師さん、休日大切に過ごしましょう。
医師数増やすべきだけど外国人はやめてね。“@up_set: ”
「しかしながら、日本の高水準医療は、医師の過重労働という犠牲の上に成立している砂上の楼閣です」 /
医師がブラックと言われても、正直実感湧かない。待遇さえ良ければ長時間労働そのものは、名誉でもある。
病院業務は忙しい、というお話。コメント欄の「解決するためにも市民と病院との対話を」という声がおっかない。「市民」と話すとたいていの場合、仕事はむしろ増えていく
過労死認定基準か。ちょうど10年ほど前の研修医制度が始まった頃だったら、月曜から木曜まででこの基準を超えてしまっていたなあ。
そもそも過労死を英語にすると"karoshi"だからな。図2の実態があればそれも当然の事。iphoneのゲームもあるw /
"本稿では、ブラック企業に酷使されている末端従業員にも似た、勤務医の過重労働について述べます" /
お父さん死なないでー( ; ; )!60歳でなのに36時間労働とかありえん!!“@sonson01: ”
「勤務医の過重労働:酷使される勤務医の実態と、その解消策」  知り合いの医師に訊いてみよう。
日本の高水準医療は、医師の過重労働という犠牲の上に成立している砂上の楼閣です。ブラック企業の高利益は、酷使される労働者の犠牲のもと、維持されているのと全く同じ構造 勤務医の過重労働:酷使される勤務医の実態と、その解消
月の残業時間グラフかと思ったww
「日本の高水準医療は、医師の過重労働という犠牲の上に成立している砂上の楼閣です。ブラック企業の高利益は、酷使される労働者の犠牲のもと、維持されているのと全く同じ構造だといえます。」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR