TOP > その他のニュース > 人類の理想郷?軍隊を持たない国コスタリカへ行ってみた

人類の理想郷?軍隊を持たない国コスタリカへ行ってみた

26コメント 登録日時:2015-05-22 18:06 | ハフィントン・ポストキャッシュ

リオセレステの滝中米の小国、コスタリカ。人口は490万人。面積は九州と四国を足したぐらいだ。この小国が近年世界的に注目を集めている。いくつかその理由を列挙してみたいと思う。・2012年のイギリスの民間シンクタンクの調査で「世界で最も幸せに暮らせる場所」世界一に。・電力の9割以上が自然エネルギー由来。今年に入って75日もの間、自然エネルギーだけで100%電力をまかなったとの発表も。・「生物多様性ホッ......

Twitterのコメント(26)

日本も コスタリカに少しは学んでほしい。軍事費を0にして 医療費、大学までの教育費を 無料に!
ウーマン村本さんに、コスタリカを視て聴いて語ってほしい。
軍隊がない平和国家コスタリカ、軍事費を教育に振りかえ国家支出の30%が教育費、国連平和大学まで誘致してる、自然エネルギーほぼ100%、日本より平和的だ。
どうでしょうのケツァール画像検索の流れでたどり着いたサイトの記事が乙だった。
コスタリカ政府の広報官の言葉。うーん。なるほど。
軍隊が存在しない
こんなのとかさ。
国家予算の30%を教育に使う国
コスタリカに住んでみたい
コスタリカ。
Republics de Cost Rica。
行きたい。
| The Huffington Post


日本もコスタリカのようにするべきだな
君たちは軍隊がない国のこと
を想像出来ないと言う。私た
ちは、軍隊が存在する国のこ
とを想像出来ないんだよ。
だからって日本が同じことできると思うなよ?
国の規模が違う
「君たちは軍隊がない国
のことを想像できないと
言う。私たちは、軍隊が
存在する国のことを想像
できないんだ」いつにな
ったら気づくのかな?
世界196か国がみな一人の世界国民だとしたら
各国の軍隊は銃所有である
国民に銃を持たせない方がより安全な世界になるのは日本は廃刀令で経験ずみだろう
軍隊を持たない国コスタリカへ行ってみた
気になることを、すぐググる。
これは、何かしらのヒントにならないでしょうか?
米と他の国に守ってもらう「代償」が気になる。地政学的にも条件が違うしな★コスタリカは軍隊を持たないが、アメリカ大陸諸国間の防衛に関する相互支援条約である米州相互援助条約(リオ協定)に加盟している。この条約には17ヶ国が加盟
隣に中国のような武力領土侵略をはかる国がないから、こんな事を言ってられるだけの事。>
国会傍聴に制限ないとか日本もそうなんだけど…何かミスリードしたいのか?
イメージがメタルギアしかなかった…すまんコスタリカ
行ってみたい!
警察はそれなりに武装してますけどね
語らねばならないことはまだまだあるが、取り敢えず、日本国憲法は、こういう国家のあり方を目指そうとしたのではないかと、まず想像してみたら?
自国では軍と呼ばないから軍隊がいないって理屈なら、我国も理想郷。→
良い体験ですね。コスタリカも緊急時は軍を招集しますし、国土価値の差もありますが、日本も自衛隊を廃止して多数の国と防衛条約を結びましょう…ですか?
- : 軍隊を持つ理由は国外じゃなくて国内の既得権益をもつ人々が根本原因なのかもしれない。どこの国も。
平和ボケ?インカ帝国の命運を勉強してください。
以上

記事本文: 人類の理想郷?軍隊を持たない国コスタリカへ行ってみた

関連記事

43コメント 2011-12-05 22:56 - www.youtube.com