精神論系パワハラオッサンに殺されないために~インパール作戦と現代~

戦争は、社会全体の究極のブラック企業化だ。

ツイッターのコメント(59)

| HuffPost

無能なおっさんが生き残って作ったのが今の日本なんだナーと思ったり。どうしておっさんに刃向かえないんだろう。
「ちなみに20年ほど前に右翼団体に入っていた私の周りには、「真珠湾攻撃の話はするけど、ミッドウェー海戦とインパール作戦の話はしない」という「右翼ギャグ」があった。それくらい、右翼も語りたくないインパール作戦。」

「精神論系パワハラオッサンに殺されないために
左上からの視点です。

(戦争美談の日本以外からの視点、NHKなども含めて、グローバル左派からと言いましょうか。)

10万人以上の兵士のうち、2万人以上の戦死・病死があったとあります。

以下は、今の日本の政府側の狂った姿と通じるものがあると思いませんか。...
多大な犠牲者が出ても誰も責任を取らず、自己保身と組織を守ることだけが優先される。
何かに似ていると思ったら、今のこの国だ。
現代の政治家、役人にこの様な輩が多い気がする。
日本人のメンタリティは、世代を超えても急には変わらないようだ。
東京オリンピックのおかげでインパール作戦が若い世代に知られるのかと思うと胸熱
これ読んであらためてサマータイムは現代のインパール作戦、森喜朗は現代の牟田口廉也に思えてきた

戦争は、社会全体の究極のブラック企業化だ。
雨宮処凛
2017.8の記事「精神論系パワハラオッサンに殺されないために~インパール作戦と現代~」
 
PR
PR