TOP > その他のニュース > 勤務医の約6割が「過労死」の危機ーブラック化する医療現場ー

勤務医の約6割が「過労死」の危機ーブラック化する医療現場ー

「せがれが過重労働とパワハラで、体調を壊してしまいましてね。......真面目にやってきたのに、かわいそうで。『人の命は何よりも重い』と教育されてきたけど、医者の命だけは軽く扱われているんです」この男...

ツイッターのコメント(13)

けっこう大変なんだよねえ、他人事でなく、自分のこと、、
米国の大学病院でも、あまりつらさにチーフレジデントが失踪し、
残された医師はますます地獄というのも見たなあ、、
@shu_anaden 医師の長時間労働を声高に叫んだばかりだというのに…

過労死しているお医者さんだっているんですよ!(山ほど)
| ハフポスト
@Garden_N_LT 人の命預かるからといって、
休んじゃいけないわけではないんよ。もちろん、必死に学を身に付けなきゃいけないけど。

頑張らなきゃいけない時期だけど自分だけは見失わないようにねー。
# HuffPostJapanより 特に若手から中堅の医師はほんとに頑張ってる。休ませてあげたいし、だからこそできることはやってあげたい。寝かせてあげたい
当直する度に患者に殺されるって思ってる。
「『人の命は何よりも重い』と教育されてきたけど、医者の命だけは軽く扱われている」
ある人は言う「ブラック企業こそが今の日本を支えている」と
患者への的確な対応を求めるためにも、医師の労働時間を制限したほうがいいんじゃないの?
危ない医師に診てほしくないなぁ。、
医療現場もきついな。
>人の命を預かる「責任」の重さ、過労死ラインを超える長時間労働、深夜勤務、患者や家族との人間関係......。そのすべてが、医師たちを追いつめる。

外科系の若い勤務医はたいてい記事の通りなのです...
この状態のままならいずれ日本は死ぬ良かったねお左翼様
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR