トランプ支持者に「真面目なファクトチェック」が響かない。百田尚樹ファンとの共通点 | ハフポスト

ツイッターのコメント(88)

「トランプ氏を批判する人たちは、右派がトランプの一言一言を非常に真面目に受け取っていると思っている。

でも、トランプ支持者はそうでなくて、一言一言はそこまで真面目に受け取ってない。間違った情報とか事実誤認は大した問題とは考えていない。

それよりも、
陰謀論に対して、ファクトチェックはなぜ無効化してしまうのか?
この記事の対談で指摘されているポイント

・トランプ氏を批判する人たちは、右派がトランプの一言一言を非常に真面目に受け取っていると思っている。

・でも、トランプ支持者は、一言一言はそこまで真面目に受け取ってない。
「根底にあるのは、つまり情念であり(中略)細かく事実を知ることよりも、ある種の日常の鬱憤の憂さをどこで晴らすか」
ライター石戸諭氏「加えて強烈な右派的な歴史観―軍による従軍慰安婦強制連行の否定、南京事件の否定論、陰謀論的な情報政策論―にそった記述も散りばめられています」

↗️は? 日本軍による慰安婦強制連行って、誰がいつ事実だと証明したの?
なぜあんなにめちゃくちゃなことを言っても支持者が減らないのかこれでちょっとわかった。論理ではなく、情念の具現者だから。だけど、だからってそれがあんな無慈悲で勝手な人間でいいのかっていう問いが残る。
ほんと気が合うし仕事でも話が合う同僚が、めちゃくちゃ安倍&トランプ支持者で、なんでなのか理由とか背景とか理解したくて記事を漁ってたら見つけた。なんとなく合点。理屈で説得できない相手に、私は理屈を突き付けたり理屈で理解しよう留する時点で噛み合ってないのか。
ピーター・ティールいわく《トランプ氏を批判する人たちは、右派がトランプの一言一言を非常に真面目に受け取っていると思っている。でも、トランプ支持者はそうでなくて、一言一言はそこまで真面目に受け取ってない》
「あらためて思いましたが、リベラル的なものは最初から嫌われていると思った方がいいですね。幅広い人たちから『リベラルエリート=既得権益』だと見えています」
「根底にあるのは、つまり情念-の発露です。細かく事実を知ることよりも、ある種の日常の鬱憤の憂さをどこで晴らすか」。けど、鬱憤を晴らされる側はサンドバックではないということくらい理解して自制すべき、大人なら。
トランプ支持者は、トランプを情報を届けてくれる人として支持してるわけじゃなくて、気分を代弁してくれる人として支持しているわけだから、間違ったことを言ってても気にしないという話。
抽象的な中傷。

雇用の国内回帰とか、具体的な政策での功罪を語らずに言われても、筆者達の方こそ「ファクトチェックは?」と感じる駄文。
よくわかる。
どうしようもないな。
話としてはわかるけど、一方では「科学的正しさよりも立ち振る舞いの方が好き」に敵対する情念が強すぎてこじれてるような気もしていて、結局のところどっちもどっちなんじゃないかなあ。"
興味深かった。仕事では合理的に思考する人々が感情に走るのは何故なのか、が知れるとよりよいのだけど。
なるほど。それはあるのかも

> トランプ支持者は(中略)間違った情報とか事実誤認は大した問題とは考えていない。それよりも、トランプ氏という人が体現している情念、憤りのほうを大事にしている。
「 反対する側はみんな彼(百田)の一言、一言を真面目に捉えてファクトチェックする。
でもこれは本人、周囲にはまったく響かない。科学的正しさよりも立ち振る舞いの方が好きなのです」
百田が「なぜオレばかり」といってたのを思い出す。日本人と米白人の中高年男性こそ多数派既得権益層で、他の人々への当然の権利尊重がその層の自尊感情のダメージとなり、それを「とりもろす」ことを事実に優先させることの何がダメなのか本当にわからないように見える。
「彼らは科学的なエビデンスよりももっと深い情念、感情が共鳴できるかどうかを見極めようとしている印象を受けた。(略)日常レベルでファクトだけではない、社会の問題の根源として存在している、情念、憤りの部分で譲れないものがある」。
トランプ支持者は彼の発言の一つ一つの真偽はあまり気にしてなくて、それよりトランプが体現する憤りや情念を重視しているというのはなるほど。
「根底にあるのは、つまり情念であり、日本型ナショナリズムの発露です。細かく事実を知ることよりも、ある種の日常の鬱憤の憂さをどこで晴らすか。」

なんか「造反有理」という言葉が頭をちらつく内容なのだが…
石戸さんの記事より。
うーん、このブーメラン。
っていうかちょくちょく嘘というか混ぜるべきでない主張を混ぜているのが政治屋(右翼左翼関係無く)だなぁと。
でもこいつ等多分自分が投げたのがブーメランだって分からずに投げてるよなぁ..
ブーメラン返ってくるとかほんのちょっとも考えないんだから、ハフポストの記者さんってすごい。
後編も色々考えさせられる。
前後編とも読み応えあっておもしろかった。おもしろがっている場合でもないけど。最近、自分の中にもそういう部分があると自覚することが時々ある。
中流層が支持するってこどだけどナチスもそうだったよな。俺はネトウヨが貧困層だとは思っていない。|
どんな背景や理由があれレイシストはクソ
キーワードは「エモ」かな。。。
トランプ支持者に「真面目なファクトチェック」が響かない。百田尚樹ファンとの共通点(2020/11/03)

→例えば大橋せんせいの支持者達もそうなのかも知れない
渡辺靖教授《「エスタブリッシュメントによって自分たちは蔑まされてきた。社会の中で忘れられた存在になった。それを戦ってくれている救世主がトランプ大統領だ」ーこの感覚こそがすべて》
ファクトの指摘が響かないわけだ。日本のネトウヨもその《感覚》で支持してるのかな
こうはっきり言われると絶望感がより増す。。
「間違った情報とか事実誤認は大した問題とは考えていない。
それよりも、トランプ氏という人が体現している情念、憤りのほうを大事にしている。自分たちが抱えている憤りに目を向けてくれる人を大事にしているんだ。」
「根底にあるのは、つまり情念であり、日本型ナショナリズムの発露です。細かく事実を知ることよりも、ある種の日常の鬱憤の憂さをどこで晴らすか。」
"根底にあるのは、つまり情念であり、日本型ナショナリズムの発露です。細かく事実を知ることよりも、ある種の日常の鬱憤の憂さをどこで晴らすか。 彼らに対するファクトチェックはどれだけ正しくても無効化しがちです。ピーター・ティール"
トランプ支持者に「真面目なファクトチェック」が響かない。

「根底にあるのは、つまり情念であり、日本型ナショナリズムの発露。細かく事実を知ることよりも、ある種の日常の鬱憤の憂さをどこで晴らすか。
彼らに対するファクトチェックはどれだけ正しくても無効化しがち」
「『普段は好青年の人が、時にあそこまでの暴力的な振る舞いをするんだ』というギャップへの理解は難しいものがありました。」
トランプ支持者に「真面目なファクトチェック」が響かない。
トランプ支持者は…間違った情報とか事実誤認は大した問題とは考えていない。それよりも…自分たちが抱えている憤りに目を向けてくれる人を大事にしているんだ。
トランプ支持者は…間違った情報とか事実誤認は大した問題とは考えていない。
それよりも、トランプ氏という人が体現している情念、憤りのほうを大事にしている。自分たちが抱えている憤りに目を向けてくれる人を大事にしている。
”石戸さんも私も実際、懐に入って、内側から探る点は似ていると思います。”
懐に入らなくても自分を深掘りしたらある程度想像付くんだよね。リベラルがなぜそれをしないのか理解できない。
大変に的確・正確。右派ポピュリストにとって、ファクトなどどうでも良い。

なな
反知性主義というほどのものでも内容に思えていますが、上手く表現できません。
めちゃ参考になるわ… :
「一言一言はそこまで真面目に受け取ってない。間違った情報とか事実誤認は大した問題とは考えていない。それよりも、トランプ氏という人が体現している情念、憤りのほうを大事にしている。自分たちが抱えている憤りに目を向けてくれる人を大事にしているんだ」
うーん、わかりすぎてつらい記事…。
宮台真司さんも同じことを言ってる→”根底にあるのは、つまり情念であり、日本型ナショナリズムの発露です。細かく事実を知ることよりも、ある種の日常の鬱憤の憂さをどこで晴らすか。”
「感情の政治」の時代、ファクトチェックなんて些細な問題になってしまう構造がある。
「韓国・中国に対する態度、既得権益に対峙できているかをチェック」の部分は、その通りだと思う。問題は彼らの韓国中国像が実態と大きくかけ離れていること。
マスコミを第4権力、既得権益と考えて叩くと支持が集まる構図もある。実際マスコミには大きな力はないけれども
まさにこういう展開になってるな→
本文より抜粋
百田さんとその周辺 安倍政権の支持層 彼らに反対する側はみんな一言一言を真面目に捉えてファクトチェックする
しかし それは彼らには全く響かない なぜか?↓
両陣営に感じていた嫌悪感の正体はこれだったか。
そしてリベラル側のファクトベースの「議論」が、ある意味で響いていない点も難しい。

こちらは “白人ナショナリズム” を調査、取材してきた慶應大の渡辺靖教授の分析についての対談記事です。
日本の自民支持層も同様。まるで宗教や洗脳のよう。
>間違った情報とか事実誤認は大した問題とは考えていない。
それよりも、トランプ氏という人が体現している情念、憤りのほうを大事にしている。

ニホンの歴史修正主義者もまさにこういうことなんだな
トランプ支持者は馬鹿なんじゃないかっていうありがちな見方に対する警告。その言動が馬鹿馬鹿しいのは充分承知の上で、あの人が 象徴する情念に共感しているのだと。
理解した。いずれにせよ事実に基づかない主張、それを支持する奴らはクソ。 「
維新の支持者にもこちらのファクトチェックって響かないよなあ。
ピーター・ティールのくだりが共感ポイントなのに、ここを引用してツイートしないのが残念でならない件
元毎日新聞記者のライターが寄稿したとすぐに分かる記事。白人至上主義はバイデン氏のはず。KKKの幹部が亡くなった時の追悼文で尊敬する人物と評したと聞きました。
トランプ支持者に「真面目なファクトチェック」が響かない。百田尚樹ファンとの共通点「反対する側はみんな彼の一言、一言を真面目に捉えてファクトチェックする。

でもこれは本人、周囲にはまったく響かない。科学的正しさよりも立ち振る舞いの方が好きなのです」
右派は「ファクトはどうでも良い」と考えている、と言うが。慰安婦の強制連行や南京大虐殺のファクトはあるのか?
<科学的なエビデンスより…感情が共鳴できるかどうか>

自分がムカつくモノへ
国家権力として積極的に攻撃をしてくれ
自分が嫌いなモノへの鬱憤晴らしに
お墨付きを与えてくれるかどうか?
で投票する、という反知性主義の蔓延

■トランプ支持者…百田尚樹ファンとの共通点
公平中立の欠けらも無い偏向メディアの報道に対しては何も響かないということ。
学歴・所得も低くて素行も悪いタイプ→この逆が自称リベラルなんだへぇwww
ネトウヨにも維新支持者にも共通点ある😓

「トランプ支持者に『真面目なファクトチェック』が響かない。百田尚樹ファンとの共通点」
理論ではなく、情念だったのか。情念は説得できない。

引用
根底にあるのは、つまり情念であり、日本型ナショナリズムの発露です。細かく事実を知ることよりも、ある種の日常の鬱憤の憂さをどこで晴らすか。
彼らに対するファクトチェックはどれだけ正しくても無効化しがち
ファクトチェックが通じないので、議論で折り合うことは不可能。

内戦か専制の二択。
ピーター・ティール氏の分析が面白い。
トランプ大統領が支持者の憤りを体現していることが支持の必要十分条件となると、もはや話し合いはなく、分断しか残ってないのでは。
ファクト=真実 事実

と認識すれば良かろう

しかしこの記事も自身の主張が「ファクト」であり、百田氏の発言が「notファクト」と断定するお粗末な記事

誰も信じませんよ
面白かった。
極端に偏った右派は科学的なエビデンスより、情念が大事。確かにそうだ。
そしてそういった情念で動く人々を扇動し、支持を集めるトランプは優秀な政治家なんだろうな。

ただまあこれは右に限った事でもない。左だって似たようなもん。
そういう連中こそまさに「無教養」とか「バカ」と呼ぶべき奴らと違いますかね。学歴・社会地位的なものと無教養は同時に成り立ちうるものであって、間違っても対立概念ではない。
すごく納得。
私の周りにいるインテリ層と違うみたい。

私の周りのインテリ層は
トランプ嫌い!でもしゃーないねん……

悔しいけど しゃーないねーーーんんんん
(意訳)
って人が多い気がするけど
「エスタブリッシュメントによって自分たちは蔑まされてきた。社会の中で忘れられた存在になった。それを戦ってくれている救世主がトランプ大統領だ」ーこの感覚こそがすべて。
ラスムセンの最新世論調査によると、黒人のトランプ大統領支持率は31%で、過去数十年のどの共和党大統領候補よりも高い驚異的な数字。

レイシスト、白人至上主義と彼を呼ぶ人は、もちろん彼の黒人・マイノリティ政策の全てを知った上で発言しているんだよね?
馬鹿につける薬は無いってところでしょう
石戸論さんがヘイト豚が参院選で勝つ可能性があると書いている。
そうならないようにしなければ。
絶対ヤバいよヤバいよって言ってる
(´・ω・`)モキュ
暗澹たる思い。それでも対話し、説得し続けるしかない。
発言の正しさより自分がやりたいことや思ってることを体現してくれるかが重要でそれ以外は気にしないと。この場合やりたいこと体現したいことは白人至上主義なんだと。
面白い記事だった
なるほど!やっと理解できた
>トランプ氏を批判する人たちは、右派がトランプの一言一言を非常に真面目に受け取っていると思っている
でもトランプ支持者はそうでなくて、一言一言はそこまで真面目に受け取ってない。間違った情報とか事実誤認は大した問題とは考えていない
科学的根拠に基づくファクトチェックが意味をなさないゾンビのような存在

《彼らは科学的なエビデンスよりももっと深い情念、感情が共鳴できるかどうかを見極めようとしている⦆
″ 科学的正しさよりも立ち振る舞いの方が好きなのです。″ この印象、僕も分かりますね。→
「トランプ支持者はそうでなくて、一言一言はそこまで真面目に受け取ってない。間違った情報とか事実誤認は大した問題とは考えていない。」
インテリは様々な暴力の方法を知っている
以上
 
PR
PR