トランプ支持者に「真面目なファクトチェック」が響かない。百田尚樹ファンとの共通点 | ハフポスト

『白人ナショナリズム』渡辺靖・慶應大教授と話して気付いたこと

ツイッターのコメント(87)

陰謀論に対して、ファクトチェックはなぜ無効化してしまうのか?
この記事の対談で指摘されているポイント

・トランプ氏を批判する人たちは、右派がトランプの一言一言を非常に真面目に受け取っていると思っている。

・でも、トランプ支持者は、一言一言はそこまで真面目に受け取ってない。
「根底にあるのは、つまり情念であり(中略)細かく事実を知ることよりも、ある種の日常の鬱憤の憂さをどこで晴らすか」
トランプ支持者に「真面目なファクトチェック」が響かない。百田尚樹ファンとの共通点
ライター石戸諭氏「加えて強烈な右派的な歴史観―軍による従軍慰安婦強制連行の否定、南京事件の否定論、陰謀論的な情報政策論―にそった記述も散りばめられています」

↗️は? 日本軍による慰安婦強制連行って、誰がいつ事実だと証明したの?
なぜあんなにめちゃくちゃなことを言っても支持者が減らないのかこれでちょっとわかった。論理ではなく、情念の具現者だから。だけど、だからってそれがあんな無慈悲で勝手な人間でいいのかっていう問いが残る。
ほんと気が合うし仕事でも話が合う同僚が、めちゃくちゃ安倍&トランプ支持者で、なんでなのか理由とか背景とか理解したくて記事を漁ってたら見つけた。なんとなく合点。理屈で説得できない相手に、私は理屈を突き付けたり理屈で理解しよう留する時点で噛み合ってないのか。
ピーター・ティールいわく《トランプ氏を批判する人たちは、右派がトランプの一言一言を非常に真面目に受け取っていると思っている。でも、トランプ支持者はそうでなくて、一言一言はそこまで真面目に受け取ってない》
「あらためて思いましたが、リベラル的なものは最初から嫌われていると思った方がいいですね。幅広い人たちから『リベラルエリート=既得権益』だと見えています」
トランプ支持者に「真面目なファクトチェック」が響かない。百田尚樹ファンとの共通点
「根底にあるのは、つまり情念-の発露です。細かく事実を知ることよりも、ある種の日常の鬱憤の憂さをどこで晴らすか」。けど、鬱憤を晴らされる側はサンドバックではないということくらい理解して自制すべき、大人なら。
トランプ支持者は、トランプを情報を届けてくれる人として支持してるわけじゃなくて、気分を代弁してくれる人として支持しているわけだから、間違ったことを言ってても気にしないという話。
 
PR
PR