TOP > その他のニュース > 足立区や北区、生理用品を無料で配布へ。「生理の貧困」問題に自治体の支援広がる | ハフポスト

足立区や北区、生理用品を無料で配布へ。「生理の貧困」問題に自治体の支援広がる | ハフポスト

豊島区や北区、多摩市、兵庫県明石市など。自治体で生理用品を無料配布する動きが広がりはじめています。

ツイッターのコメント(15)

どうやらネグレクトが隠れてたりするみたいなので
比較的柄が良くない地域から優先的に実施していくのは合理的でしょうね。
「生理の貧困」に直面する女性たちの存在が明らかになっており、自治体で生理用品を無料配布する自治体が増えています。
女性支援の取り組みが全国で広がると良いですね。自治体は、配布する対象や配布方法には特段の配慮をお願いしたい。自治体支援内容をご確認下さい。
これは、、、
嬉しい😢😢ちょうど欲しくてでも生理用品にお金かけらんなくてどうしようって思ってた。
なんか違う気がする・・・問題はナプキンじゃなくて、お金がないということ。じゃあ、一律給付しようよ・・・

| HuffPost Life
今、声のあげ時。確実に動き出してる。国が予算化すべき。そのためにも、学校、自治体にガンガン申し入れる。学校への申し入れの中で「生理用品のことも考えないといけない。でも予算が」という学校も。
豊島区に続いて、足立区や北区、兵庫県明石市も「生理用品」を無料配布を開始するようです😊
経済的な困窮によって、生理用品を購入できない「生理の貧困」🤔

自治体の支援も広がっています✨

足立区は、26日まで配布(無くなり次第、終了)。窓口にある専用カードを指さすことで受け取れます。

多摩市では市立小中でナプキン配布。
最低賃金も見直さないと…
最低賃金=2,500円以上じゃないと
「普通」生活出来ないだろ←出来てないやつ💦
もう少し長い期間配布してほしい
我が家は女4人です。生理用品は安売りの時に購入しストックしています。生理用品が買えないって、お金の使い方を見直した方がいい。

足立区や北区、生理用品を無料で配布へ。「生理の貧困」問題に自治体の支援広がる(ハフポスト日本版)
豊島区、足立区、北区、多摩市、兵庫県明石市 等、自治体による支援が広がりはじめている。
豊島区や兵庫県明石市につづき、足立区でも生理用品を無料配布へ。北区でも配布が決まったそうです。

生理の貧困への取り組みはもちろん、声に出して頼まなくてもカードやスマホを提示するだけで大丈夫、という細かな配慮がされていることに安心した気持ちになりました。
| HuffPost Life

産後清潔な生理用品を使うことの大切さを思い知ったので生活必需品としてこういうのはやってほしい。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR