「ガラスの天井は一枚じゃない」SHELLYがバラエティで声をあげる理由 | ハフポスト

ツイッターのコメント(24)

「日本のジェンダーギャップ指数は121位」「納得できない日本の男性は少なくないかもしれませんが、多くの女性は肌感覚で『そうだろうな』と感じているんじゃないでしょうか」「男性にはなかなか見えていないからなんですね。見えていないから理解されづらい」
これを読んだらなんだか声に出したくてたまらなくなった。
「帰国子女はかっこいい」「ラッキー」「それだけで優位」って思われるのが悲しくて悔しい。実情を何も知らない人たち。知ろうとしない人たち。
《帰国子女の苦しみ》、どうフォーカスできるだろう。
今夜9時からの は、ゲストにSHELLYさんをお迎えし「女子とSTEM教育」について考えます✨

「ガラスの天井が残り続ける=女の子の可能性も潰され続けるということ」

アンフェアな現実を変えるために何ができる?SHELLYさんが語りました。
「声をあげるおばさんは、いじってもOK」という安易な構図を私はなぞりたくない。

女性が受ける性差別や理不尽なことを、私がいろんなメディアを通じて繰り返し発信していくことで、若い層に少しでもポジティブな印象を与えられたらと思っています」
「ガラスの天井」って一枚じゃないんですよ。

バキンッと一枚割っても、その先にはまだ何重ものガラスがある。

今の世の中はすでに、男性が自分たちに都合がいいようにルールをつくってきた男性優位な社会なんです。そもそものルールからして、女性には不利にできている。
シェリー好き☺️❤️
かっこいい☺️✨
黙認しない!
声をあげ続けることが大事✨
吉村洋文、これの意味、全然理解していなくて、さもありなんと呆れるというか、維新の低レベルさを改めて痛感しましたよ。
自分の信じる価値観に従って、マイ・ベスト・ライフを追求していく。それ自体は素晴らしい、でも、行き過ぎると、違う階層や境遇にいる人たちのことがまったく見えなくなってしまう。
価値観古さではなく、いろいろな意見を取り上げようとしない体質の問題だと思う

#
SHELLY:バラエティ番組の現場にいると、まだまだ古い価値観が残っているんだなと。MCの言うことは絶対。先輩タレントが言ったことにはみんな笑う。
そういう現場では、既存の男尊女卑的な価値観に乗っかって、都合がいいおバカキャラを演じるほうがいいのかもしれません。
MCの言うことは絶対。先輩タレントが言ったことにはみんな笑う。
そういう空気が残っている現場では、既存の男尊女卑的な価値観に乗っかって、都合がいいおバカキャラを演じるほうがいいのかもしれません。

ガラスの天井は一枚じゃないSHELLYがバラエティで声をあげる理由 #
Shellyさん「今の世の中はすでに、男性が自分たちに都合がいいようにルールをつくってきた男性優位な社会なんです。そもそものルールからして、女性には不利にできている。変えていくためにはやっぱり女性自身がこのアンフェアな現実の問題点に声をあげていかないと。」
男性が都合のいいようにつくってきた社会の中で、ガラスの天井はいくつも立ちはだかる。ホントそう。例えば、女性議員増やそうと言っても、育児休業が議員にはないとか。あげればきりなし
「アンフェアな現実に声をあげるのって、すごく大事なことですよね。だって声をあげないと何が問題なのか見えてこないでしょう? 」
一枚じゃない、何枚も何枚もある。戦い続けるのは大変。でも少しずつでも変わって欲しい。
髪色カッコイイ
「還暦間近のジジイの戯言」
性格は分からないが、この人の顔が良いですね。
良いお母さんになって欲しいですね。
とてもスマートな方だ。
シェリー好き。

こうやって、ちゃんと自分の意見を伝えられるようになりたい。
シェリーのこういうところ、きちんと言葉にできるところ、かっこいい。
“今の世の中はすでに、男性が自分たちに都合がいいようにルールをつくってきた男性優位な社会なんです。”
82年生まれ、キム・ジヨンを読んだ時、出産した時、これまでどれだけ、どれだけ、女性が頑張ってきたか思いを巡らせた。

SHELLYさんの仰る通り若い世代の賢い人にはテレビに残ってもらいたいなあ。私も居心地の良い場所にだけいないで生きていきたい。できることをやってこ!
以上
 
PR
PR