TOP > その他のニュース > 鬼はいる。私たちの隣りに、この社会の内側に。映画『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎が伝えたこと | ハフポスト

鬼はいる。私たちの隣りに、この社会の内側に。映画『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎が伝えたこと | ハフポスト

【加藤藍子のコレを推したい、第2回】鬼滅の刃が大ヒットした原因はコロナだけではない。人間を終わりのない競争へと駆り立てる現代の資本主義社会を映しているからだ。

ツイッターのコメント(228)

映画見て号泣、この記事読んだらさらに泣くー😭😭
ネタバレなので映画見てから読んでね。
akzが弱者を嫌いな理由が薄汚い侮蔑と見下しの為のようなものいいに吐き気がした。本当に読んでるの?信じられない。どれだけのトラウマをもってるとおもってるんだ。そんなことも想像できないで鬼のすべてを断罪する記事。私の好きな👹滅はそんなつまらん漫画じゃない
何故売れたかとつまらないことばかりの分析が飛び交う中、この記事は良い内容だった。こういうのが良いんだよこういうのが
鬼はいる。私たちの隣りに、この社会の内側に。映画『鬼滅の刃』🔥が伝えたこと
「勝ち」に執着して泣いた私の中にこそ、鬼がいる。この資本主義社会で生きていると、必然的にそうなる。
改めて問おう。煉獄は、なぜ死んだのか。それは「鬼になれ」と強いられるこの社会で、私たちが「人として在り続ける方法」を示すためだ。(本文より)


いい記事でした✨
“この戦いで、やはり煉獄は負けなければならなかった。なぜか。彼はきっと、「鬼の論理」と「人の論理」が異なることを明確に示してみせる大役を負わされていたからだ。
(…)
それは「鬼になれ」と強いられるこの社会で、私たちが「人として在り続ける方法」を示すためだ。”
自分も似たようなこと思う。
言語化できなかったけど。
所詮アニメだろ。もう、うんざり。
こう言われても尚ツイートしてしまう。いろいろ理由だの意味だのをこじつけながら。
その中でも、作品への愛を感じるこの記事はすごく良かった。
背中で示すとはまさしく煉獄さんの事と感じた😊

教えられ、磨き上げた生き様が次の世代の心に火を灯した‼️

素晴らしい論文でした😭
たしかに鬼はいる。でもみんな昔は人だった。鬼にならないように自分も気をつけよう。
良い記事で悔しいな。
鬼滅の刃、大人に読んでほしいんだ。
煉獄さんの話は、「自分が経験した嫌な想いを他の人もするべきだ」という鬼の思想を否定し立ち向かう鬼殺隊の理念がよく表れたものだと思う。
深かった!!笑
この無限列車編レビュー記事良いなあ(アニメだけの方にはネタバレを含みます)
男の形をした者も
女の形をした者も。
激しく同意。
本当に、そうなんですよ...!
原作最後まで読んだ人なら「煉獄さん退場するの早すぎない?」と疑問に思いますよねぇ
この戦いで、やはり煉獄は負けなければならなかった。なぜか。彼はきっと、「鬼の論理」と「人の論理」が異なることを明確に示してみせる大役を負わされていたからだ。
素敵な記事
びぇえええーーー。゚(PД`q。)゚。

映画『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎が伝えたこと
うん、実際、鬼は人間から産まれたし、いまだ実在するものなんですよね。だから鬼滅のストーリーや鬼、言葉には驚いた。
その手の業界の方達も言わないけどびっくりしてんじゃないかなあ
「煉獄はその死をもって、一人の貫いた「善」」か、、現代においても意味のある非常に興味深いお話でした。
いい記事だったなぁ、、
だから何度も見てしまうんだなぁ。
これ好き。
他のトンチンでカンカンな野郎供がPVのために書いた適当な記事とは違う。
あああああー!😭なんだかもう言葉に出来ない内容の記事。全くその通り
この考察に感動して震えた。
炭治郎は鬼を滅ぼした。でも現代に鬼はいる。
なるほどと思った。
の魅力。感じ取っていたこと、明確に書かれていて心にはまる。
幼少のうちから、本当の善悪、正義を嗅ぎ分ける力を得ることが大事。哀しみを知り、強くなり、心を燃やそう。
良文。完結したからこそ余計にそう思う。
鬼=現代の資本主義社会、こじつけスゲーと思ったけど、読んだらわかりみが強い
煉獄さんのことが好きなのがとても伝わるいい文章だった
映画原作ネタバレ含む記事だよ!なるほど泣ける解釈すぎる…
宮台真司氏によるコメントにも通じるところのある、『鬼滅の刃 劇場版』についての秀れた記事です。※ネタバレ有り※
渡部さんの件もあるからか、てごちゃんの件もあるからか、ドストレートに刺さる言葉だ😭
鬼滅の刃奥深い
映画見てない方はネタバレになるので
見ない方がいいかも(*^^*)すごく素敵な文章(*^^*)
なるほど、煉獄さんのすごさをわかりやすく言葉にしてくださっている
ちょっと強引な気もするけどすごく共感した

"この資本主義社会は、人間を終わりのない競争へと駆り立てる仕組みだ。傷ついたり失ったりしたくないなら変化に適応しろ、生産性を上げろ、限界を超えろ"
"まるで「鬼になれ」と言われているようなものだ"
先日に引き続き加藤さんの記事が面白い

己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと心を燃やせ
歯を喰いしばって前を向け

尊敬出来る先輩は身近にいないが、あるべき姿がここにある!煉獄さん!!

映画『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎が伝えたこと
映画はおろか原作も知らない。
だけれども現実の世界で「生きる為に追われ続け」ている厳しい現実を、乗り越える力を、家族や友人を想う心を、持ち続けなければと、思う。
今週末観に行くことを決めました //
これは良記事
映画視聴済みの人向け記事なんだが、作中の「鬼」に関する考え方が「あー・・・そうかー・・・」と気持ちよかった記事。
記事を読むと、afterコロナはいよいよ自らの在り方もアニメや音楽というカルチャーの枠を超える事や、-新しい生活スタイル-で既存事業以外も模索が必要なのかと思いに耽る。
まずは体調回復を最優先にしなければ🤒
この社会の内側に。映画『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎が伝えたこと
読んでて泣きそうになったけど、いま泣いたら絶対浮腫むから我慢した😢
面白いしわかり易い
あの結末に悲観して絶望する人に、意味を教えてくれるいい考察だと思います
もっと見る (残り約178件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR