小池都知事「危険性がなくなったというわけではない」。国の緊急事態宣言の解除を受け休業要請の段階的緩和 | ハフポスト

人との接触機会「8割」⇨「5割」減へ。5月26日から一部の文化施設と屋内外の運動施設の営業が再開する。

ツイッターのコメント(14)

単なる詐欺厚労省、政府のお絵描き感染者件数で経済活動強制解除だからな。

国民へ全てのリスク丸投げが実態。
法律では緊急事態宣言が解除された場合に知事には休業を命ずることって出来なかったですよね。
解除前から普段と変わらず今やその倍は集客されているスーパー。より危険性が増したと思うが?家族でレジャー気分で来店。正直もう休みたいよ😱💦

生協も加入者増えて過酷な現場になっていると聞く。政府はこういう実態把握していなさすぎないか?
危険性を取り除くことが政治家の仕事で、危険性を取り除けなかったら、そんな政治家は退場して欲しい。大阪では、一旦決めた数字を変更して、危険性のないことをアピろうとしているぜ。似非政治家のやることだが、それに比べるとまだこの人の方が正直だ、とも言えるな。
枝野寝ろ
吉村寝ろ
小池寝てろ / (ハフポスト日本版)
小池知事、選挙まで煽り続けたいのか、今更やめられないのか微妙なところ。自分本位なのは揺るぎない。
小池都知事「危険性がなくなったというわけではない」。
26日午前0時から、東京都ロードマップ『ステップ1』へ。人との接触は「8割」程度から「5割」程度目標。
この人の名言「安全だけど安心ではない」
これも同じ発想。
新規コロナ罹患者を0に抑えたいようですね。
それも大事だけど沈みきった経済の立て直しが知事として火急の仕事だと思うのだが、それこそが緊急事態という考えはないらしい…。
その通りなんだけど、この人が言うと、「安全ではあるけれど、安心ではない」…という過去の悪夢を思い出す。
皆様、もっと我慢です。我慢が足りなかったら、ロードマップのステップ0に逆戻りになってしまいます。
国が解除しても、都民の皆様は緩めたらいけません。危険はすぐ傍に潜んでます。目に見えないからこそ、ステイホームをして、我慢しましょう。皆様のご協力お願いします
マスクしてる分、吉村よりまだそれらしく見える。
以上
 
PR
PR