TOP > その他のニュース > ワクチン開発、来年の五輪開催までに間に合う?山中伸弥教授「科学者にすごい宿題を与えられた」 | ハフポスト

ワクチン開発、来年の五輪開催までに間に合う?山中伸弥教授「科学者にすごい宿題を与えられた」 | ハフポスト

17コメント 登録日時:2020-05-06 21:49 | ハフィントン・ポストキャッシュ

視聴者からは、2021年夏に延期された東京オリンピックまでに、ワクチンが開発されるメドがあるのかという質問が寄せられた。...

ツイッターのコメント(17)

@minesoh @Tomo20309138 山中教授:レムデシビルは7日にも承認される見込みだが、アビガンも同時に承認する「特例」を求め「首相にもうひと頑張りしていただけたら」

素人目ながら、世論を味方にしたいのか?あるいはとち狂ったか?という違和感は感じる。
「世界中から選手や観客が来る。人が大移動してくる大会で、これを可能にするワクチンの量を準備できるかというと、幸運が重ならない限りワクチンだけでは難しい。
特例承認は海外先進国で承認された場合に「おそらくその評価は正しいのだろう」として国内承認するものですよ?
海外で承認されていないのに、なぜ特例承認などできるのですか。


”アビガンも同時に承認する「特例」を求め「首相にもうひと頑張りしていただけたら」”
「世界中から人が大移動してくる大会で、これを可能にするワクチンの量を準備できるか。。」→
昨日は昼まで寝ていて、ニコニコに出てきたら山中教授に完封される。
忙しい人だね(嘲笑)
唯一評価できるのは、頭脳レベルが全く違う山口教授を呼んだことだ。
この場を借りて
山中お前"5千円"返せぇっ💢

注意:上記の山中は山中伸弥教授のことではないよっ⁉

山中教授ツッコミ
「人が大移動してくる大会で、これを可能にするワクチンの量を準備できるかというと、幸運が重ならない限りワクチンだけでは難しい。」実質不可能みたいな感じかな
専門外の人にできるかできないか訊けば必ず出来ないと回答される。かえって絶望を生み出しまた何も出来ない何もかも無理ということに。

ワクチン開発、来年の五輪開催までに間に合う?山中伸弥教授「科学者にすごい宿題を与えられた」(ハフポスト日本版)
"幸運が重ならない限りワクチンだけでは難しい。幸運が重なればありえる" って、暗に…、いやいや明確に開催は "無理" って言及したようなものでは? この言い方で、その真意がわからないようなら、いや理解できないのなら、その座にいる資格ないよ。
山中教授は優しい 安倍総理は情けない

>「世界中から選手や観客が来る。人が大移動してくる大会で、これを可能にするワクチンの量を準備できるかというと、幸運が重ならない限りワクチンだけでは難しい。幸運が重なればありえる」

<直訳すると>
安倍総理、夢みたいな事を?
自身の任期のに頭にない脳天気な総理は、ノーを突きつけた。総理は理解してないだろう。いや、聞こえていないだろう。
山中教授には、具体的に言って欲しかった。ワクチンが間に合うには「幸運が重なればあり得る」、その確率は?幸運というからには、5割ってことはないから、一つの幸運の発生が1/4の確率とすると、それが二つ重なる確率は13%。普通の計画なら、当てにしてはいけないレベル。
ハフポスト
こっちの方がちゃんと中立から記事書いてる上分かりやすい
日本だけ収束させても、アフリカや南米が収束してないとオリパラじゃない。じゃぁ日本がワクチン開発成功したとして、アフリカ南米まで供給出来るか?日本人差し置いて?
さらっと怖い話しているw
ワクチン接種なしでは五輪参加なしーとでも?
間に合わなければ、五輪は無理なようです。
以上

記事本文: ワクチン開発、来年の五輪開催までに間に合う?山中伸弥教授「科学者にすごい宿題を与えられた」 | ハフポスト

いま話題の記事