TOP > その他のニュース > 【新型コロナ】致命率の国際比較から読み解く、被害を減らすためにすべきこと | ハフポスト

【新型コロナ】致命率の国際比較から読み解く、被害を減らすためにすべきこと | ハフポスト

重症患者が急増し医療崩壊が起きたイタリア、軽症者を調べていないため見かけ上の致命率が高い日本…。新型コロナウイルスによる致命率を国ごとに比較したグラフからは、いま私たちがすべきことが見えてきました。...

ツイッターのコメント(94)

@natureloveman @DonMatz1959 @owtyoko 新型コロナが流行する前だったらどうしたんでしょう?リプする余裕はある様子ですが、何らかの検査を求めて受診されたんでしょうか。そして「風邪」ですね、と診断されたんでしょうか…
ただ今は状況が違いますよね?

1ヶ月前の記事ですが、分かりやすいので是非
こういうきちんと数字を示して
ロジカルに説明されてる記事が一番素晴らしい

正しく恐れる
ためには
感情論ではないものを。
各国のデータから読み取れる事象について解説されています。最後の「急速に患者数が増大している地域」は東京のような状態のことでしょう。今外出制限、密集しそうな場所の閉鎖を始めないと次のNYですよもう。
「被害を最小化するうえで、もっとも大切なことは、医療崩壊を起こさないことです。すなわち、患者数を急速に増大させないこと。」
常に情報は信頼できるところで更新したい。
高山義浩氏の記事。フランスやオランダ、日本など、重症のかぜ症状がある患者のみを検査対象としている国は致命率が高めに出る。>
一昨日の記事。致命率の国際比較がグラフ化されている。要約すれば「医療崩壊の起きたイタリアやスペインでは致命率も高い。医療崩壊を起こさないように外出を避け『三密』を避けること」云々。◆ - 致命率の国際比較から読み解く、被害を減らすためにすべきこと
若者は、自分は軽症で済むではなく、自分が他人の命の存続に影響を与える可能性があるという意識で行動しないといけない。 / (ハフポスト日本版)
@M16A_hayabusa ホヤホヤの良記事がありましたよ😃
お読みください
アメリカ、カナダなどの致命率が低いのは、大きな流行が始まったばかりだから。感染してから受診するまでに1週間、さらに重症化して死亡するまでには2週間ぐらいかかる。これらの国々の感染拡大の勢いを見る限り、あと1〜2週間で急速に致命率が上昇してくるものと思われます。
高山先生はいつもエビデンスベースドでわかりやすく、希望を与えつつ情報提供されている。目指したい医師のひとり
専門家がはっきり書いているのを初めて?見たかも。「日本における(略)軽症者を調べきれておらず、母集団が重症者に偏っている」 ( | ハフポスト)
様々な数字の受け止め方が理解しやすく書かれている。なぜ自宅待機なのかも「医療機関を受診する患者数、入院を要する重症者数について、地域医療のキャパシティを超えないよう制御」"
死亡数を決めるのは「感染者数に致命率を乗じた数」でなく、「医療供給上限を超過した数」で考えるのが妥当だ。
高山義浩先生「若い人たちの多くは重症化することはありません。しかし、自分は大丈夫だからと感染を拡げてしまえば、その先には多くの死者がいることに気づいてください」。
COVID-19の真の致死率を知るには、全数検査したクルーズ船の事例が事例が本当に有効。
ただし記事では死者10名となってますが、他に豪に帰国後無くなった方が1名いて致死率1.54%です。
あと感染者の年齢の影響が盛り込めてないですね。
韓国の致死率が低い理由はそれもある。
高山先生の現状分析:
「なお、イタリアで感染爆発が起きているのは、主として北部のロンバルディア州です。〔中略〕
局地的な流行となるのも、このウイルスの特徴ですね」
致命率の整理がよかった。

「では、徹底して検査をしたときの致命率はどれくらいなのでしょう? これこそが真の致命率に近い数字となるはずです。実は、そのオペレーションをやりとげた事例があります。それは、ダイヤモンド・プリンセス号の乗員と乗客の方々です。」
「イタリア全土が崩壊しているわけではない。局地的な流行となるのも、このウイルスの特徴。ここ数日、イタリアにおける新規患者数が頭打ちになっている印象。外出自粛の効果が出てきているのかもしれない。」
致命率の国際比較から読み解く、被害を減らすためにすべきこと
@kisekinohate 情報の錯綜に悩んでられるのですね。
新しい感染症は医療者も手探りです。
医療者達が戦うのは、それぞれの根拠をすりあわせる必要があるところにも時間がないためにも、戦うことになっているところもあります。

このドクターの記事はわりとわかりやすいと思いました。
高山先生による「致命率」からみる各国の感染状況。
ちなみに
「致命率」 = 死者数/感染者数。
「死亡率」 = 死者数/人口
検査の多少によって感染者数も増減し、よって致命率も上下する。先生曰く「大事なのは数字ではなく、医療を崩壊させないこと」。
医療崩壊を起こさないことが目的で、そのために感染者数を増やさないこと、そのために外出自粛要請するということなんだな。だから緊急事態宣言が必要。最近権力側の論調はこういう感じ。本末転倒、木を見て森を見ず。
何よりも大事なのは、助けられない命を出さないことですね。
日本は今どういう現状なのかを事実、定量に基いて報道して欲しい。テレビだけでなくあらゆるメディアを通じて。
@Misosoup_days 今のデータだと致命率1.5%あたりのようで。ここがよくまとまっていますね
外国船籍のダイプリなんかさっさと追い返せ!

なんて無責任な論があったが、

国内の感染者を対象にはできない "全数検査" やれた価値は間違いなくあったよ
@Ganpati_Bappa @runshiwa @Ortho_FL 最も韓国が軽症の新型コロナを捕まえていると思います。日本の10倍の検査です。反対する人も多いと思いますが、これが理想。しかし日本やヨーロッパでは検査能力を確実例に絞ってます。闇雲に検査するのではなく必要なところに振り当ててるのです。
今最も正しい重症化、致死率の分析。
これを読み解くととてもよくわかります。

新型コロナ】致命率の国際比較から読み解く、被害を減らすためにすべきこと |
「徹底して検査をしたときの致命率はどれくらいなのでしょう? これこそが真の致命率に近い数字となるはずです。実は、そのオペレーションをやりとげた事例があります。それは、ダイヤモンド・プリンセス号の乗員と乗客の方々です。」
すまん よく理解できてないんで誰か教えて欲しいんだが 致命率って患者に対する死亡者の割合でいいのか?
被害を最小化するうえで、もっとも大切なことは、医療崩壊を起こさないことです。すなわち、患者数を急速に増大させないこと。

沖縄県立中部病院の先生が書かれた記事です。
是非ご一読を。
新型コロナの推定致命率は1.4%あたりが科学的に妥当らしいとのこと。
分かりやすい→
信頼できる高山先生からの詳しい情報です。
今は一人一人の冷静な判断と行動が求められています。
結局、本当に大切なのは
重症化した方を救える環境がある事

重症化する方を少なくするために
感染者を増やさない対策を
しているのが現状だ。

【新型コロナ】致命率の国際比較から読み解く、被害を減らすためにすべきこと(ハフポスト日本版)
重要なポイントを抜粋します。
「患者数を急速に増大させないこと。」
「できるだけ外出を自粛してください。」
「若い人たちの多くは重症化することはありません。しかし、自分は大丈夫だからと感染を拡げてしまえば、その先には多くの死者がいることに気づいてください。」
感染者数を分母にする致命率ってアテになるの?だって感染者数は検査しないと分からなくて、国ごとの検査数は同条件じゃない…し。
新型コロナは怖くない。医療崩壊を招くことが怖い。
まずは罹からない、拡げない、罹かっても冷静に対処する事。DP号の感染者死亡率は1.5%、医療がしっかりと機能していれば98.5%は死なずに済む。
日本において、重症者数が国内で使用できる人工呼吸器やECMOなどの台数を超えてしまったら、あとは救えなくなることを理解する必要があります。ですから、死亡数を決定するのは「感染者数に致命率を乗じた数」ではなく、「医療供給上限を超過した数」で考えるのが妥当
最も大切なのは医療崩壊を起こさないこと
この記事の最後が私が常に思っていること…😭
若い人は重篤にならないだけだし、年齢問わず自分がかかることで他の人へ感染を広げ、誰かの命を奪いかねないってことを心にとめて日々過ごしたい。
高山先生の記事がわかりやすい。
日本の死亡率は徹底した検査をした韓国の2倍。日本の実際の感染者数は発表値の2倍となる。ただし、死亡者数が正しければの話ではあるけれど。

【】致命率の国際比較から読み解く、被害を減らすためにすべきこと
「もし、日本において、重症者数が国内で使用できる人工呼吸器やECMOなどの台数を超えてしまったら、あとは救えなくなることを理解する必要があります」
「若い人たちの多くは重症化することはありません。
しかし、自分は大丈夫だからと感染を拡げてしまえば、その先には多くの死者がいることに気づいてください。」

高山義浩先生
これ見ると日本上位じゃん…
ほんと…自分は大丈夫とか思って出掛けるの止めて…
の数字のマジックについてのご解説です
日本が致命率3%と高いのは見かけ上(軽症者を調べてない)
しかし伊のように医療キャパを超えた(治療を受けられない)重症患者が増えると、彼らを救命できず致命率も一気に上昇する(医療崩壊)
自分は大丈夫、の先には身近な人の死が待っている
明日からも
“もっとも大切なことは、医療崩壊を起こさないことです。すなわち、患者数を急速に増大させないこと。”
各国の状況を冷静に読み比べてくれてる記事。なるほど。
もっと見る (残り約44件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR