TOP > その他のニュース > ゲイのイスラム教指導者の物語「イスラム教はこの10年で、性的少数者に少しだけオープンになった」 | ハフポスト

ゲイのイスラム教指導者の物語「イスラム教はこの10年で、性的少数者に少しだけオープンになった」 | ハフポスト

イスラムとはアラビア語で「平和」。全てのイスラム教徒がそれを実感できるように、私は動き続ける。

ツイッターのコメント(14)

世の中が少しずつでも良い方向に進んでいけばいいなぁ、と思う。
正直な感想は「ついにイスラームでも!マジか!凄いぞ!」 
どの宗教もこうやって色んな事を克服してきたんだよなぁ→
ゲイは身を助く
「エジプトのアル=アズハル大学との討論を行いましたが、その時に私たちは本物のイスラム教徒ではないと言われました(略)対話は開かれていますが10年前はそうではなかった。彼らだってこのムーブメントは止まらない、私たちと話さざるをえないということは分かっています」
「イスラムという言葉とはアラビア語で「平和」という意味で、これまでイスラム主義として表現されてきたものは、それを体現していないということがみんな分かってきたのです。」
ハフポストってこういう分野に凄く拘る。差別の裏返し。だから大阪なおみ選手に対するあのような質問が無頓着に出る。
本当にこういう分野に差別心がなければむしろ無意識になるのが普通
ルドビック=モハメド・ザヘド師は『クルアーン』にあるルート族のくだりが指しているのは同性愛ではない、としたり、ハディース集の記述を相対化したりしているのだろうか。
既存の価値観に縛られ更新できない人というのは、ガンダムで言うところの、重力に縛られ地球にしがみつき、スペースノイドを見下すアースノイドみたい。
感動‼️
行動=生。
是非読んでください。
私たちにはこの記事を読む必要があります。そして,私たちはもう一度物事を見直す必要があります。
欧州初のインクルーシブなモスクを設立した、アルジェリア出身でゲイのイマーム(イスラム教指導者)、ルドビック=モハメド・ザヘド師|「同性愛に対する偏見は、宗教やイスラム教に限った問題ではなく、差別や偏見、無知から来る問題」 +
たしかに少数派の彼らのほうが宗教を必要としているのに、宗教によって彼らが排除されている現状はとても心苦しい。
チベット仏教にも同性愛者への差別がある、って話はなるほどだった
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR