ネットの炎上やヘイトと戦いたい。スウェーデンから世界に広がるムーブメント「#JagÄrHär」に迫ってみた。 | ハフポスト

誰かの意見を変えたいと言うよりも、自分の意見が言える環境を作り上げたい。それが私たちのミッションだと思います。

ツイッターのコメント(46)

直接闘うことはできなくても、その人に応援コメント届けることは出来ると思います。
できればみんなの目につく場所でやった方がいいと私は思います。
公の場でたくさん侮辱された分、公の場でたくさん応援してあげないと取り戻せないです、心の元気は。
についてはこちらを。
「誰かの意見を変えたいというよりも、自分の意見を言える環境を作り上げたい」

結局あきらめてオンラインから消えたり黙らされたり自分で命をたってしまった政治家や著名人もいるでしょう。クソリプ撃退とはちがう戦い方も可視化したい。
@smith796000 記事を見つけました。
記事で書かれていつ「ハッシュタグ」をつけるのは、最近、左派メディアが記事につけ始めています。そしてツイッターのトレンド入りをしたという記事の書き方をしている。其れと同調するように野党もツイッターのトレンド入りを国会で言い始めています
めちゃくちゃ共感。

『誰かの意見を変えたいと言うよりも、自分の意見が言える環境を作り上げたい。』

」に迫ってみた。
これは良い活動だ。日本でも、いや、世界中で行われるべきだな。----- 」に迫ってみた。
ダースレイダーさんが言ってる「潤滑油」をポジティブな方に使うのがこの運動だと思う。
引用【結局、誰かの意見を変えたいと言うよりも、自分の意見が言える環境を作り上げたい。それが私たちのミッションだと思います。】
いいな!!やりたい!

」に迫ってみた。
大変ではあるけど、良い取り組みだと思う。

」に迫ってみた。
 
PR
PR