TOP > その他のニュース > デンマークの投票率が高い理由を、人々の日常から探ってみた | ハフポスト

デンマークの投票率が高い理由を、人々の日常から探ってみた | ハフポスト

「あなたはなぜ投票に行くのですか?」という問いにデンマーク人は口を揃えて「デモクラチ」という単語を返してくる。

ツイッターのコメント(22)

Q.あなたはなぜ投票に行かないのですか?

A.民主主義を守るための権利なんか要らないから。

A.自分の意見を政策に反映したくないから。
@kanametajima 教育の成果でしょうか? でも、一部の国民が「金権にも世襲にも興味ない。好きな音楽を聴いて、好きなものを食べて、政治のことなんて考えずに暮らしたい」というなら、それはそれで尊重されるべき権利だとは思います。
日本の政治に対する教育って呆れるくらい遅れてる。投票率が高い国を見習えばいいのに。昔、友達から『日本人は政治の話をすると変な重い雰囲気になるのはなぜ?』って聞かれた事を覚えてる。
投票率高い国は素晴らしいね。
高投票率のデンマーク

〈デンマークも国政選挙では85%前後の投票率をたたき出す一方で、EU選挙になると50%を超える程度。自分達が直接影響を及ぼせると感じられない規模ではモチベーションが上がらないのはどこでも同じなのかもしれない。〉
@K_photonoha 日本もデンマークを見習えば良いのにと思う(´・-・` )
哲学の祖、ソクラテスも対話(問答法)をなにより重要視し、実践した。人の声に耳を傾け、自らの考えを発信する。その積み重ねにより最善を導く。はてさて、今の日本は。
@umatoratetsuken 平均年収は日本の倍。
半分税金に行きますが厚い保障。

議員がボランティアなのもなぜか。

全ての答えは、この一文だと思う。

▽「あなたはなぜ投票に行くのですか?」という問いにデンマーク人は口を揃えて「デモクラチ」という単語を返してくる。
対話に参加し、自らの意見を示すことの重要性をソフトに伝えながら、しかしそれは必ずしも合意が目的ではない、と。・・北欧の主権者教育はさすがだなあ。「合意が目的ではない」は自戒自戒(笑)
大好きな記事。改めて。
デンマークの が高い理由を、人々の日常から探ってみた
“対話と互いへの理解、尊重がデモクラチの根幹である。”

:やはり、民度が高いなあ!
”デンマークの神学者で、第二次世界大戦下からデンマークの民主活動に従事したHal Kochは、自身の著書でデモクラチのあるべき姿について述べている。”
政治に興味/関心を持つ為には、やはり教育が最も重要だと思うのですよ。政治そっちのけで受験の為に学力偏差値を上げる詰め込み教育では、本当の意味で大人になれないガキ共が量産されるのは当たり前。( ˘ω˘ )
デンマークの日常の中にあるデモクラチ(民主主義)。これを感じない日はないと言っていいくらい、デンマークはデモクラチで構成されていると思う。
でも
国政選挙では85%前後の投票率
一方、EU選挙は50%を超える程度、なんだって

なぜ投票に行くのですか?

民主主義を守るための権利であり義務だから
自分の意見を反映するための機会だから


Demokrati デモクラチ
デモクラチの根幹は対話
「こういったことは今の日本では不可能なことではないようにわたしは思う」
と自分も74年にデンマーク遊学から帰った時はにそう思ったよ。
でも保守派にデモクラチを骨抜きにされたあげくオウム事件だよ。

デモクラチは遠ざかるばかりなのよ。
とても共感できる記事
「デモクラチ」空気を読め的な教育とは真逆の世界がここにある。
日本の投票率に関しては、ネット投票を実現すれば今すぐ改善する。政治家の質に関しては、論点ごとに候補者の立場まとめサイトみたいのが一般化すればいいと思う。ある程度の情報が集積すれば、候補者は回答を忌避...
「対立している者同士が「対話」を通じ、対象となる物事のあらゆる側面を鑑み、互いにーこれは忘れてはならない点であるがー対話の中からより正しく、より理にかなった形で問題を理解するよう懸命に努める」
「あなたはなぜ投票に行くのですか?」という問いにデンマーク人は口を揃えて「デモクラチ」という単語を返してくる。 | ハフポスト
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR